DIY資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
講座の特徴
手芸・クラフトの資格

DIY工作アドバイザーW資格取得講座

DIY工作アドバイザー

初心者からでも大丈夫!
在宅でDIY工作アドバイザーの資格が取れる人気講座!

DIY工作アドバイザーW資格取得講座
講座の特徴
講座の特徴
  • メンタル心理ヘルスカウンセラー
  • DIY工作に必要な道具の種類やその使い方、また様々な工作の手順を学べる講座です。自宅で空いた時間に、自分のペースで進めることができます。
    「質疑応答無制限」の学習サポートも用意してありますので、初心者の方でも安心して学習を進める事が出来ます。
  • 動画でわかる!
    DIY工作アドバイザー
    資格
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

2つの資格を同時取得できる!
本講座は講座を学ぶと同時に資格対策にもなるカリキュラムを採用しています。講座で学ぶ内容は 日本生活環境支援協会(JLESA)の「DIY工作アドバイザー」、 日本デザインプランナー協会(JDP)の「日曜大工士」 それぞれの資格試験対策としても有効です。

  • 取得できる
    資格その1
    DIY工作アドバイザー
    DIY工作アドバイザー
    日本生活環境支援協会(JLESA)主催
    JLESA(日本生活環境支援協会)主催。
    DIY工作の基本から応用をマスターし、アドバイザーとして活動可能であるとみなされた方へ認定される資格です。
  • 取得できる
    資格その2
    日曜大工士
    日曜大工士
    日本デザインプランナー協会(JDP)主催
    JDP(日本デザインプランナー協会)主催。
    道具の適切な使い方やDIY工作に必要な手順を理解した方へ認定される資格です。
最短2ヶ月で資格が取得できる!
  • 最短2ヶ月で資格が取得できる
  • スペシャル講座なら簡単100%資格取得
    好きな時間に自分のペースで学べ、進め方次第で最短2ヶ月で資格を取得することができます!
    また当スクールでは各協会が指定するスペシャル講座を受講する事ができ、添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「DIY工作アドバイザー」「日曜大工士」 の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方は当スクールでの受講がピッタリです!

諒設計アーキテクトラーニングは
ここが違う!
通学より効率的な完全個別指導、専属講師による回数無制限の学習サポートなど諒設計アーキテクトラーニングならではの学習サポートにより、資格を取得する方の学習を全面的にサポートし、確実に資格を取得できるようお手伝いいたします。

  • 信頼と実績の通信講座!
  • 受講申込み20,000人以上!
数多くの卒業生から当スクールの通信講座を選んで良かったとのお言葉を頂いています!
  • 全ての講座が完全初心者対応!
    全ての講座が完全初心者対応!
    講座では初心者でも基礎から実践、更に応用まで1つずつ確実に学習できるカリキュラムを取り入れています。実用的なプロの知識を確実に覚え、また同時に資格取得対策にもなるので、効率的で無駄の無い学習が可能です。1つ1つの講座・学習カリキュラムは、その道のプロが手掛けたもので、毎年多くの資格試験合格者を出す実績を持っています。
  • 1日30分でOK!効率的に無駄なく学べるカリキュラム
    1日30分でOK!
    効率的に無駄なく学べるカリキュラム
    講座は1日30分のゆっくり学習ペースでも着実に資格取得が目指せる内容となっているので、日々の空いた時間を使って勉強するだけで資格取得が目指せます。また、ハイペースで学習した場合は最短1ヶ月~2ヶ月程の短期間で資格取得を目指すことも可能です。自分にあったペースで学習可能なのが当スクールの人気の秘密です。
  • 完全個別指導で、納得いくまで学習!
    完全個別指導で、納得いくまで学習!
    受講生一人一人に専門スタッフが付き、受講生一人一人の学習ペースに合わせた学習のサポートやアドバイスをさせて頂きます。学習の途中でわからない事があれば何度でも、質疑応答無制限で応対致しますのでつまずく事無く安心して進める事が出来ます。
  • 入学金無料。教材費込みの低価格受講料設定
    入学金無料
    教材費込みの低価格受講料設定
    通学にしても通信教育にしても、技術を身につけようと思ったときに壁となる受講料。当スクールでは低料金設定を心掛け、入学金も無料です。
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

DIYとは

DIYとは

DIYとはDo It Yourselfの略であり、「自分で何とかする」という意味の英語です。この単語だけ見ると突き放しているように聞こえがちですが、積極的にやりがいを求めて、自らいろいろなことをしましょうよ、という好意的な意味を持つものといえます。日本におけるDIYは、主に日曜大工の分野で使われる言葉です。
既製品が比較的安価で販売されるようになったのとは対照的に、工具や材料などを自分で買ってきて、自宅で自らの手で制作する喜びを楽しみにしている人は少なくありません。DIYのよい所は、何より自分が考えるデザインで、望んだように物を作ることが出来るところです。既製品にはない色合いや機能を塚することも可能ですし、自宅の寸法に完全にマッチしたものを製作することもできます。
そして、制作する人にとっては、その経験からより多くのものを自分の手で柔軟に作ることができるスキルを得ることができますし、完成形を自分で考えて生み出すことから、クリエイティビティを大きく向上させることにも繋がります。DIYをはじめるにあたって、多くの人はその方法が分からずしり込みしてしまうかもしれません。

日曜大工棚の作り方

日曜大工棚の作り方

日曜大工棚は、DIYの基本ともいえるものです。多くの製品を製作するにはハードルが高いと思っている人にとっては、とても入りやすく、DIYの基本作業を覚える意味でも大変に価値のある制作となります。
制作を行う場合にまず大切であるのは、設計図を用意することです。設計図は書店に行けばシンプルなものが売っていますし、インターネット上にも多くの棚の作り方が掲載されています。また、勘のよい人であれば、方法がなんとなく想像が付く人もいるでしょう。はじめにしなくてはいけないのは、各材料に墨と呼ばれる選を引いていくことです。これによって、どの材料をどこで切断し、どのような形にするのかを決定していきます。
次に実際に切断をしていきます。近くにホームセンターの工房を借りることができるならば、そこで一気に作ってしまうこともできます。一方で、自宅で作業するのであれば、のこぎりでまっすぐ切っていきましょう。
切断が終わったら、それぞれの材料の面を均一に加工していきます。具体的にはカンナで表面を削っていくのですが、特に地面と設置する部分や材料と材料が合わさる部分は、面が均一でないとゆがみが発生し、がたついてしまうので、実際にゆがみが出ていないか確かめながら作業していきましょう。 最後に出来上がった素材を組み立てて生きます。木と木同士が組み合わさるように加工した場合には、木工ボンドなどで固定をしていきましょう。単純に角材と角材を固定するには、ビスと呼ばれるねじや釘を使うことがほとんどです。近年では電動ドリルもありますから、ねじで締めていったほうが簡単かつ安全に作業をすることができるかもしれませんね。

20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
無料資料請求
受講お申し込み