手作りでアレンジ自在な幼児向けチキンナゲット

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

幼児期は肉が好きか嫌いかがはっきりと分かれる時期です。嫌いと感じる理由は様々で食感や風味が関係することもあれば、食べにくい、噛み切れないという発達面の理由があることもあります。ただし肉が嫌いという子供でもチキンナゲットは別物と考える事が実は非常に多いものです。

幼児食のチキンナゲットの基本

肉嫌いな子供でも喜んで食べてくれると幼児食に欠かせないチキンナゲットですが、その理由は、調理の過程で肉の特有の食感が失われ、幼児でも食べやすい形状、食感に代わっているからです。

肉そのものが噛み切れない、飲み込めないと感じている幼児には、無理に肉をそのままの形状で食べさせるのではなく、一旦ナゲット状の加工し完食をさせ、肉への苦手意識を払拭することを優先させると効果的です。

ナゲットを通じて、肉を食べる事が出来る、肉が好きという考えを幼児自身が持つと、次第に肉料理も進んで食べる事が出来るようになります。

ナゲットは市販の幼児食でも様々なレパートリーがあるうえに、家庭でも簡単に手作りすることが出来ます。冷凍保存が可能な作り置き食材ですから、手作り後は小分けにし、冷凍することでお弁当や忙しい日の食事にも重宝します。

ナゲットを手作りする時のレシピは下記の通りです。

①鶏むね肉をすりつぶす(チョッパーやミルミキサーなどがあると便利です)

②食べやすいサイズに成型をする

③小麦粉を表面につけ、油であげる

サイズや形状を幼児食の進み具合に合わせて工夫すると大好物な一品になります。市販の製品ではミッキーマウスの形や車の形に成形されて製品も人気があるので、家庭で手作りをする時もぜひ工夫を加えます。

成形が難しい場合は、クッキーの抜型を活用するときれいに、簡単に成形が出来ます。

一工夫で栄養価が大幅にアップ

チキンナゲットの基本の材料は鶏むね肉ですが、材料をアレンジすることで様々な栄養素を効率よく接取することが出来ます。

鶏むね肉に代わる食材は下記の通りです。

①絹ごし豆腐

②おから

③白身の魚

調理の工程は、鶏むね肉と変わらず、食材をすりつぶしてから成形し、油であげ仕上げます。

フードプロセッサーがあると短時間で下準備が終わる上に、数種類の食材を混ぜ合わせる事も簡単に出来ます。

鶏むね肉とおから、豆腐を混ぜ合わせ、ヘルシーにする事も出来れば、白身魚をメインにすると食感がやわらかくなります。

また、衣をつける段階で表面にゴマをまぶしても栄養価が代り、風味も増します。

メインの素材に刻んだ野菜やヒジキを混ぜると、苦手意識の強い食材も同時に食べきることが出来、好き嫌いの克服にもつながります。

食が細い、偏食がお悩みの時は、ナゲットを成形するときに中央部にチーズや小さき刻んだウインナーなどを隠すという方法もお勧めです。このように工夫をする事で、子供とクイズ形式で中身を考え楽しみながら食事を楽しむことが出来ます。

ナゲットを冷蔵保存する場合は、油であげ、粗熱をしっかりと取ってから小分けにし冷凍します。成形し、未加熱のままで冷凍をすると、保存中に雑菌の繁殖が進み衛生上の問題が生じます。必ず加熱後に冷凍保存をします。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ