西洋占星術資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
さらにくわしい鑑定のために!ホロスコープの三重円について
占い・風水・スピリチュアルの資格

西洋占星術士W資格取得講座

西洋占星術士

さらにくわしい鑑定のために!ホロスコープの三重円について

西洋占星術で重要な役割を果たすホロスコープ。実はホロスコープは一種類ではなく、様々な種類があります。その中でも特に有名なのがホロスコープの三重円。この三重円を知ることは、その人の運命や性格を占ううえで非常に重要になります。今回はホロスコープの三重円についてご紹介します。

さらにくわしい鑑定のために!ホロスコープの三重円について
目次

01ホロスコープの三重円とは?

そもそもホロスコープとは、天体や星座の配置によって人の運命や性格を読み解いていくもの。それではホロスコープの三重円とはどのようなものなのでしょうか。

1-1一重円 出生図(ネイタルチャート)

ホロスコープの三重円とは、簡単に言うと、三つの種類のホロスコープがひとつになったものということになります。
これら三種類のホロスコープをひとつに重ねて読み解いていくことから、ホロスコープの三重円と呼ばれています。
まず一種類目の円が「出生図」と呼ばれるもの。
これは「ネイタルチャート」とも呼ばれるもので、その人が生まれた瞬間の星の配置を表しています。
この出生図は、出生時刻や場所などは変わらないため、生涯を通じて変わらないもの。
つまり、その人が生まれ持っている宿命や運命、性格といった要素を表します。
この出生図は、その人を占ううえで基本となるホロスコープです。

1-2二重円 進行図(プログレス)

ふたつめのホロスコープ、つまり「二重円」となるのが「進行図」です。進行図はプログレスという呼び方をされるもので、出生の瞬間から移動していく天体の動きに注目したもの。
星座も天体も、自転や公転などで少しずつ場所を移動しています。また、天体はそれぞれの場所によって他の天体と作る角度なども異なるため、移動によってその人に大きな影響を与えます。
この進行図は、その人の内部の進行を表しています。つまり、心境の変化や価値観の成長といった、内面的な要素を表すのがこの進行図です。

1-3三重円 経過図(トランジット)

三つ目の円である「三重円」は「経過図」と呼ばれています。経過図は「トランジット」とも呼ばれるもので、これは現在の星の配置を表します。
いわば、現時点における最新の情報がトランジットです。たとえば、生まれた瞬間はその人の出生図と経過図は一致しています。
しかし、出生図が生涯変わらないのに対して、経過図は変化を続けていくもの。
そのため、経過図は今現在の自分の状況を表すものとされています。

1-4三重円は3つの要素を総合的に読み解くことができる

この三重円を用いるメリットは、人の持っている要素を総合的に読み解けるという点にあります。
どのような人でも、生まれた瞬間から今現在に至るまでに、様々な経験を重ねて成長していきます。
その過程で、考え方や心境が変化することもあるでしょう。
この三重円は、その人の生まれた瞬間から今の状況に至るまでの変化を天体の動きを通じて読み解くのに最適な手法だと言われています。

02トランジットから分かること

それでは、これらの三重円からはどのようなことが分かるのでしょうか。

2-1外的な影響

三重円であるトランジットからは、外的な影響を読み解くことができます。
ある程度成長した人の場合、自分の内面やものの考え方の基礎はすでに固まっているはず。そこに外側からの刺激や影響が加わることで、人間の行動は変化していきます。
つまり、トランジットを見ることは、その変化がどのようなものかを知ることにつながります。

2-2トランジット天体とネイタル天体のアスペクト、イン・ハウスに入っているか

トランジットを読み解くときには、トランジットで現れた天体と、生まれ持った配置であるネイタルに現れる天体の関係に注目することが必要です。
それぞれの天体がどのハウスに入っているのか、またどのようなアスペクトを作り出しているのかを見ることで、その人がどんな影響を受けやすいかを知ることができます。

03三重円の読み方

三重円は一見非常に複雑に見えるもの。そのため、高い専門知識がなければいけないと考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ポイントを押さえることで、初心者でも簡単に三重円が表すものを知ることができます。

3-1ネイタル→プログレス→トランジットの順に読む

三重円を読み解くときには、ネイタル→プログレス→トランジットの順に読むことが必要です。
まずネイタルでその人がどんな資質や才能を持って生まれてきたのかを読み解きます。
その後、プログレスで今現在の目的や、考えていることなどを理解します。
加えてトランジットで今受けている影響や、これから受けるであろうと考える影響などを予測していきます。
つまり、その人の成長過程に合わせてホロスコープを読んでいくと、自然に三重円のそれぞれが示すものが見えてきます。

04まとめ

三重円は見慣れないうちは非常にややこしく感じられるもので、つい苦手意識を抱いてしまいがちなものです。しかし、見慣れてくれば自然にそれぞれのホロスコープが表すものが分かってくるはず。三重円が読めるとリーディングも正確に、幅広く行えるようになるため、占星術に興味がある方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
無料資料請求
受講お申し込み