水彩画資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
講座の特徴
デザイン・センスの資格

水彩アーティストW資格取得講座

水彩アーティスト

初心者からでも大丈夫!
在宅で水彩アーティストの資格が取れる人気講座!

水彩アーティストW資格取得講座
講座の特徴
講座の特徴
  • メンタル心理ヘルスカウンセラー
  • 水彩の基本知識から水彩の手順やコツ、さまざまな技法をテキストにそって実際に描きながら学べる講座となっています。
    初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているのでどなたでも安心して受講できる内容となっています。
  • 動画でわかる!
    水彩アーティスト
    資格
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

2つの資格を同時取得できる!
本講座は講座を学ぶと同時に資格対策にもなるカリキュラムを採用しています。講座で学ぶ内容は 日本デザインプランナー協会(JDP)の「水彩アーティスト」、 日本インストラクター技術協会(JIA)の「水彩画インストラクター」 それぞれの資格試験対策としても有効です。

  • 取得できる
    資格その1
    水彩アーティスト
    水彩アーティスト
    日本デザインプランナー協会(JDP)主催
    水彩アーティストとして、水彩の基礎知識、技法、構図の考え方に関する知識を有していることが証明されます。例えば、水彩画の絵具の種類、モチーフの種類、絵具について、用紙について、筆について、色の作り方、筆の選び方、紙の選び方や保存方法、パレットの種類や使用方法、水彩画を描く際に必要となる道具の基礎知識を有していることが証明されます。資格取得後は、水彩アーティストとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
  • 取得できる
    資格その2
    水彩画インストラクター
    水彩画インストラクター
    日本インストラクター技術協会(JIA)主催
    水彩画インストラクターとして、水彩画を描く手順やコツ、静物画の描き方、風景画の描き方、人物画の描き方、ファーストウォッシュ、陰影の技法と描きこみ、水の表現方法、光の表現方法、空の表現方法、道具ごとの構図を描く際のテクニック、水彩画を描く際の基本の手順、色作り、混色と重色について、構図の決め方、塗り方の基本、デッサンの上達方法、応用的な塗り方のテクニック、上達するための応用的なスキルを有していることが証明されます。資格取得後は、水彩画インストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
最短2ヶ月で資格が取得できる!
  • 最短2ヶ月で資格が取得できる
  • スペシャル講座なら簡単100%資格取得
    好きな時間に自分のペースで学べ、進め方次第で最短2ヶ月で資格を取得することができます!
    また当スクールでは各協会が指定するスペシャル講座を受講する事ができ、添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「水彩アーティスト」「水彩画インストラクター」 の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方は当スクールでの受講がピッタリです!

諒設計アーキテクトラーニングは
ここが違う!
通学より効率的な完全個別指導、専属講師による回数無制限の学習サポートなど諒設計アーキテクトラーニングならではの学習サポートにより、資格を取得する方の学習を全面的にサポートし、確実に資格を取得できるようお手伝いいたします。

  • 信頼と実績の通信講座!
  • 受講申込み20,000人以上!
数多くの卒業生から当スクールの通信講座を選んで良かったとのお言葉を頂いています!
  • 全ての講座が完全初心者対応!
    全ての講座が完全初心者対応!
    講座では初心者でも基礎から実践、更に応用まで1つずつ確実に学習できるカリキュラムを取り入れています。実用的なプロの知識を確実に覚え、また同時に資格取得対策にもなるので、効率的で無駄の無い学習が可能です。1つ1つの講座・学習カリキュラムは、その道のプロが手掛けたもので、毎年多くの資格試験合格者を出す実績を持っています。
  • 1日30分でOK!効率的に無駄なく学べるカリキュラム
    1日30分でOK!
    効率的に無駄なく学べるカリキュラム
    講座は1日30分のゆっくり学習ペースでも着実に資格取得が目指せる内容となっているので、日々の空いた時間を使って勉強するだけで資格取得が目指せます。また、ハイペースで学習した場合は最短1ヶ月~2ヶ月程の短期間で資格取得を目指すことも可能です。自分にあったペースで学習可能なのが当スクールの人気の秘密です。
  • 完全個別指導で、納得いくまで学習!
    完全個別指導で、納得いくまで学習!
    受講生一人一人に専門スタッフが付き、受講生一人一人の学習ペースに合わせた学習のサポートやアドバイスをさせて頂きます。学習の途中でわからない事があれば何度でも、質疑応答無制限で応対致しますのでつまずく事無く安心して進める事が出来ます。
  • 入学金無料。教材費込みの低価格受講料設定
    入学金無料
    教材費込みの低価格受講料設定
    通学にしても通信教育にしても、技術を身につけようと思ったときに壁となる受講料。当スクールでは低料金設定を心掛け、入学金も無料です。
20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます

水彩画の描き方

水彩画の描き方

水彩画は、誰でも小学校や中学校など美術の時間に経験したことがあるでしょう。水性の絵の具を利用して描く絵画のことです。しかし、意外に正式な水彩画の方法を知っている人は多くありません。
最もオーソドックスな方法として、まずは水張を行います。紙にそのまま描いてしまうと、紙が波打ってしまうのを防ぐことが目的です。画用紙の表裏両方にたっぷりと水を含ませた上で一昼夜乾かすだけで、紙が波打たなくなります。
色を塗る場合には、基本的に一番遠くにあるものから塗っていきます。基本遠くのものが薄く、近くのものが濃く着色するのが良いでしょう。ただ、人物画など主体がある場合は、先に主体を着色します。
色を混ぜる場合には、基本的に赤、黄色、青の三色の割合ですべての色を表現できます。ただ、混ぜれば混ぜるほど鮮やかさが失われてしまうので、最短でたどり着ける混ぜ方をしましょう。均一に混ざるまで、しっかりと混ぜます。また、水をうまく使って濃淡を表現できるのがポイントです。これをうまく使ってグラデーションを表現することが出来ます。
重ねて塗ることで奥行きを表現したり、あえて綺麗な水でぼかすことで、立体感を作っていきます。また、輪郭などをうまく縁取りし、別の色を使うことで、対象を非常にはっきりと見せることができます。

水彩画の道具

水彩画の道具

水彩画を描くには、道具が必要です。しかし、水彩画を正式に学んだことのある人は少なく、案外正式にどのような道具が必要か知らない人も多いのではないでしょうか。まず必要なのは水彩絵具です。水彩画の色合いを演出するメインの存在といえますね。最近の絵の具は質が良いので、多彩な色合いのもの、18色ほどあるものを使用すれば、間違いはないでしょう。
筆は2-3本用意しておきましょう。一度色が付いてしまうと、落とすまでに時間がかかってしまいますし、水分量の調節も難しくなります。太さも0号から12号までありますから、自分にあったものを使用しましょう。
パレットは、絵の具を展開するのに使用します。なんといっても、細かくポケットが分かれたものを使うことで、かなり細かく色を表現することができるでしょう。バケツは、正式には筆洗といいます。これを使用して、筆の色を落とします。ドライヤーは意外と重宝します。広く背景を塗った場合など、早く乾かしたいときにとても有効な手段です。小学校などでは使わなかったかもしれませんが、本来ひとつおいておくことで、モチベーションやインスピレーションを損なわず、さくさく絵を書くことが出来ます。
このほか、下書き用の2B以上の鉛筆、練り消し、タオルなどがあるとさらに絵を描くのがはかどります。

20,000人以上が受講申し込みしている今人気の通信教育
2分で簡単に無料で資料請求できます
無料資料請求
受講お申し込み