DIY資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
どうすればいい?DIYを始めるときの基本的な手順と道具とは
手芸・クラフトの資格

DIY工作アドバイザーW資格取得講座

DIY工作アドバイザー

どうすればいい?DIYを始めるときの基本的な手順と道具とは

自分の作りたいものを、作りたいサイズやデザインで作ることのできるDIY。材料選びから始まる、「作る工程」も楽しむことができると人気を集めています。しかし、最初に始めようとするときには、ちょっと敷居の高さを感じる人もいるかもしれません。今回はDIYを始めるときの基本的な手順や、必要な道具などについてご紹介します。

どうすればいい?DIYを始めるときの基本的な手順と道具とは" alt="どうすればいい?DIYを始めるときの基本的な手順と道具とは">

01DIYの基本的な手順

「Do It Yourself」の略であるDIYは、すべて自分でやることが基本。そのため、初心者にとって最初は何をすればいいのか困ってしまうこともあります。でも、何を作るときにも、基本的な手順はすべて同じです。

1-1作りたいものを決める

まず必要なのは、「自分がどんなものを作りたいのか」ということ。まずはなんとなくこんなものが欲しいということを頭に浮かべて描き出してみましょう。そのとき、ちょっと自分には難しいかなとか、材料選びが大変だなといった、マイナスポイントは無視したほうがいいでしょう。というのも、難しそう、無理そうだなどと考えると、どうしても作業が進まなくなってしまいます。最初はどんなものでもいいから作ってみたいものを書いてみましょう。
まったくの初心者の場合、おすすめなのが収納用の箱。収納用の箱なら素材もシンプル。初心者にも失敗なく作ることができるだけでなく、DIYの基本を身につけることができます。

1-2作りたいものの寸法出しをする

作りたいものが決まったら、次に寸法を決めましょう。寸法とは、言い換えればどんなサイズのものを作りたいかと言うこと。寸法を出すときの方法としては、どんな場所に置きたいかということを考えるという方法があります。たとえば、棚の中の開いたスぺースに置きたい、キッチンの収納に使いたいなど、自分が作ったものの置きたい場所を最初に決めて、そこに収まるように寸法を決めるという方法です。
もうひとつの方法としては、収納したいもののサイズから決めていくというやり方もあります。たとえば、瓶などを入れたい場合には、その高さを決めましょう。
すると、作りたいものの外側と内側の大きさが決まります。味で作られるもの。つまり、簡単にいえばハンドメイドはプロも含んだ手作業全般、DIYは趣味としての手作業作品を指すということになります。

1-3設計図を書く

寸法の次は、作りたいものの設計図を書きましょう。設計図は全体図はもちろん、ばらばらにした部品の図も必要です。というのも、どのようなものを作るときでも、基本的にはすべての部品を組み合わせることになります。そのため、しっかりと部品図を考えておかなければ、寸法が合わず組み立てられなかったり、思ったものと違うものになってしまったということになりかねません。もし可能であれば、段ボールなどで設計予想の模型を作ってみるのもおすすめです。

1-4材料を選ぶ

次に、どのような材料を使うか選びます。木材を使用するときには、ホームセンターの使用がおすすめ。ホームセンターに行けば様々な種類の木材が販売されています。板の厚さやサイズ、木の種類などが豊富にそろっているだけでなく、分からないことやそれぞれの木の特徴などを店員さんに尋ねることもできます。

1-5材料を採寸、カットする

材料が決まったら、材料を採寸、カットします。このとき、大きな木材などを購入し、自分で計った寸法になるよう、のこぎりを使って切り落とすこともできますが、初心者におすすめなのはホームセンターのカットサービス。ホームセンターでは、購入した木材を指定の寸法にカットしてくれるサービスを行っています。このサービスを使うと、慣れないのこぎりを使わなくてもいいだけでなく、指定の寸法通りに機会を使って正確にカットしてくれるため、木材がまっすぐ切れなかった、寸法通りに切断できず組み立てられなかったなどのトラブルを防ぐことができます。

1-6ヤスリをかける、ワックス塗料を塗る

カットした木材の中に、ささくれなどがある場合には、やすりをかけておきましょう。その場合、ホームセンターなどで大型の電動やすりであるサンダーをレンタルするという方法もあります。サンダーは広い面積を一気にやすり掛けできるため、大きなものを作るときには時間と労力の短縮になります。
さらに見栄えを良くしたいと言う場合、木材にワックス塗料などを塗り、乾かします。ワックス塗料を塗っておくと、木材の木目がはっきりするほか、木材が使い込んだような深い色合いになるため、高級感がアップします。初心者の場合、ハケがなくても使える蜜蝋ワックスなども便利です。

1-7金具、木ネジ、ビスで固定する

ワックスがしっかり乾いたら、いよいよ組み立てです。キャスターや金具、フックなどを設計図の通りに取りつけましょう。その後、仕上げに木ネジやビスなどを使ってしっかり固定します。その後、さらにやすり掛けをすれば、使いやすいものになります。

02最初に用意したい道具

DIYにはたくさんの道具があり、どれから揃えていいのか分からないということも少なくありません。どのようなものを使いたいかによって必要な工具も異なりますが、あると便利なものや、用意しておくと役に立つ道具をご紹介します。

2-1電動ドライバー

木材を中心にDIYを行うとき、電動ドライバーがあると便利です。電動ドライバーはネジ穴のない場所にネジ穴を作りながら、ネジを差し込むこともできるため、様々な場面で活躍してくれます。手動のドライバーがあれば代用できますが、女性の場合、力が弱くなかなかネジを差し込むことができないということもあるため、電動ドライバーは作業時間を短縮するときにも便利です。
電動ドライバーには様々な種類がありますが、最初はコンパクトなものを選ぶと扱いやすいでしょう。

2-2サシガネ

金属製の定規であるサシガネは、DIYで活躍することの多い道具です。サシガネは長さや角度を測るだけでなく、木材をカットするときの線を引くときにも便利です。

2-3水平器

大きな家具を作る以外にも、DIYで多いのが壁や家具にちょっとしたバーなどをつけること。その場合、難しいのがバーを床にきちんと平行に取り付けることですが、水平を計る水平器があれば、目分量でなく、ただしく水平を計ることができます。棚板などをつけるときにも、水平器があればまっすぐ取り付けられるため、重いものを乗せても傾く心配がありません。

2-4やすり

DIYで作ったものを気持ちよく使うときには仕上げが大切です。特にささくれなどがあると、手触りが悪いだけでなく、ケガの原因にもなってしまいます。やすりを用意しておけば、見つけるたびにしっかりと作品をケアできます。

2-5のこぎり

木材のカットはホームセンターが便利ですが、それでものこぎりを用意しておくと便利です。ちょっとした余分な部分を切り落としたり、木ネジの余った部分をカットするなど、DIYでの出番は少なくありません。

2-6金槌

金槌は釘を打つだけでなく、しっかりと面を合わせるときなどにも重宝です。金槌を選ぶときには、小さすぎるものよりもある程度重いもののほうが力が要らず、女性でも簡単に釘を打つことができます。

2-7カッター

リメイクシートなどを使ったDIYに欠かせないのがカッターです。そのほか、クッションフロアや壁紙といったものもカットができるため、切れ味のよいものをひとつ持っておくとよいでしょう。

2-8キリ

釘やねじを使うとき、下穴を開けておくと作業がはかどりますが、そのときに登場するのがキリ。簡単なものでよいので、一つ用意しておくと意外に活用することでしょう。

03まとめ

実際に始めてみると、意外に簡単なDIY。最近ではDIYを趣味にしているDIY女子も増えているため、もし興味があるという方は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得