幼児の大好物「ツナ」缶活用アイデアレシピ

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ツナ缶は様々な種類が市販されていて、幼児食に大変役立つアイテムです。味付けやアレンジの方法が多彩で、買い置きしておきたい食材のトップと言われているほどです。

ツナ缶を幼児食に活用する場合のポイント

肉や魚そのものが苦手でも、ツナ缶であれば喜んで食べてくれるという事が幼児にはまま見られます。

この点は多いに評価し、無理に肉や魚を食べさせずとも、ツナ缶を活用しタンパク質の接取に取り組む事が出来ます。ツナ缶の食感に慣れていくことで、次第に肉や魚も抵抗なく食べる事が出来るようになります。

ツナ缶を幼児食に活用するときは下記の点を意識します。

①ノンオイルタイプがおすすめです

②使用する前に、熱湯をかけ余計な油分を落とします

③幼児が食べやすいように刻み使用します

④小分けで使用する場合は、一食分ずつ冷凍保存します

幼児向けツナ缶以外を使用する場合は、一旦熱湯で油分を落とすと、料理としての仕上がりがさっぱりとして食べやすくなります。

ツナ缶の中には身が大きなサイズに加工されている物もありますが、幼児食の場合は出来る限り小さく刻み使用します。ツナ缶をマヨネーズなど油分を含む調味料と混ぜ合わせる時は、ツナ缶をキッチンペーパーで挟み、余計な油分をしっかり取り除く下処理をします。この一手間で出来上がりの時の油っぽさを回避できます。

ツナ缶を炒め調理をする場合は、ツナ缶自体の油分で十分加熱できるので、鍋にひく炒め油は最低限の量に控えます。

 

市販のツナ缶は、原材料にいくつか種類があります。

代表的な製品は下記の通りです。

①マグロだけ

②マグロとカツオ

③カツオだけ

中にはコーンや人参などミックスベジタブル入りの製品もあります。子供がツナ缶を嫌う時は、一律ですべてのツナ缶を避けるのではなく、原材料を確認します。場合によっては別の原材料の製品であれば、好んで食べてくれることもあります。

幼児は食べ物の風味や食感にとても敏感です。嫌うには必ず訳があると考えて工夫、検討を重ねます。

ツナ缶をアレンジした人気幼児食レシピ

ツナ缶は肉や魚の代用として、様々な料理にアレンジが可能です。肉や魚そのものをまだ食べる事が出来ない幼児の場合もツナ缶での代用も可能です。

ツナ缶をアレンジした人気メニューの一例は下記の通りです。

①おからとツナ缶のナゲット

②ツナ缶とほうれん草の混ぜ合わせサラダ

③ツナ缶のチャーハン

④ツナ缶オムレツ

いずれも食卓に並ぶ定番のメニューです。

基本的にどのような食材とも相性がいいので、工夫次第で様々なアレンジが可能です。

ただし市販のツナ缶は非常に商品数が多い上に、原材料として使用する素材も各社様々です。ツナ缶が好物だからと言って、すべての製品を安全に食べる事が出来るという訳ではありません。素材や調理方法など製造メーカーが変ることで、それまでは起こらなかった症状や不調が起こる事もあります

幼児食初期は、新しい食材、製品を与える事にしっかりと確認作業を行う必要があります。初めて与える製品は、ごく少量の味見程度から始め、異常が見られない場合のみ一食分量、食べきる分量と量を増や進めます。

 

 

 

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ