四柱推命資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
四柱推命資格おすすめ3選!最短2か月で取得する方法を解説資格取得講座
四柱推命占術士

四柱推命資格おすすめ3選!最短2か月で取得する方法を解説

「四柱推命の資格を取ったら開業できるの?」
あなたはこんな疑問をお持ちではないですか?
「四柱推命」は生年月日・出生時間を使って占い、非常に精度が高く「当たる占い」として知られています。
「過去・現在・未来」を予想し、素質・性格・才能を理解し未来を予想する占い方法の1つです。
独学でも学べる「四柱推命」ですが、判断に必要な表(命式)の作成でつまずきやすいため、資格取得を目指すなら体系的に学習できる通信講座がおすすめです。
ここでは「四柱推命とは」「四柱推命8つの分類とは」「四柱推命のおすすめ資格3選」「最短2か月で取得できる通信講座」をご紹介します。
占い師として独立して活躍したいという方は、四柱推命の資格を取得して仕事の幅を広げてみませんか。

目次

01四柱推命とは

「四柱推命」とは中国の「陰陽五行説」をもとにして生まれた占いで、今後の進むべき道を探す占いです。
「陰陽説」は自然界のあらゆるものは相反する「陰」「陽」2つのエネルギーから構成されるという考え方。
「五行説」は、全てのものは「五行(火・土・金・水・木)」いずれかの性質を持ち「相生関係(そうじょうかんけい)」と「相克関係(そうこくかんけい)」にあるとする思想です。
四柱推命は以下の4つの柱で占うため、生まれた日を重視しています。

「年柱(ねんちゅう)」
社交運や目上の人との関係、外面の運気であり0~19歳の性格傾向。
「月柱(げっちゅう)」
仕事運や家庭運などの運気で、20~39歳の性格傾向。
「日柱(にっちゅう)」
40~60代の晩年期の傾向。
「時柱(じちゅう)」
最晩年期のことであり、60歳くらいから死亡するまでを意味します。

上述の4つの柱を基本にし、個人の運命・未来・対人関係・才能を表します。
4つの柱にそれぞれ2つの漢字を割り当てることで性格・運命・未来がわかります。
何十万通りに及ぶ膨大な組み合わせから判断するため、非常に的中率が高い占いと言われています。

02四柱推命9つの分類とは

四柱推命は9つに分類され、性格や隠れた本質を判断するときは補足情報として「通変星」と「蔵干通変星」を使用します。

「干支(かんし)」
十干と十二支を組み合わせたもので、全てを組み合わせると60種類となり1人1人に合った占いができる。
「十支(じゅっかん)」
人の性格を10種類に分類したもので、それぞれの良い面と悪い面を占う。
「十二支(じゅうにし)」
運勢をお正月などに馴染み深い12種類の動物の名前に分け、どの動物に当てはまるかを占います。
「蔵干(ぞうかん)」
「年」「月」「日」「時」の4柱の十二支と生年月日から判断される10支のこと。
「通変星(つうへんせい)」
性格・能力・人間関係を占う判断材料で、「生剋名」ともいわれ、五行における干と干との関係を示す。
「蔵干通変星(ぞうかんつうへんせい)」
「年柱」は家柄「日柱」は人の本質を、「月柱」は社会でどれだけ活躍できるのかを判断する。
「十二運星(じゅうにうんせい)」
運勢の上昇・下降を成長過程として表すだけでなく、性格や才能も表す。
「天中殺(てんちゅうさつ)」
「12年に1度の避けられない2年間」で、空亡(くうぼう)」ともいわれる。
「天中殺」の過ごし方で今後の人生が決まる重要な期間。
「運勢エネルギー」
十二運勢を数値化したもので、数値が高いほど(能力・)運勢エネルギーの上昇を示す。

03四柱推命のおすすめ資格3選

四柱推命のおすすめ資格3選
四柱推命について知識・スキルをしっかりと学びたい場合は資格取得がおすすめです。
資格を取得すれば「プロの鑑定士」と名乗ることができるため活動しやすくなります。
四柱推命の資格にはどんなものがあるのか、3種類ご紹介します。

3-1四柱推命占術士

「四柱推命占術士」は日本占い師協会(JFTA)の認定資格で、下記の知識を熟知していると認定されます。

・四柱推命の基本
・十干
・十二干
・十干の関係性
・命式の作り方
・四柱の意味
・通変星でみる先天運(社会)
・通変星でみる先天運(家庭)
・通変星でみる先天運(子孫)
・十二運星の種類
・十二運星でみる先天運(社会)
・十二運星でみる先天運(家庭)
・十二運星でみる先天運(子孫)

四柱推命占術士の試験は、受験申請から試験まで全てインターネットで完結します。
資格取得後は自宅やカルチャースクールなどで、四柱推命士の講師として活躍できます。

3-2陰陽五行士

「陰陽五行士」は日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP主催)の認定資格で、下記の知識を深めると認定されます。

・十二運星の求め方
・「比肩・劫財・食神・傷官・偏財・正財・偏官・印授」と十二運星の組み合わせによる先天運について
・蔵干について
・命式の強弱
・十干の関係性
・「季節・時間・方角」と十支の関係性
・流年について
・大運について

陰陽五行士の試験は在宅でも受験可能です。
資格取得後は自宅やカルチャースクールなどで陰陽五行士の講師として活動できます。

3-3四柱推命鑑定士

「四柱推命鑑定士」は一般社団法人 日本能力開発推進協会(JADP)の認定資格です。
資格取得のためには協会が認定する教育機関のカリキュラムを修了し、試験に合格する必要があります。
通学が難しい場合は通信講座での受講も可能です。
試験では「命式の作り方」「宿命の鑑定方法」「相性の鑑定方法」「運命の鑑定方法」についての深い知識とスキルが問われます。
クライアントの相談内容に対し適切なアドバイスができるかどうかも審査対象です。
資格取得後は自宅やカルチャースクールなどで講師としての仕事のほか、インターネットでも四柱推命鑑定士として活動できます。

04四柱推命資格を取得する3つの方法

四柱推命資格を取得する3つの方法
四柱推命資格はどのように取得したらよいのでしょうか?
四柱推命の資格を取得する3つの方法をご紹介します。

4-1独学

本や「YouTube」でも四柱推命について学べるため、独学でも身に付きます。
知識を習得したら家族・友達・恋人など身近な人を占ってみましょう。

4-2四柱推命鑑定士に弟子入りする

本気で占い師になりたい場合は、実際に活躍している占い師に弟子入りするという方法があります。
実践で四柱推命の方法が学べ、わからないところをすぐに質問できるメリットがあります。
デメリットとしては、占い師が弟子をとらなかったり、生計を維持しながら修行するのが難しいという点があります。

4-3通信講座で学ぶ

3つの学習方法の中で最もおすすめなのは「通信講座」です。独学では難しい場合も、通信講座なら自分のペースで勉強できます。
講座終了後に資格取得できるため、占い師として活動したい場合に有利です。

05四柱推命を最短2か月で取得できる通信講座

四柱推命について詳しく学び資格を取得して仕事に就きたい、そんなあなたには通信教育で学べる「四柱推命占術士W資格取得講座」がピッタリです!
「諒(りょう)設計アーキテクトラーニング」の通信講座は、自宅で四柱推命について学びながら就職や独立に役立つ2つの資格がわずか2ヵ月で取得できます。

①四柱推命占術士
②陰陽五行士

講座には「通常講座」と「スペシャル講座」があります。

通常講座:2つの資格試験をそれぞれ受験し合格すれば資格取得
スペシャル講座:課題を全てクリアすれば試験免除、同時に2つの資格取得

「諒(りょう)設計アーキテクトラーニング」の通信講座では四柱推命について基本的な知識が丸ごと自宅で学べます。
講座は、鑑定士歴10年以上の実績を持ち、5万人以上を占ってきたスピリチャルカウンセラーのあい先生が監修した教材を使用します。
「四柱推命占術士W資格取得講座」で四柱推命の勉強をしながら2つの資格取得を目指し今後の活躍の場を広げませんか?

5-1四柱推命資格取得者の口コミ

四柱推命の資格取得しました。大変ありがとうございました。
引用:「四柱推命占術士W資格取得講座」
この方は通信講座で資格取得もできたようです。

06四柱推命を学ぶメリット

四柱推命を学ぶことは自分の運命を知り友人や家族も占えるので、様々なメリットがあります。

6-1長期的な運勢を読み取れる

四柱推命は数十年先までの長い運勢を鑑定できるので、新規事業開始や新しいことに挑戦する際の時期を計る際に効果的。

6-2悩みを解決に導く

四柱推命は運勢だけではなく、生来の性格や相性まで占える幅広い占いです。相談者の悩みに対し包括的なアドバイスができ、さらに自分自身の運命も詳しく知ることができます。
恋愛・仕事・相性・これからの人生など四柱推命はさまざまな悩みに対する答えを導いてくれるので、相談者の悩みに寄り添ったアドバイスができるようになります。

6-3鑑定士として活躍できる

四柱推命の資格は一定水準以上の知識と鑑定能力がある証明にもなるため、鑑定のプロとして活躍できます。資格を持つことで独立・開業も夢ではありませんよ。

07四柱推命鑑定士に向いている人

四柱推命鑑定士に向いている人
四柱推命鑑定士も向いている人はどのような人でしょうか?
ここから四柱推命鑑定士に向いている人をみていきます。

7-1人のために奉仕するのが好きな人

占い師の仕事は単に結果を伝えるだけではありません。相談者に寄り添い、一緒に悩み考える姿勢が必要です。
誰かのために行動することで喜びを感じられる人は、占い師に向いていると言えます。

7-2努力できる人

占い師の仕事に終わりはなく、鑑定結果をどのように伝えていくのか、どうすれば喜んでもらえるのかを常に考えなくてはなりません。
仕事が終了するから終わりではなく、常に相談者に寄り添えるような努力を続けることが求められます。
それらの努力に苦痛を感じないという方は占い師に向いているでしょう。

7-3コミュニケーション能力がある人

占い師にとってコミュニケーション能力は重要なスキルであり、話好きな方は占い師に向いています。
チャットのみの占いをやっている方もいますが、基本的に対面・電話占いがメインのため、顧客と話すことが苦手な人は鑑定が辛くなるのではないでしょうか。

7-4在宅で仕事をしたい人

コロナ禍で対面占いは難しくなっており、在宅占いが大半を占めています。自宅で仕事をしたい人にとって占い師はピッタリな仕事ですよ。

08まとめ

国の陰陽五行説をもとにして生まれた四柱推命は、生年月日時を用い4つの柱と60種類の干支を組み合わせて占うため、当たりやすいと評判です。
四柱推命の勉強は独学でもできますが、占いのベースとなる「命式の作り方」で挫折する人が多いため、自分のペースで勉強できる通信講座がおすすめです。
四柱推命について体系的な勉強ができ資格取得もできるため、プロになりたい方には証明として役立つでしょう。
趣味で学びたい方から占い師として家で開業したい方まで、通信講座は学びを深めてくれます。
興味のある方は一度資料請求してみてはいかがですか?

この講座は!プロの監修を受けています!

講座のテキスト、問題集や添削課題と共に、プロの先生によって監修されています。
あい 先生
スピリチュアルカウンセラー
1978年生まれ。北海道出身。某お笑い養成所で学んだトークスキル、占いコンサルタントの経験を活かし占いの世界に。日本最大級の占いイベント「占1グランプリ2016」にて優勝者。
あい

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
無料資料請求
受講お申し込み