数秘術資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
カバラ数秘術、運命数9の意味と基本情報とは?
占い・風水・スピリチュアルの資格

数秘術鑑定士W資格取得講座

数秘術鑑定士

カバラ数秘術、運命数9の意味と基本情報とは?

占い好きな女性の中でも特に人気が高いものがカバラ数秘術です。カバラ数秘術は、簡単な計算だけで自分でも占いことができるため、興味を持っている方も多いことでしょう。今回はカバラ数秘術の運命数「9」が示す意味や基本情報についてご紹介します。

カバラ数秘術、運命数9の意味と基本情報とは?
目次

01カバラ数秘術の運命数

カバラ数秘術では運命数という特別な数字が存在します。まずカバラ数秘術の基本と運命数について解説していきます。

1-1「あらゆる数字にはすべて意味がある」とされている占術のひとつ

もともと、カバラ数秘術は古代ユダヤで生まれた占術です。あらゆる物事に存在する数字の中に特別な意味を見出す数秘術を、ユダヤの神秘主義思想の元にアレンジした占術がカバラ数秘術。カバラ数秘術は、数字の中から宇宙の成り立ちや人間が生まれ持った才能や性質、過去のカルマや未来に待ち受ける運命などを読み解くことができます。

1-2計算式にのっとり生年月日から割り出した数が運命数

カバラ数秘術には運命数という特別な数字が存在します。運命数とは、人が生まれたときから与えられている特別な数字。この運命数は、生年月日を元にして計算によって割り出すことができます。
では、どのようにすれば運命数を知ることができるのでしょうか。運命数は、生年月日を分解して足し合わせることで求めることができます。
たとえば、1991年7月20日生まれの人の場合、
「1」+「9」+「9」+「1」+「7」+「2」+「0」=「29」
さらに「29」を「2」と「9」に分解して、ひとけたになるまで足していきます。
「2」+「9」=「11」
「1」+「1」=「2」
となり、1991年7月20日生まれの人の場合、運命数は「1」となります。

1-3運命数は変わることなく、さまざまなことを読み解くカギとなる

運命数は生まれたときから一生変わらない性質や特徴を表しています。運命数からは、その人の恋愛傾向や仕事、注意すべきポイントなど、様々なことを読み解くことができます。。

02カバラ数秘術、運命数9の性格とは?

それでは、カバラ数秘術の運命数「9」が表す性格を見ていきましょう。

2-19はすべてを受け止め受容する

カバラ数秘術の運命数「9」が表しているのは、「包容力」です。運命数「9」はカバラでは「基礎」や「受容」といったキーワードを示しています。この運命数を持つ人は、他人の考え方を洞察することはもちろん、それを取り込んで受け入れることができます。つまり、非常に懐が広い人ということになりますが、他人の考えを受け入れるということは他人の一部が自分の中に入ってくるということ。このタイプの人は、非常に他人からの影響を受けやすいということもできます。
そのため、運命数「9」の持ち主は時には非常に複雑な多面性を持った性格として表れることもあります。あるときは男性的だったかと思えば、別の場面では非常に女性的など、場面によって違う性格が表に出ることもあり、本心を上手に隠したり、場の空気に順応できる反面、自分でも本心がなにか分からなくなってしまったり、感情的に混乱してしまうこともあります。
さらにこのタイプの人は非常に繊細で、本当の自分を見せると嫌われてしまうのではと考えて、自分の感情を偽ることも珍しくないため、さ余計に混乱してしまうということもあります。
一方、意外と頑固な面もあり、強気のときには自分の意見を曲げず、何を言われても妥協しないという側面もありますが、ここでも生来の繊細さから弱気になりがちで、そうすると人の顔色を見て自分の意見は押し殺してしまうということもあります。
いわば、この数字を持っている人はカメレオンのように目の前の環境によって感情や性格を使い分けることができます。
これは意識的に行うだけでなく、無意識の行動でもあるため、なかなか他人から見ると本心が見えず、よくわからない人という印象を与えてしまうこともあります。
また、ロマンチストな面があるかと思えば以外に現実的で、打算的な行動に出ることも少なくありません。しかし、反対に自分のことを犠牲にしても相手に尽くしてしまうような優しさもあり、なかなか一筋縄に行かない性格と言えるでしょう。
このような運命数の特徴からよい仲間や友人を得ることができれば運気は上昇してどんどん運が開けてくるという一方、悪い影響を与える仲間や友人に囲まれている場合には運気が低下、そうするとますます混乱してしまい、本来の性格が隠れてしまうといったことになってしまいます。
そのため、同じ運命数であっても育った環境などによって性格が大きく変わってしまう可能性もあります。

03恋愛傾向は?

運命数「9」を持っている人は、本質的にはロマンチックで恋愛に希望を抱いています。そのため、好きな相手には徹底的に尽くすのですが、相手がそれに慣れてしまうと途端に冷めてしまい、相手に対して突然冷たくなってしまうという可能性もあります。また、恋愛に希望を持っているため理想が非常に高く、相手にもそれを求めてしまうという特徴もあります。ただし、このタイプの人の恋愛観は基本的には非常にシンプル。自分を愛してくれるのか、本当の自分を出してよいのかなど、相手を信頼するというハードルをクリアできれば、長く付き合いが続きます。結婚後も、スリルから浮気や不倫に走るようなこともありません。ただし、相手に引きずられることがあるため、無理をした恋愛をしてしまうこともあります。

04向いている仕事は?

非常に繊細で多様性のある運命数を持っているため、どのような仕事でもそつなくこなすことができますが、何よりも人の気持ちに敏感であることから、人の相談にのったり、気持ちを見抜いたりすることが必要なコンサルタントや弁護士、教師などに才能を発揮します。また、内面に非常な苦悩を抱えていることもあり、その場合は芸術的な分野やスピリチュアルな世界に興味を抱くこともあります。
性格的な特徴から、一人で何かを進めるよりも、周囲の人と協力する、組織や会社で働くといったスタイルが向いているでしょう。そのほかにも、人を助けることにも才能を発揮できるので、医療や介護、ボランティアなどにも向いています。
ただし、二面性があり葛藤しやすい性格であることから、ストレスを溜めやすいという弱点もあるため、あまりにも本人の倫理観にそぐわない仕事や職場は避けたほうがよさそうです。

05運命数9の注意ポイント

すでに説明したように、この運命数を持っている人は感情的に非常に複雑なものを抱えています。そのため、自分の本心も理解することが難しく、つい周囲の人と調子を合わせてしまい、その結果自己嫌悪に陥る、八方美人だと陰口をたたかれるというケースも少なくありません。
そのためにもまずは自分を確立することが必要。人からどう見られるか、場の雰囲気を乱していないかということだけを気にするのではなく、まず自分の感情や気持ちに意識を集中しましょう。また、自分を確立するためにも、確固たる目標を定めることも必要です。結果だけを求めるのではなく、その過程を大切にすることで、成功に近づくことができます。

06まとめ

自分の運命数について知ることは、自分が知らなかった自分の内面を理解することでもあります。もしも、もっと自分の未来や才能について知りたいと思ったら、もっと詳しくカバラ数秘術の運命数について調べてみるのはいかがでしょうか。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
関連記事を見る
無料資料請求
受講お申し込み