カラーセラピー資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
カラーセラピー資格試験概要
ファッション・カラーの資格

カラーセラピーW資格取得講座

カラーセラピー

カラーセラピー
資格試験概要

カラーセラピーとは別名「色彩療法」といい、色の生理的効果や心理的効果を使い心身のバランスを取ることを目的にした療法です。試験では色の効果、原理、色の活用方法が問われます。資格取得後はカラーセラピストとして活躍する事が出来ます。

カラーボトルセラピー
カラーセラピーとは別名「色彩療法」といい、色の生理的効果や心理的効果を使い心身のバランスを取ることを目的にした療法です。試験では色の効果、原理、色の活用方法が問われます。資格取得後はカラーセラピストとして活躍する事が出来ます。

資格試験概要

主催団体 日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)
受験資格 特になし
受験料 10,000円(税込)
受験申請 インターネットからの申し込み
受験方法 在宅受験、期日までに解答用紙を提出
合格基準 70%以上の正答率

資格試験日程

  • 2020年12月実施終了
    試験期間
    2020年12月20日〜25日
    答案提出期限 2020年12月30日
    合否発表 2021年1月20日
    受験申込期間 2020年11月1日〜30日
    受験票
    試験問題
    解答用紙
    発送日
    随時
  • 2021年2月実施終了
    試験期間
    2021年2月20日〜25日
    答案提出期限 2021年2月28日
    合否発表 2021年3月20日
    受験申込期間 2021年1月1日〜31日
    受験票
    試験問題
    解答用紙
    発送日
    随時
  • 2021年4月実施終了
    試験期間
    2021年4月20日〜25日
    答案提出期限 2021年4月30日
    合否発表 2021年5月20日
    受験申込期間 2021年3月1日〜30日
    受験票
    試験問題
    解答用紙
    発送日
    随時
  • 2021年6月実施終了
    試験期間
    2021年6月20日〜25日
    答案提出期限 2021年6月30日
    合否発表 2021年7月20日
    受験申込期間 2021年5月1日〜30日
    受験票
    試験問題
    解答用紙
    発送日
    随時
  • 2021年8月実施終了
    試験期間
    2021年8月20日〜25日
    答案提出期限 2021年8月28日
    合否発表 2021年9月20日
    受験申込期間 2021年7月1日〜31日
    受験票
    試験問題
    解答用紙
    発送日
    随時
  • 2021年10月実施終了
    試験期間
    2021年10月20日〜25日
    答案提出期限 2021年10月30日
    合否発表 2021年11月20日
    受験申込期間 2021年9月1日〜30日
    受験票
    試験問題
    解答用紙
    発送日
    随時
  • 2021年12月実施
    試験期間
    2021年12月20日〜25日
    答案提出期限 2020年12月30日
    合否発表 2022年1月20日
    受験申込期間 2021年11月1日〜30日
    受験票
    試験問題
    解答用紙
    発送日
    随時

カラーセラピー試験問題

次の問いに答えよ。
  • カラーコーディネーションとは、どういった意味か。
  • 色が見えるための条件を一つ答えよ。
  • 色を正しく計るための照明光が国際的に決められており、その光を何と呼ぶか。
  • 光の物理的な現象を一つ答えよ。
  • 黒は重く、白はどう感じるか答えよ。
  • 「赤」=「太陽」のような現実の事物につながる連想を何と呼ぶか。
  • 「赤」=「情熱」のような精神的概念につながる連想を何と呼ぶか。
  • 色の抽象的概念に結びつきやすい性質を何と呼ぶか。
  • 色の抽象的概念と結びついた色の連想語を何と呼ぶか。
  • 「抽象的連想より具体的連想の方が多い」○か×か。
解答
1. 色彩をともに秩序づける 2. 光または眼または対象物 3. 標準イルミナント 4. 反射または吸収または屈折または干渉または回折 5. 軽く感じる 6. 具体的連想 7. 抽象的連想 8. 色の象徴性 9. 色の象徴語 10. ○
次の問いに答えよ。
  • 「有彩色・・・・具体的連想に結びつきやすい」○か×か。
  • 「無彩色・・・・抽象的連想に結びつきやすい」○か×か。
  • 「赤・青・白・黒などの明快な色は中間色より象徴語が多い」○か×か。
  • 「幼年・少年層は抽象的連想が多く、年齢が上がるにつれて具体的連想へと広がる」○か×か。
  • ある感覚器官に与えられた刺激によってもたらされる特有の反応のほかに、それ以外の系統に属する感覚器官にも感性的反応が引き起こされることを何と呼ぶか。
  • 音を聴いて色を感じる現象を何と呼ぶか。
  • 直接的な反応でなくとも、異なった感覚器官から生じる印象同士が近似的に共通性をもつことを何と呼ぶか。
  • 「赤、オレンジ、黄を暖色、青、青紫を寒色、緑、紫を中性色とする」○か×か。
  • 「明度の高い色は重く、明度の低い色は軽く感じる」○か×か。
  • 「明度が高い色は硬い、明度の低い色は柔らかく感じる」○か×か。
解答
1. ○ 2. ○ 3. × 4. × 5. 共感覚 6. 色聴 7. 共様性 8. ○ 9. × 10. ×

諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で試験対策もバッチリ!
資格対策講座では多くの過去問題や試験対策を扱っており、
専属講師の質疑応答などサポートも充実しています!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得