幼児が苦手な鮭はチーズで克服

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

栄養価が高く、風味も強いので子供に人気の食材である鮭は幼児食に大変重宝する食材です。鮭は調理のアレンジ法も多彩で、幼児食の進み具合に応じてアレンジを工夫することが出来ます。ただ、中には鮭特有の風味や食感に苦手意識を持ってしまうこともあります。

苦手克服には他食材との組み合わせで取り組みます。

栄養満点な鮭

鮭は日本人の大人から子供まで誰もが好む食材で、最も食卓に並ぶ回数の多い魚と言われています。

風味が強く、和食、洋食とアレンジが多彩な上に、栄養価が高く大変優秀な食材です。鮭の栄養価は下記の4つで構成されています。

①アスタキサンチン

鮭のピンク色はこの栄養素のおかげです。この栄養素には高い抗酸化作用があり、体内機能の調整役を担ってくれています。

 

②タンパク質

タンパク質は体を組成するすべての細胞の元となる大事な栄養素です。細胞レベルで健康を保つ上で、良質なタンパク質をバランスよく接取する必要があります。

 

③オメガ3脂肪酸

この栄養素は人間の必須栄養素です。脂肪という名称でも肥満につながる栄養素ではありません。この栄養素な脳の機能を活性化したり、血管機能を整える役割を担っています。

 

④ビタミン類

鮭にはビタミンAやビタミンB群、ビタミンD、ビタミンEと多種のビタミンが含まれています。ビタミンには野菜やくだものからも摂取しるものと、鮭などの食材から接取する種類があり、バランスよく接取することが基本です。

このように身近な食材である鮭は非常に栄養価が高く、幼児にも積極的に食べてもらいたい食材です。幼児期は魚への抵抗感を抱きがちな時期です。鮭を食べなれる事で、他の種の魚への抵抗感が薄れる事もあるので積極的に調理に用いる事が大切です。

チーズを使った鮭のアレンジメニュー

幼児の苦手意識、食べず嫌いの克服に「チーズ」は大変重宝します。

チーズは風味も強く、食感もよく幼児がとても好む食材です。また手づかみ食べの時期は、チーズを加えるだけで、食材がまとまり食べやすい状態に調理が出来ます。

鮭とチーズを使ったアレンジの方法は以下の通りです。

鮭とチーズのリゾット

①鮭を小さく刻み、出汁で煮込んだ白米に混ぜ合わせます。器に盛る時は出汁汁を切っておきます。

②耐熱容器に入れ、上に少量のチーズをトッピングし、加熱します

③十分に粗熱を取り完成です。

白米があるので十分な満足感があり、晩御飯にもピッタリな一品が完成します。

鮭の食感に少しずつ慣らすために、鮭の刻み具合を調整し、無理なく幼児食を進めます。幼児食後期には、或る程度の大きさのある鮭のサイズのままで食べる事が出来るように工夫を重ねます。

鮭と野菜とチーズのホイル焼き

①鮭やブロッコリー、茹でたじゃがいも、スライスした人参など食べやすいサイズに刻みます

②アルミホイルで包み、上にチーズをトッピングします

③オーブントースターで加熱します

④風味豊かなホイル焼きの完成です。

中身の野菜を工夫すると、ホイルを開ける時の楽しみ感が増し、楽しい食事時間を過ごせます。この他にも苦手意識を持ちがちな料理の時はチーズを活用すると意外にも簡単に克服できるものです。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ