アレンジ自在なチャーハンは、苦手克服、時短に大活躍

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

いつも同じメニューが並んでしまう、材料が少量ずつあまってしまっている、忙しいという時に簡単に出来るチャーハンが強い味方です。味付けや盛り付けをアレンジするだけで、いつもと同じメニューがパッと華やいだ印象に代わります。

苦手な緑黄色野菜は、チャーハンに華やかさを追加します

栄養価は高いものの単品ではなかなか食が進まない食材が緑黄色野菜です。緑黄色野菜は色が濃いほど栄養価が高い食材です。

色が濃い野菜の代表格といえば下記の通りです。

①ほうれん草

②小松菜

③青梗菜

これらは大人でも苦手意識を持つことが多いので、幼児にはなおのことです。これらの食材を小さく刻み、チャーハンに混ぜ合わせると意外にもスムーズに完食できるものです。

このような風味の濃い食材は、他食材より先に肉や魚と一緒に炒めたり、卵と一緒に炒め卵でとじてしまいその後に他の具材を混ぜ合わせると、風味がまぎれさほど意識せずに済みます。苦手な食材があるのは大人でも同様です。苦手な食材を克服するためには、まずは意識せずに食べる事から始めます。調理の際は一見で認識できないほどに小さく刻み、存在を消します。もちろん風味も栄養も残るので手間はかかるもののこの工夫は効果があります。

その後、家庭の味として幼児が馴染んでからは、次第に食材を刻むサイズを大きくしたり、食事の中で具材にどのような物が入っているかを話題にします。

幼児期にいかにたくさんの食材を口にするかで、その後の味覚の発達、偏食の予防に大きな効果があります。大人の先入観で食材を選び、偏った食生活になってしまうのではなく、栄養バランスを第一に考える必要があります。

幼児食として様々な食材の工夫を重ねる中で、大人自身の食への抵抗感、苦手意識が薄れ、同時に偏食を改善出来ることもあります。

苦手な魚もチャーハンなら完食できる

幼児が苦手とする食材に魚があります。魚の中でも脂身が多く、風味の強い鮭は食べる事が出来ても、鮭以外の種類が苦手という事もあります。中には口には含むものの飲み込めないと吐き出すこともあります。

魚の食感、見た目、風味が苦手という時は、チャーハンの具材として混ぜこむ方法が効果的です。チャーハンに魚を入れる時は、同時に子供が好む食材も入れ、容器や盛り付けにも工夫をします。目の前にあるチャーハンの印象を魚入りという事から、見た目が華やか、可愛いいという観点に切り替え、食へのモチベーションを高めます。このような単純な工夫も幼児食においては大きな効果があります。

栄養バランス、偏食の予防という観点から、幼児にも魚を積極的に接取させたいと考えてもなかなか思うように進まず頭を抱える事があります。幼児が魚を毛嫌いする理由には様々な内容がありますが、中には魚の形状が苦手という事もあります。魚を姿焼きのまま食卓に並べる事とチャーハンにアレンジをして食卓に並べるのでは、栄養の接取という意味では大差がありません。まずは魚への抵抗感をなくし、食感、風味に慣れる事を優先して考えます。この下地が出来ていれば、成長と共に姿焼きのままでも完食が出来る様になります。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ