幼児の好き嫌いの原因と効果的な克服法

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

幼児の食に関するお悩みといえば、好き嫌いが断トツで多く挙げられます。好き嫌いは出来る限り防ぎたい、食べ残し、偏食を予防したい時は、まずは原因を見つけ、それぞれの理由にあった解決策を講じる事が効果的です。

好き嫌いが起こる原因

幼児の好き嫌いには様々な原因があります。食感、風味、調理方法といった食材そのものに理由がある場合もあれば、中にはまだ家庭では食べさせた事の無い食材を嫌いな食材として意識している事もあります。

好き嫌いの理由の中には大人には想像もつかないような理由があることもあります。

例えば、絵本の中に登場する悪役の野菜を嫌いな野菜として認識し、実際に食卓に出されても食べる事が出来ない、この思い込みのまま成長してしまうことも少なくありません。

このような場合、まずはイメージを払拭する必要があります。子供の口から特定の食材を毛嫌いするような言葉が出始めたら、早期に特定の食材を克服するよう取り組みを始めます。

解決には形状が分からないようにスープにアレンジをする、チーズの風味をごまかすなどの方法がお勧めです。苦手意識が強くなってしまう前に克服をさせておくこと、その後も継続的に日々の調理に用いる事で苦手を克服できます。

ごくまれに好き嫌いの理由がアレルギーに関係していることがあります。卵や牛乳、ナッツ類などの食材を食べた後で口や喉に違和感を覚える事があります。症状が軽度の場合、違和感程度で収まりますが、度重なる違和感からこれらの食材を嫌いと表現することがあります。幼児はまだ語彙が少なく、自分の違和感を上手に表現することが出来ません。好き嫌い、偏食がみられる時は、無暗に叱る、完食するよう指導をする前に、まずは理由を確認することが大切です。

効果的な克服法

幼児の好き嫌いの克服には、イメージ作戦が効果的です。例えば、ピーマンが嫌いという幼児の場合、目の前のピーマンを前に困り果てている時に、大人が完食するように厳しい顔で叱ることで、ますますピーマンのイメージが悪化します。

その結果、食卓にピーマンが並んだ時点で、大人に叱られる事を連想してします。これでは食事を楽しむことも出来ず、好き嫌いの克服も出来ません。

好き嫌いの克服には、大人自身が先入観を捨てることも大切です。前回食べ残したから、日ごろ嫌いだと言っているからと献立に取り入れる事を躊躇したり、食べ始める前に完食するよう促したりという行動がないように意識します。

これまでのことは常にリセットし、食事は楽しい気分で出来るように意識します。子供は、苦手な食材を最後に食べようと考える事もあります。そのような意識でいる時に、大人が先手を打って、完食を促す様では子供の意識もなえてしまいます。食べ残し、好き嫌いの声がけはタイミングが難しいものですが、子供は食事自体を嫌いになってしまわないように考え行います。

子供が簡単な調理に参加出来る場合は、ぜひ積極的に参加させます。さりげなく苦手な食材の下準備をさせる事で、出来上がった料理に愛着がわき、食が進むこともあります。まずは原因を見つけ、イメージの転換から取り組みます。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ