ガーデニング資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
こんな庭を作りたい!ガーデニングのおすすめ・人気デザイン資格取得講座
ガーデニングアドバイザー

こんな庭を作りたい!ガーデニングのおすすめ・人気デザイン

庭やベランダを植物で飾るガーデニング。しかし実際にチャレンジしてみると、なかなかおしゃれで素敵な庭を作るのは難しいものです。今回はガーデニング初心者でも簡単にできるおすすめのデザインについてご紹介します。

こんな庭を作りたい!ガーデニングのおすすめ・人気デザイン
目次

01失敗しにくい花壇のおすすめデザイン

庭でのガーデニングでまず作るのが花壇です。しかし、自分の好きな植物を植えてもなかなかデザインがまとまらないという経験をされた方も多いはず。どのようにすれば、まとまりのあるおしゃれな花壇をつくることができるのでしょうか。

1-1中心に向かうほど背丈の高い花を植える

花壇づくりを成功させるために、必要なのは立体感です。初心者の場合、好きな花やカラフルな花だけを選んでしまい、どうしても全体がのっぺりとした平坦な印象になってしまいます。それを避けるためには、まず花壇の外側には背の低い植物や、横に広がって成長していく植物を植えましょう。次に、少し背の高い植物、中心には背丈の高い花など、中心に向かうにしたがって高さを出していくと、花壇に立体感が生まれるだけでなく、背の低い植物から高い植物までを一目で見渡すことができます。そうすると花壇に立体感が生まれ、同じ本数・株数の植物を植えてもボリュームと華やかさがアップし、ガーデニングらしい花壇を作ることができます。

1-2カラバリ豊富な1種で彩る?

初心者がやってしまいがちな失敗として、ついつい花の種類を多く植えてしまうということがあります。多種の花を植えた場合、それだけで華やかになると考えがちですが、実際にやってみるとなんとなく雑然とした印象になりがち。色のバリエーションはあっても、まとまりに欠いて落ち着きのない印象を与えてしまいます。
それを避けるためにおすすめなのが、カラーバリエーションの豊富な花を選び、その一種類で花壇を彩るという方法です。同じ種類の花であれば、色が違ってもまとまりがなくなることを避けることができます。さらに同じ形の花なので、全体がバランスの取れたトーンになります。最近では品種改良が進み、色のバリエーションがどんどん豊かになっているので、最初は好きな花を一種類選び、そこから色のバリエーションをつけていくとよいでしょう。

1-3木の足元を花で隠す?

もし庭に広いスペースがあったり、庭に高い木が立っていたりという場合には、木を中心として花壇を作るという方法もあります。高い木はそれだけで立体感を作ってくれますが、その足元に花を咲かせることで豊かな自然を実感できる迫力のある花壇になります。さらに、木の足元はどうしても根や土が露出してむき出しの印象を受けてしまいますが、花を植えることで足元を隠し、エレガントな庭を作ることができます。
もし常緑の木の足元に花を植える場合には、半日陰の状態になるため、その環境に適した植物を選びましょう。さらに周囲を芝生で固めると、素敵なお庭になりますよ。

02簡単にDIY出来る人気のデザイン

花壇を作るときには、デザインも重要になります。花壇のデザインといえば、専門の業者にお願いしなければならないと考えている方もいらっしゃいますが、実はDIYによって自分で簡単におしゃれなデザインを作ることができます。

2-1花壇をレンガで囲む

花壇の周囲をレンガで囲むというのは、花壇を作るときにはポピュラーな方法です。この方法の場合、花壇とそれ以外の境目をはっきりつけることができるというメリットがあります。さらにレンガを作る場合、きっちり並べるだけでなく、わざと雑然とナチュラルに並べるというのもおすすめの方法。ヨーロッパの田舎町のような雰囲気の花壇を作ることができます。そのときには、ブロックや石を利用する方法もあります。

2-2レンガなどで小道をつくる

花壇までのアプローチは全体の印象をまとめる上で非常に大事な存在。特にレンガなどを使って小道を作ると、きちんと手入れが行き届いた庭だという印象がアップします。レンガで小道を作るというと、非常に大変な作業というイメージですが、実は非常に簡単。砂利や砂などを敷いて地面を安定させてレンガを好きな形に並べ、目地を埋めるだけ。初心者でも簡単にDIYすることができます。このとき、レンガだけでなく木材や石材などを使ってもお洒落な小道になりますよ。

2-3木材で花壇を囲む

花壇を囲むのには、レンガや石だけでなく、木材を使用するという方法もあります。木材は耐久性の点でレンガには劣りますが、少しずつ木材の風合いが変わっていく様子も、非常にお洒落な印象になります。特に木材の場合、レンガよりも軽く取り扱いが簡単というメリットもあるため、女性には特におすすめです。

2-4すのこを使って吊るせるようにする

百円ショップなどでは小さなすのこなどが販売されていますが、これらを使って吊るせるような花壇を作る方法もあります。特に小さな鉢が多いガーデニングを行うときにはおすすめの方法で、植物の管理もしやすく、見た目にも素敵な花壇になります。

あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得

03夜も楽しめるガーデニングデザイン

ガーデニングは昼の太陽の元で見ても素敵ですが、夜も楽しめる庭もまた楽しいものです。夜も楽しめる庭づくりを紹介します。

3-1ライトを点々と設置しておく

夜のガーデニングで大切なのがライトです。このとき、べったりと庭を照らすのではなく、ロウソクの明かりのように点々と設置しておくと、ナチュラルな雰囲気になります。

3-2下から光を当てる

明かりを照らすときは、上からではなく下からのライトアップがおすすめ。光を下から植物に当てることで、幻想的な雰囲気が生まれるとともに、ライト自体を隠すこともできます。

04満足のいく庭にするポイント

実際に庭を作るとき、その庭に満足できるかどうかにはいくつかの大切なポイントがあります。

4-1見る庭にするか、育てる庭にするかを決める

まず庭づくりを始めるときに大切なのが、どのような庭にしたいのかというイメージです。たとえば、家の中から庭を眺めて楽しんだり、散歩したりという「見る庭」にするか、子どもやペットと遊んだり、パーティをしたり、野菜を育てたりといった「使う庭」にするかによって庭づくりの方法は変わってきます。もし見る庭にしたいという場合、季節感のある樹木などを設置するなどの方法があります。逆に使う庭にしたい場合、芝生を敷いたり、デッキやガーデンスペースを充実させたりといったことが必要です。このように、庭づくりの方法が根本的に異なるため、まずどのような庭にしたいかというイメージは非常に重要になります。

4-2室内や入口からの景色を意識する

どのような庭にしたいかを決めたなら、次に考えるのは室内や入口から庭がどのように見えるかという点です。どのような庭にするにしろ、見せたいものや隠したいものが出てくるはず。また、実際に使える庭にする場合には、あまり物を置かない、または置いているものをすぐに片づけられるといった配慮も必要になります。そのほかにも、外からはどのように見えるのかといったことも考える必要があります。これらは少し面倒にも思えるかもしれませんが、最初にしっかりとイメージを決めておくと作業がしやすいだけでなく、作ったのはいいけれど雑然とした庭になってしまったという事態を防ぐことができます。

05まとめ

自分の考えていたイメージ通りの庭を作り、それを眺めながら生活するのはとても素敵なものです。少し大変そうに思えるかもしれませんが、生活のクオリティをアップさせたいとお考えの方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この講座は!プロの監修を受けています!

講座のテキスト、問題集や添削課題と共に、プロの先生によって監修されています。
森沢潤子 先生
癒しのガーデニング教室運営
兵庫県神戸市出身。
出版業界、園芸生花業界を経てガーデニング教室を設立。
フリーランスとして教室運営、カルチャー講座開講指導、ガーデンエクステリア施工請負。
店舗、在庫を持たないスタイルで活動している。
森沢潤子

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
無料資料請求
受講お申し込み