西洋占星術資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
ダークサイドを知るために!リリスのホロスコープについて
占い・風水・スピリチュアルの資格

西洋占星術士W資格取得講座

西洋占星術士

ダークサイドを知るために!リリスのホロスコープについて

ホロスコープで運命や性格などを鑑定したとき、どうも納得できないと感じたことはありませんか?もしそうなら、そこには「リリス」が大きく関係しているかもしれません。今回はホロスコープにおけるリリスの意味や役割などについてご紹介します。

ダークサイドを知るために!リリスのホロスコープについて" alt="ダークサイドを知るために!リリスのホロスコープについて">

01リリスとは?

リリスは占星術のホロスコープに置いて、他人との相性や過去の情報、自分の中にある秘めた願望や欲望、隠された性癖といったダークサイドの部分を表すと言われています。
しかし、実はこのリリスには、複数の種類が存在しています。

1-1占星術には3つ(または4つ)のリリスが存在する

占星術のホロスコープの中では、大きく分けて3つのリリスが存在しています。また、数え方によってはリリスを4つに分類することもあります。

1-2小惑星リリス

まずひとつめのリリスは、火星と木星の間に存在する小惑星のことです。この小惑星は1927年に発見されたもので、占星術のリリスの中では、唯一の物理的な存在です。
言い換えれば、小惑星リリス以外のリリスは、実際の天体ではないということになります。
この小惑星リリスの場所がその人の運命や性格に大きな影響を与えます。

1-3ダークムーンリリス

ふたつめのリリスは「ダークムーンリリス」と呼ばれる存在です。
このダークムーンリリスは、実際には存在しないものとされています。観測に成功したと主張する天文学者や観察したという記録は残っていますが、公式には確認されていません。
しかし、占星術では重要な存在とされ、人のダークサイドに影響を与えると言われています。

1-4月の遠地点リリス

もうひとつのリリスは、「月の遠地点」と呼ばれているものです。
月の遠地点とは、月と地球が最も離れているポイントのこと。月と地球は、それぞれ自転と好転を行っているため、ふたつの間の距離は一定ではありません。そのため、月と地球は近づいたり遠ざかったりを繰り返しています。
たとえば、月が普段よりも大きく明るくなる「スーパームーン」という現象は、月と地球の距離が近づいたときに起きるもの。距離が近くなるため、月はいつもよりも大きく明るく見えます。
逆に月が最も遠ざかった場所が月の遠地点ということになります。
この月の遠地点は解釈によって二つの種類に分けられることもあります。それがリリスの種類が3つまたは4つに分かれる理由です。
まずひとつめの月の遠地点は「トゥルーブラックムーンリリス」と呼ばれるもの。これはいわば、月の遠地点だと見込まれる場所のこと。簡単にいうと、月がどのような動きをするのかを予測して算出した月の遠地点ということになります。
というのも、実は月は単純な軌道を描いているわけではなく、非常に不規則な動きをしています。つまり、単純に月の遠地点を割り出すことは非常に困難。そのため、ある程度あらかじめ予測を立てて、割り出した月の遠地点がトゥルーブラックムーンリリスということになります。
一方の月の遠地点は「ミーンブラックムーンリリス」というものです。
このミーンブラックムーンリリスはこれまで割り出した月の遠地点を平均化したもの。今までの月の遠地点から計算し、分かりやすく把握できるように求められたものがミーンブラックムーンリリスです。
この二種類は、使い分けられることもありますが、一般的なホロスコープではミーンブラックムーンリリスが使用されています。
というのも、本当に月が描いている軌道であるトゥルーブラックムーンリリスが算出できるようになったのは、技術が発達したごく最近のこと。
それまでの占星術ではミーンブラックムーンリリスが使用されていたため、それが一般的になったものと考えられます。

02小惑星リリスとは?

それでは、小惑星リリスがホロスコープの上で意味することとは、どのようなものなのでしょうか。

2-1女性的な創造性のシンボル

小惑星リリスは、二十世紀の始めに活躍したフランス人女性、リリ・ブーランジェの名前にちなんで名づけられています。
リリ・ブーランジェは幼い頃から音楽の才能を表し、演奏だけでなく作曲家としても活躍、さらに語学にも才能を発揮した女性と言われています。
また容姿にも優れ、自然と親しみ、動物に対して深い愛情を注いだ女性だったと言われています。
そのことから、小惑星リリスは女性的な創造性のシンボルとされています。

2-2原初の女性性の象徴

さらにリリスは、エデンの園に住んでいたアダムの最初の妻の名前でもあります。
リリスはエデンの園で自然や動物に親しみ、生の喜びを楽しんだ存在だと言われています。
そのことから、小惑星リリスは原初の女性性の象徴とされることもあります。
つまり、小惑星リリスの存在は、その人が男性か女性かに関わらず、人間の中にある女性的なエネルギーや活力を暗示するものということができます。

03ダークムーンリリスとは?

実際には存在しないものの、ダークムーンリリスはホロスコープの上で非常に重要な役割を果たしています。

3-1仮想のポイント、実際には存在しない

ダークムーンリリスは実際に存在しないと言われているのはすでに述べた通りですが、じつはこのダークムーンリリスは二番目の月、またはゴーストムーンと呼ばれる天体が存在しているという説もあります。また、赤い星雲のようなチリが集まったものと考えられることもありますが、どちらにしてもその存在は公式に確認されたことはなく、仮想のポイントとされています。
このダークムーンリリスは、地球と月の遠地点の間にあると考えられています。

3-2破壊的衝動、理性の崩壊

ダークムーンリリスが表しているのは、人間の本能的な欲望です。その中には、破壊的な衝動や理性の崩壊といったものも含まれています。
また猟奇的な犯罪やトラウマ、虐待といった事件もこのダークムーンリリスの影響を受けていると言われています。
先ほど紹介したエデンの園のリリスは、自分を従わせようとするアダムと決別して荒野に去ったと伝えられていますが、その後悪魔との間に子どもを作り、人間に復讐を企てたとされています。
ダークムーンリリスは、この段階のリリスを表しているともいえるでしょう。

04月の遠地点リリスとは?

月の遠地点としてのリリスは、占星術の中でも非常に重要な存在とされています。

4-1ブラックムーンリリスと呼ばれる

月の遠地点リリスは通常は「ブラックムーンリリス」と呼ばれています。
通常の占星術で、単に「リリス」と言った場合には、このブラックムーンリリスを指していることが多いようです。
このブラックムーンリリスには様々な解釈があります。

4-2創造性のエネルギー、聖なる性のエネルギー

ブラックムーンリリスが表しているのは創造性のエネルギーや聖なる性のエネルギーとされています。
ブラックムーンリリスの存在は、マイナスのエネルギーをプラスに変える役割。間違った考え方や本質的でないものから自分を切り離し、その人が本来持っている正しい生き方へと導いてくれます。
ただし、その過程では自分の感情や欲求、欲望などと向き合う必要があります。ときには過去のトラウマが明らかになり、傷ついてしまうことも考えられます。

05まとめ

自分の中に潜んでいる様々なものを暴き出してくれるリリスは、ホロスコープに大きな影響を与えます。また、リリスは人間関係にも関わると言われています。気になった方はぜひ一度自分のホロスコープを調べてみてはいかがでしょうか。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得