簿記資格対策講座

開講準備中
国家資格
人気の通信講座1位に選ばれました。
簿記資格対策講座

簿記資格は全3種類!
取得するメリットや取得方法・費用を解説!

「簿記資格は、会社で経理をやっている人だけが持っていればいい。」
そんな風に考えている人も、いるかもしれません。

しかし、簿記資格はさまざまな場面で役立つため、経理以外の職種の方でも取っておいて損はありません。
資格があることで、就職活動や大学入試で優遇されることもあります。

では、何級を持っていれば安心でしょうか?

ここでは1~3級まで、それぞれ取得すると身につく知識や、どのような時に活かせるのかご紹介します。
履歴書に書きたい方・大学入試に役立てたい方・キャリアアップしたい方など、それぞれ何級を持っておけばいいのかご紹介します。

また、取得するための学習方法や、かかる費用なども詳しく解説します。
ぜひ、簿記試験取得に役立ててください。

1. 簿記の資格は全部で3種類

簿記の資格は全部で3種類

簿記の資格は、全部で3種類あります。
ここでは、それぞれの難易度や特徴をご紹介します。

1-1日商簿記「日商簿記検定試験」

「日商簿記」は、日本商工会議所と各地商工会議所が主催する簿記の検定試験で、最も認知度がある公的試験です。
1954年から施行され、長い歴史があります。

申込の受付日時や方法は、商工会議所によって違います。
試験日の2ヶ月前ぐらいになったところで、受験希望地の商工会議所まで問い合わせてみましょう。

日商簿記詳細
  1級 2級 3級 簿記初級
(旧4級)
原価計算初級
(2018年より開始)
受験資格 制限なし 制限なし 制限なし 制限なし 制限なし
試験内容 ・商業簿記
・会計学
・工業簿記
・原価計算
・商業簿記
・工業簿記
(原価計算を含む)5題以内
・商業簿記
(5題以内)
・商業簿記 ・原価計算
試験日 統一試験方式
年3回
統一試験方式
年3回
ネット試験方式
随時
統一試験方式
年3回
ネット試験方式
随時
随時
(試験施行機関による)
随時
(試験施行機関による)
試験会場 全国各地 全国各地およびネット試験 全国各地およびネット試験 ネット試験 ネット試験
合格基準 70%以上
1科目ごとの得点は40%以上
70%以上 70%以上 70%以上 70%以上
合格率
(過去5回平均)
10%程度 22%程度 50%程度 59.4%
(2019年度)
92.3%
(2019年度)
受験料 7,850円(税込) 4,720円(税込) 2,850円(税込) 2,200円(税込) 2,200円(税込)
参考:商工会議所の検定試験(https://www.kentei.ne.jp/bookkeeping

以前より、簿記初級・原価計算初級は、ネット試験が採用されていました。
2020年12月より、2・3級の試験方式にも、ネット試験が追加されました。
受験者は、従来の試験会場でペーパーに回答する「統一試験方式」と、「ネット試験」を自由に選択できます。

※ネット試験(CBT方式)とは…
試験会場:全国100か所の「テストセンター」で実施。
試験日:各テストセンターが定める日時。場所によっては、毎日試験を行う会場もあり。
試験方法:試験問題は受験者ごとに異なる。インターネットで試験問題が配信され、パソコン上で解答する。
結果発表:試験後自動採点。合格した場合、デジタル合格証が即日交付される。

ネット試験が行われることで、スピーディーな受験が可能になりました。
合格のチャンスが増え、試験を受けやすくなったと言えます。

社会人になってから簿記資格を取得するのであれば、迷わず「日商簿記」を受験しましょう。

また、学生時代に後述する「全商簿記」「全経簿記」の資格を取得した方も、「日商簿記」を取り直すと、企業からの評価も上がりやすくなります。
大学入試で優遇される場合もあるため、高校生でもチャンスがあれば取得しておくといいでしょう。

何も知識のないところから始めるのであれば3級から、経理の経験があり多少の知識があるようなら2級から、チャレンジしてもいいでしょう。

1-2全経簿記「簿記能力検定」

公益財団法人全国経理教育協会(http://www.zenkei.or.jp/)が主催するのが「簿記能力検定」です。
文部科学省後援の資格で、就職にも役立ちます。

経理専門学校の学生が受験する傾向があり、試験会場も全国の専門学校で行われます。

全経簿記詳細
  上級 1級 2級 3級 基礎
受験資格 制限なし 制限なし 制限なし 制限なし 制限なし 制限なし
試験内容 商業簿記・会計学
工業簿記・原価計算
「商業簿記・会計学」および「原価計算・工業簿記」 商業簿記 工業簿記 商業簿記 基礎簿記会計
試験日 年2回 年4回
試験会場 協会指定の全国の専門学校
合格基準 各科目40点以上かつ、合計280点以上 全科目70%以上 70%以上
合格率
(令和元年度平均)
約16% 商会:約41%
原工:約60%
約50% 約63% 約63% 約75%
受験料 7,800円 各2,600円
(計5,200円)
2,200円 2,200円 2,000円 1,600円
参考:公益財団法人全国経理教育協会 簿記能力検定

日商簿記より、難易度はやや低めです。
合格率も、比較的高い傾向があります。

上級に合格すれば、税理士試験の受験資格を得られます。

1-3全商簿記「簿記実務検定試験」

公益財団法人全国商業高等学校協会(http://www.zensho.or.jp/puf/index.html)が主催しているのが「簿記実務検定試験」です。
主に商業高校の学生を対象としていますが、高校生以外でも受験することはできます。

全経簿記詳細
  1級
(会計)
1級
(原価計算)
2級 3級
受験資格 制限なし
試験内容 会計 原価計算 商業簿記 商業簿記
試験日 年2回
試験会場 協会指定の全国の試験場校
合格基準 70点以上 70点以上 70点以上 70点以上
合格率
(2019年)
39% 44% 約42% 約53%
受験料 1,300円 1,300円 1,300円 1,300円
参考:公益財団法人全国商業高等学校協会 簿記実務検定試験

1級は会計・原価計算共に合格して、初めて1級合格となります。
高校の教科書に沿った問題が出され、3種類の試験の中でもっとも難易度は低めです。

1級合格を推薦入試の基準としている大学や短大もあるため、進学を考えている人は1級を目指すといいでしょう。
また、経理関連の職種に就職する場合は、2級以上を持っているのが望ましいです。

2. 簿記資格のメリット!仕事・就職に活用できること

簿記資格のメリット!仕事・就職に活用できること

簿記資格を持っていることで、さまざまなメリットがあります。
また、就職に有利になったり、仕事に役立てることも可能です。

ここでは、日商簿記それぞれの級位でできるようになることや、どのような場合に役立つかをご紹介します。

2-1日商簿記3級で仕事・就職に活用できること

日商簿記3級で身につくのは、商業簿記(商品の売買をする職種を対象にした簿記)の基本です。
日商簿記3級は、比較的合格率も高く、受験しやすい級位だといえます。

3級以上を取得するとできること
・履歴書の資格の欄に記載できる。
・事務職だけでなく営業や管理の仕事でも、役立つ知識が身につく。
3級以上を持っていると有利な人
・就職活動中の人(営業・管理職)
・個人事業主などの確定申告が必要な人

確定申告では、ある程度簿記の知識が必要です。
そのため、基礎が学べる3級を持っていると、スムーズに確定申告ができるでしょう。

2-2日商簿記2級で仕事・就職に活用できること

簿記2級では、商業簿記とあわせて工業簿記(製造業を対象にした簿記)を学びます。
原価計算など計算を多くするようになり、商業簿記の内容をよく理解していなければできない内容です。
そのため、3級と比べて一歩踏み込んだ知識が身につきます。

2級以上を取得するとできること
・経理関係の仕事で役立つ知識が身につく。
2級以上を持っていると有利な人
・就職活動中の人(経理関係)
・大学受験をする予定の人

経理関係の職種を目指すなら、2級以上は持っていたいところです。

また、大学受験でも、AO入試などで資格があると優遇されることがあります。

それだけ3級と2級では、大きな差があるのです。

2-3日商簿記1級で仕事・就職に活用できること

さらに、2、3級とは一線を画しているのが1級です。
合格率も10%程度と非常に狭き門で、合格すると、かなり高度な知識が身についた証明になります。

1級以上を取得するとできること
・会社の経営に関して、分析や管理ができるようになる。
・税理士の受験資格が得られる。
1級以上を持っていると有利な人
・ファイナンシャルプランナー・税理士・公認会計士・中小企業診断士を目指す人

日商簿記1級は、簿記資格の中でも最高峰の資格といえます。

そのため、ファイナンシャルプランナー・税理士・公認会計士・中小企業診断士を目指す人は、まず簿記資格を取得する方が多いです。

1級に合格することで、仕事の幅がかなり広がるといえます。

3. 簿記資格取得方法とかかる費用

簿記資格取得方法とかかる費用

日商簿記に合格するためには、少なくとも、3級は100時間・2級は200時間・1級は1,000時間の勉強時間が必要とされています。
決して短期間で習得できるものではなく、その間モチベーションを保ち続けなければなりません。

3-1独学で簿記資格取得

日商簿記3級ぐらいまでなら、独学でも十分合格を狙えます。
参考書を購入するだけなので、費用もそれほど掛かりません。

できるだけ最新の問題集を購入し、現状の試験対策をするようにしましょう。
ただ、どんなに最新の問題集でも、独学の場合わからない箇所を避けてしまい、理解不足になる場合があります。

一人でもコツコツと努力できモチベーションを保ち続けられる方、身近に簿記資格を所有する人がいる方等に、おすすめの勉強法です。

独学でかかる費用相場
・参考書と過去問題集を1冊ずつ購入したとして、4,000円程度
(1級は2・3級と比べると若干高額になり、5,000円前後。)

独学の注意点:古本屋にも参考書や問題集が売っていることがありますが、内容に変更があったり法改正がある場合もあるため、避ける方が無難です。

3-2スクールに通って簿記資格取得

通学は独学と比べ、わからないところはすぐに教えてもらえるため、効率的に勉強できます。
時間に余裕があり、通学の時間が取れる方向きの取得方法です。

また、最近は通学せずに、ネット上のスクールもあります。
費用や内容などを確認して、自分にあった講座を選びましょう。

ただし、資格取得方法としては、スクールは最も高額になります。
確実に資格取得を目指したい方や、上級位を狙っている方におすすめです。

通学でかかる費用相場
1級:平均170,000円(約127,000~250,000円)
2級:平均76,000円前後(66,000~95,000円)
3級:平均23,500円(15,000~46,000円)

通学の注意点:スクールは開校日が決まっているため、時期によってはすぐに入学できないことも。早めに下調べを行いましょう。

3-3通信教育で簿記資格取得

通学する必要がなく、いつでも自分の好きな時に学習を開始できるのが、通信教育です。

通信教育といってもテキストだけではなく、Webで受講できる教材やDVDを見ながら学習できる教材など、豊富な学習方法があります。

また、スクールが通信講座を開講している場合もあり、そういった講座はテキストの通信教育と比べても、やや高額になります。

通信教育でかかる費用相場
1級:平均123,000円(約90,000~150,000円)
2級:平均37,000円(18,000~53,000円)
3級:平均17,000円(3,500~34,000円)

「諒設計アーキテクトラーニング」でも、簿記の通信講座を開講予定です。
簿記の知識がまったくない方でも、自分のペースでじっくりと学ぶことで、資格取得を狙います。

4. まとめ

まとめ

簿記資格を取るなら、日商簿記がおすすめです。
日商簿記の上級位を取得することで、さまざまなメリットがあります。
入試や就職活動・転職などにも有利に働くため、持っていて損はない資格です。

「独学ではやっていけるか心配・・・かといって、通学するほどお金もかけたくない」という方は、ぜひ「諒設計アーキテクトラーニング」の通信教育を利用してみてはいかがでしょうか?

ページトップへ