オーケストラアドバイザーW資格取得講座
コンサート

コンサート

オーケストラの歴史から様々な曲についても学べる。
2資格取得も可能な人気講座。

人気の通信教育講座1位に選ばれました。
今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

歴史や交響曲の知識、楽器の知識など
オーケストラの全てが学べる講座です。

オーケストラアドバイザー

オーケストラアドバイザーW資格取得講座、オーケストラアドバイザーW資格取得スペシャル講座ではオーケストラの基本知識から、オーケストラの歴史、交響曲についての知識や各楽器の知識など、オーケストラについて一通り学べる講座となっています。
初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているので、どなたでも安心して受講できる内容となっています。

「オーケストラアドバイザー」、
「管弦楽インストラクター」の2資格同時取得可能!

本講座は日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「オーケストラアドバイザー」、日本インストラクター協会(JIA)主催の「管弦楽インストラクター」の2資格に対応しています。

資格1オーケストラアドバイザー
日本生活環境支援(JLESA)主催

オーケストラアドバイザー

オーケストラアドバイザーとして、オーケストラの基礎的な知識を有していることを認定されます。例えば、コンソートの誕生から始まり、バロック時代など時代別のオーケストラの歴史、各国の主な楽団の歴史と特徴、時代別に活躍した指揮者に関するエピソードや該当する指揮者の名盤などの知識を有していることが証明されます。資格取得後は、オーケストラアドバイザーとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

資格2管弦楽インストラクター
日本インストラクター協会(JIA)主催

管弦楽インストラクター

管弦楽インストラクターとして、オーケストラに使われる楽器や、作曲家による主な交響曲などの知識を有していることを認定されます。例えば、オーケストラに使われる楽器の演奏者の人数・音色の特徴・オーケストラの中での役割の理解度を証明されます。楽器が最初にどこで生まれたのか、昔はどのような形状だったのか、該当する楽器が活躍する曲名・曲の構成といった知識も有していると証明されます。また、各時代の作曲家により交響曲・協奏曲・声楽曲などの曲名や名盤として有名な曲、曲の構成・編曲などに関する理解度を証明する資格になります。

試験免除で資格が取れる!
資格協会指定のスペシャル講座も用意!

オーケストラアドバイザー

当スクール限定で各協会が指定するスペシャル講座を受講する事が出来ます。スペシャル講座では添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「オーケストラアドバイザー」「管弦楽インストラクター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方にお勧めのコースです。

通常の講座

自身で受験し、試験に合格する事で資格取得

オーケストラアドバイザー

「オーケストラアドバイザー」「管弦楽インストラクター」の試験をそれぞれ受験し、試験に合格することで資格が認定されます。

スペシャル講座

卒業課題を提出する事で、卒業と同時に資格取得

オーケストラアドバイザー

添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出すると試験免除となり、
「オーケストラアドバイザー」「管弦楽インストラクター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。

卒業後、音楽関係で活躍や、
オーケストラの先生としての活動が可能!

オーケストラアドバイザー

講座卒業後、取得した資格を活かして音楽関係の仕事で活躍することが出来ます。
他にも、カルチャースクールや自宅などで講師活躍を行う事も出来ます。

オーケストラ講座紹介

オーケストラアドバイザーW資格取得講座
オーケストラの基本から学べる。最短2ヶ月で2資格取得!
オーケストラアドバイザー教材

受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験/解答用紙、模擬試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5
受講料一括 59,800円 分割3,300円×20回(初回4,276円)
オーケストラアドバイザーW資格取得スペシャル講座
試験免除講座100%2資格取得!!今すぐに資格が欲しい方に!
オーケストラアドバイザー教材

受講証、受講マニュアル、完全攻略テキスト、練習問題集/解答用紙、練習問題解答集、模擬試験/解答用紙、模擬試験解答集、添削課題/提出用解答用紙、質問用紙、封筒、卒業課題

卒業試験 卒業試験(提出にて資格認定)

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5回 卒業課題+1回
受講料一括 79,800円 分割3,800円×24回(初回3,891円)

3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育!!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!

オーケストラの配置

オーケストラは、配置がそれぞれ決まっています。厳密に正解などはないものの、オーケストラとして響かせる音楽の質を左右するのは、配置とも言われています。この配置が正しくされているかどうかで、そのオーケストラのレベルもわかると言って良いでしょう。実際にオーケストラの基本的な配置としては、指揮者から扇形に広がっているのが特徴となっています。 指揮者側から見て、右前方にはチェロやヴィオラなどの演奏隊が並びます。その後ろにはコントラバスやホルンなどが配置されることが一般的となっています。指揮者から見て、左前方にはヴァイオリンなどの演奏隊が並びます。ヴァイオリンは担当するパートによって大きく異なるため、第1と第2で場所を分けていることが多いですね。その後方には、ティンパニや打楽器が並びます。トランペットやトロンボーン、クラリネット、ファゴット、フルート、オーボエなどは、指揮者から見て正面に立つことが多く、それがオーケストラの代表的な配置となることが多いです。 実際に正解などはないですが、音の響きや構成など、演目によっても違ってくるので、気になる人はチェックしてみるのが良いです。中には独特の配置をしていて、個性のあるオーケストラもありますよ。

オーケストラの服装

オーケストラの服装に関しては、それぞれの楽曲テーマなどによって変わってくることが多いです。基本的なスタイルとしてはタキシードやスーツが多いですが、オーケストラのイメージによっては、民族衣装を取り入れたり、衣装や正装を整えていたりすることもあります。特にその国の色が強いオーケストラなどでは、そういう服装をしていることもありますね。 また、学生のオーケストラの場合は、学校の制服で揃えているということもあるでしょう。何をするオーケストラなのかによって、その服装の役割は違ってきます。ただ、社会人のオーケストラの場合は、基本型としてタキシードがメインとなります。なお、それは演者たちによるものですが、鑑賞する側の人も服装は困るかもしれません。鑑賞するマナーとしては、基本的に私服でも大丈夫です。ただ、格式高いオーケストラなどの場合は、ドレスコードが必要となる場合もあります。 それぞれの状況に合わせて、オーケストラの音楽を楽しみたいものですね。もちろん、何が正解ということはありませんが、TPOによって考えられることも多いので、そこは自分で判断していくことが必要となります。また、海外と国内でも違ってくるので、そのオーケストラごとに考えてみることが必要となるでしょうね。

3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育!!

さあ,あなたも今すぐ資料請求を!

今資料請求されると通信講座徹底ガイド本を無料でプレゼント致します!
ページトップへ