これを選べば安心!幼児食の作り方と適した食材とは

これを選べば安心!幼児食の作り方と適した食材とは

子どもにはきちんとした幼児食を食べさせたいものですが、作るとなると難しいのが難点。大人と同じものを食べていいのかなど悩んでいる方も多いかもしれません。では、幼児食はどのような食材を使い、どう作ればいいのでしょうか。今回は幼児食の作り方や適した食材についてご紹介します。

幼児食を食べるタイミング

離乳食から大人の食事までの間の食事である幼児食は、何を目安に食べさせればよいのでしょうか。

1~1歳半を過ぎるころ

幼児食を始めるのは、通常1~1歳半を過ぎるころから食べさせるものとされています。

目安としては、一日三度の食事に慣れていることや、奥歯で食べ物をすりつぶして飲み込むことができるようになっていること、水分などの飲み物をコップから飲めるようになっていることなどが挙げられます。

ただし、子どもの成長には個人差が大きいもの。年齢はあくまでもひとつの目安です。

そのため、子どもの成長に合わせて提供するのがよいでしょう。

1~2歳児の1食分のカロリー摂取目安は300kcal、3~5歳児の1食分のカロリー摂取目安は400kcal

幼児食は、離乳食を卒業したあと、大人と同じものが食べられるようにする準備期間。しかし、この時期は子どもの成長にも重要な時期です。そのため、しっかりした栄養を取らせたり、たくさん食事を与えたりといったことに目が行きがちですが、食べ過ぎると肥満も心配になるものです。

もし食べる量が分からないというときには、カロリーを基準にするという方法もあります。

一般的に、1~2歳児の1食分のカロリー摂取目安は300kcal、3~5歳児の1食分のカロリー摂取目安は400kcalといわれています。そのため、もし食べる量が分からない場合、これらのカロリーが足りているか、取りすぎていないかを考えるとよいでしょう。

ただし、このカロリーも目安のひとつ。綿密なカロリー計算はかなり面倒なものでもあるため、あくまでも基準のひとつと考えるとよいでしょう。

食欲がない、食べ過ぎたときは翌日の食事で調整する

子ども限らず、人間はその日の体調や天候によって食欲が左右されるもの。また、環境によっても食欲が上下します。

特に幼児食は、子どもに食の楽しみを教えるという役割もあります。そのため、食べたくない子どもに無理に食べさせたり、食べたいという子どもから無理に食事を取り上げたりする必要はありません。

もし食欲がない、食べ過ぎていると感じたときには翌日の食事で調整するとよいでしょう。

幼児食をつくるときのポイント

幼児食は大人と同じ食事を食べられるようになるための準備の期間です。そのため、幼児食を作るときには大人の食事とは異なるポイントに注意が必要です。

3食+おやつで1日の栄養を摂る

幼児食期の子どもはまだまだ胃腸が未発達です。そのため、一度にたくさん食べられないということも少なくありません。

そんなときには、食事だけでなく、おやつや間食で必要な栄養素を摂取する必要があります。

おやつというとできるだけ食べさせたくないと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、幼児食期にはおやつも立派な栄養源です。さらに規則正しい時間におやつや間食を与えることは、生活と身体のリズムを整える効果もあります。

塩分を控える

塩分は人間が生きるうえで必要不可欠なものですが、取りすぎは身体によくありません。特に身体の小さな幼児の場合、大人よりも塩分摂取に注意する必要があります。

目安となるのは、1~2歳の男子では3グラム未満、女子では3.5グラム未満、3~5歳の男子では男子が4グラム未満、女子では4.5グラム未満。

また、この時期に塩分の強い食事を与えていると、大人になっても塩分の強い食事を好むようになってしまいます。その場合、生活習慣病などのリスクも高まるため、塩分摂取には注意を払ったほうがよいでしょう。

出汁や食材の味を活かすと、塩分が少なくても美味しい食事を提供することができます。

歯ごたえに差をつける

子どもにとって、食材の味だけでなく歯ごたえも重要です。もし同じような歯ごたえや食感のものばかりだと、めりはりがなくなり食事が楽しくないと感じてしまうこともあります。

メニューの中に歯ごたえのあるものを少量でも加えると、食事に飽きることを防ぐことができます。

幼児食に適した食材

それでは、実際の幼児食にはどのような食材が適しているのでしょうか。

うどん

うどんは離乳食の初期から食べられる便利な食材。スーパーやコンビニで簡単に手に入り、メニューのアレンジも豊富なので、バランスの取れた食事を作るときに向いています。

かけうどんなどの場合には、最初に子ども用の薄味のものを作り、その後大人向けの味付けをすると、手間が少なくなるだけでなく、親子で同じメニューを食べることができます。

緑黄色野菜…かぼちゃ、ほうれん草など

幼児食には豊富な栄養が必要ですが、おすすめはかぼちゃやほうれん草といった緑黄色野菜。

緑黄色野菜に含まれるビタミンAやカロテンは、粘膜を強化して風邪などの予防に役立ちます。特にかぼちゃは柔らかく、甘い食材なので子どもにもぴったりです。

海藻類

海藻類も幼児食に向いた食材です。海藻には様々な栄養素が含まれていますが、特に食物繊維が豊富なので、腸内環境を改善して便秘を防止してくれます。

ただし、大きすぎる状態では子どもにとっては食べにくいため、できるだけ細かくして提供することが必要です。

幼児食に適さない注意食材

大人にとっては普通のものでも、幼児食に使うときには注意したい食材もあります。

加工食品

ソーセージやウインナーなどは子どもが好む食材ですが、予想以上に塩分が高いものもあります。また、これらの食材には保存料も含まれているものが多く、幼児食には不向きといえます。

幼児食の完了期に提供する場合にも、塩分の低いものや食品添加物不使用のものなどを選ぶか、手作りするとよいでしょう。

噛みきれにくいもの

幼児食期の子どもは胃腸だけでなく、あごも未発達で咀嚼力も強くありません。そのため、もし髪切れにくいものを食べてしまうと、のどに詰まってしまったり、誤嚥してしまう可能性もあります。

そのため、いか、たこ、こんにゃくなどの髪切りにくい食材は避けたほうがよいでしょう。

もし食べさせる場合には、細かく刻んで提供することもできますが、あまり無理はせず、食べやすい食材を選ぶのが無難です。

かまぼこ、ちくわ

かまぼこ・ちくわもソーセージやウインナーと同様に食品添加物や塩分が多く含まれています。

そのため幼児食期には避けたほうがよいでしょう。また、つなぎに卵が使われていることもあるため、アレルギーなどにも注意が必要です。

糖質・脂質が多い物

ケーキ、スナック菓子、ファーストフードなどは子どもの好む食べ物ですが、あまり糖質や脂質が多い場合、肥満につながることもあります。

また、ジュースなどにも多くの糖分が含まれているため、摂取するときは量にも注意しましょう。

細菌感染が心配されるもの

子どもはまだまだ細菌への抵抗力が弱いため、刺身などの生ものは避けたほうがよいでしょう。

また、卵を生で食べると細菌による食中毒の原因となることもあります。

まとめ

幼児食は子どもの成長にとって非常に重要です。子どもに食事の楽しさを教える役割もあるため、使用する食材や味付けには注意が必要です。

幼児食資格

幼児食について

幼児食資格
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ