お祝いの席にぴったりな特別メニュー「ちらし寿司」

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

幼児期のお祝いメニューに迷った時は、ちらし寿司がおすすめです。市販のケーキでは糖分が高すぎる上に、まだ幼児には食べさせていない、食事を楽しんでほしい、年配の家族と分け合いたいと様々なニーズに対応が出来るおすすめのメニューです。

ちらし寿司でお祝いをする日本の食文化

ちらし寿司は本来日本で古くから伝わるお祝い膳の一つです。季節やお祝い事に合わせて具材を工夫し、それぞれの家庭、地域の味が代々伝わっています。

ちらし寿司を用いてお祝いをする席は下記が一般的です。

①ひなまつり

②女の赤ちゃんの誕生

③地域伝統の季節行事

実はちらし寿司は各地域によって様々な文化があり、お正月のおせち料理の様に季節が限定された料理ではありません。古く江戸時代には、庶民の日常の食卓に並ぶこともあったほどです。

その後、見た目の華やかさなどから、ひなまつりのお祝いの席に重宝されるようになったと言われています。

ちらし寿司の具材にはそれぞれの素材に込めた思いがあります。

具材に込められて意味合いは下記の通りです。

①海老(長生き)

②れんこん(見通しがきく)

③豆(まめに働ける)

④菜の花(春らしさ)

この様に食材それぞれに意味を持たせる文化は日本の食文化ならではです。ぜひこのような素晴らしい文化は継承していきたいものです。

ちらし寿司を用意するときは、併せて下記の献立も用意することが伝統とされています。

①はまぐりのお吸い物

②菱餅

③甘酒

はまぐりのお吸い物は日常の食卓に並ぶ機会が少なく、幼児が食べるのも難しい食材ですが、あくまでも伝統文化であり、大人用メニューとして考えます。はまぐりという貝は、対になる貝以外と重ねても決してぴったりと重なることがありません。その為、女の子が将来の伴侶となる相手を見つけ、末永く添い遂げるようにという想いを込めていると言われています。

核家族が増え、食文化が多用化する中で、ちらし寿司もパーティメニューとしてカジュアルに楽しむ機会が増えていますが古くからの食文化を知っておくこともとても大切なことです。食文化の基本を知ったうえで、その時のお祝いの雰囲気に合わせてアレンジを加え、現代風に楽しみます。

幼児食ちらし寿司の工夫

ホームパーティや誕生日会、お祝いの席に華やかで、大勢で楽しむことができるメニューとしてちらし寿司が注目を集めています。

サーモンの刺身や錦糸卵、ロースハム、野菜などを活用しキャラクターの模様を描いたり、ひな人形の形を作ったり、中にはサンタクロース風に仕上げるアイデアレシピもあります。

幼児用にちらし寿司を作る時のポイントは下記の通りです。

①すし飯にせず、白米のまま調理をする

(寿司酢を食べなれていない場合)

②生ものを装飾に使用する場合は、衛生管理、実食までに時間を考え、慎重に扱います

③ピック(楊枝)を使用する時は、必ず本数を事前に把握し、幼児の思わぬ事故が起こらぬように注意が必要です

④すべての具材は細かく刻むと幼児が食べやすく、楽しみながら食事が出来ます

一時は古びた伝統文化と思われていたちらし寿司ですが、最近は新たな楽しみ方が増え、人気の幼児食メニューとなっています。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ