簡単に出来る幼児向け茶碗蒸し

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

茶碗蒸しのほんのりとした出汁の風味とまろやかな食感で幼児でも食べやすく、手軽に出来る料理です。忙しい時にもう一品作りたいという時には電子レンジだけで調理も出来大変重宝するメニューです。

幼児用茶碗蒸しのポイント

滑らかな食感で幼児初期からでも食べやすい茶碗蒸しは、日々の食卓にもう一品添えたい時に大変重宝します。

幼児食初期のタイミングでは、細く刻んだうどんやそうめんを茶碗蒸しの具材と混ぜ合わせ加熱し、調理する方法が好評です。

卵の風味と食べやすさでうどんやそうめん、白米などが混ざっていても食が進みます。生卵を与えるのはまだ不安という時期でも、茶碗蒸しであれば加熱されているうえに、出汁汁の分卵の含有量が減っているので安心して与える事が出来ます。

幼児食の食べ具合が思う様に進まない、主食を残しがちという時は、茶碗蒸しもぜひレパートリーに加えて様子をみます。

また好き嫌いや偏食が目立つ、野菜や肉など特定の素材だけを食べ残す時にも茶碗蒸しは活躍します。細かく刻んだ具材を混ぜ合わせ、加熱します。滑らかな食感なので、中身の具材をさほど意識せず完食できます。

幼児食になり、食が進まない、思うように完食してくれないという時は、盛り付けの器を平らで底にイラストが描かれた物に変えるだけで食が進むこともあります。

食べ進めるうちに、底に書かれた模様が見え始め、この点を盛り上げるように声掛けをします。幼児への声がけは「早く」や「残さず食べなさい」といったマイナスな内容になりがちですが、「絵が見えてきたね」などのように前向きな内容に言い換えると子供自身の気分も前向きになり食が進むようになります。

 

茶碗蒸しは大人用でもさほど味付けの濃い料理ではないので、アレルギーの心配がない場合は、大人用の取り分けを幼児食初期から与えても問題ありません。

初めて与える時は、ごく少量のみに控え、食後の体調不良等がない事を確認したうえで、徐々に摂取量を増やすよう進めます。

電子レンジで簡単茶碗蒸しレシピ

忙しい日々の中で、主食、主菜、副菜と栄養バランスを考ええ用意をする事はとても難しい事です。

小さな子どもがいる場合は、極力調理時間を短縮し、手間暇を省きたいものです。茶碗蒸しは、電子レンジだけで調理を終える事が出来、具材のアレンジ方法も多彩なので、幼児食として大変便利なメニューです。

電子レンジでの調理法は下記の通りです。

①耐熱容器を準備します(電子レンジでの調理時間を短縮するためには、平らな耐熱容器がおすすめです。)

②具材と出汁で解いた生卵を混ぜ合わせます

③具材に熱が通りにくい場合は、具材だけ先に電子レンジで加熱し、そのうえで卵のとき汁に加えます

④電子レンジ調理後はしっかりと粗熱をとってから、食卓に並べます

幼児は一度でも熱い、イヤダという想いをしてしまうと、次に同じ料理が出された時も受け付けないことがあります。そのような思いをさせない為に、しっかりとさましておくことも大切です。また初めて食卓に並べる料理を幼児が完食した場合は、大いに褒めてあげます。初めての食材を食べるという事は、幼児にとって大きな挑戦です。褒められることで感じる達成感が今後の偏食、好き嫌いの予防に繋がります。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ