二十四節気文化コーディネーター資格試験日

二十四節気文化コーディネーター
二十四節気資格

二十四節気資格試験日

二十四節気資格検定の二十四節気文化コーディネーター資格の資格概要、試験日や一覧、難易度、受験料・受験費用や受験資格、受験方法、合格基準を紹介しています。資格試験は2か月に1回!!いつ受講しても資格試験に間に合います!!

試験は家で受ける在宅試験!!二十四節気文化コーディネーターの資格が必ず取れる講座はこちら

二十四節気資格の二十四節気文化コーディネーター試験はこちら

1月2月3月4月
 
 
 
5月6月7月8月
 
  
9月10月11月12月
 

1

二十四節気文化コーディネーター 資格概要

二十四節気文化コーディネーターとして、旧暦と新暦について、二十四節の成り立ち、それぞれの節気について、七十二候の名称と意味、旬の果物・野菜・魚・花など二十四節気と七十二候に関して十分に理解している方に認定される資格です。例えば、旧暦と新暦の違い、立春、雨水、啓蟄、春分、清明、穀雨、立夏、小満、芒種、夏至、小暑、大暑、立秋、処暑、白露、秋分、寒露、立冬、小雪、大雪、冬至、小寒、大寒などあらゆる知識を有し、季節の移り変わりや自然の変化を暦から読み解くことができる知識を有することが証明されます。資格取得後は、二十四節気文化コーディネーターとして活躍することができます。

二十四節気文化コーディネーター試験
主催団体日本生活環境支援協会主催
受験資格特になし
受験料10,000円(税込み)
受験申請インターネットからの申込み
受験方法在宅受験、期日までに解答用紙を提出
合格基準70%以上の正答率

二十四節気文化コーディネーターの通信講座

ページトップへ