ヨガ資格取得講座 | 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
0120-757-592
(平日9:30〜18:00)
ヨガインストラクターになるには?資格の種類や取得方法を解説資格取得講座
ヨガインストラクターjp

ヨガインストラクターになるには?資格の種類や取得方法を解説

健康にいい「ヨガ」。
このヨガを教えてくれる「ヨガインストラクター」をご存知ですか?
ヨガスタジオやフィットネスジムで綺麗なヨガポーズをとりながら生徒に教えている姿はかっこいいですよね。
「ヨガインストラクター」になるためにはどうすればいいのでしょうか?
この記事ではヨガインストラクターになる方法や資格・仕事内容までご説明していきます。

目次

01ヨガインストラクターとは?

ヨガインストラクターは「健康ヨガ」の正しいやり方を教える職業です。ヨガスタジオやヨガ教室など活躍の場はさまざま。
ヨガのポーズや呼吸法だけではなくヨガの魅力や楽しさを伝えることもヨガインストラクターの仕事のひとつです。生徒の年齢やレベルに合わせてレッスン内容を考え指導していきます。

02ヨガインストラクターになるには資格が必要?

ヨガインストラクターに国家資格はありません。つまり誰でも「ヨガインストラクター」と名乗ることができるのです。
しかしヨガに対する知識や経験がないのにインストラクターとして働くのは難しいと思います。何かヨガインストラクターの資格を持っていることがインストラクターとして働く最低条件と言ってもいいかもしれません。
十分なヨガの知識や経験があると証明するためにも、民間団体が認定しているヨガインストラクターの資格は取っておいた方がいいでしょう。

03ヨガインストラクターになるための2つの方法

ヨガインストラクターになるための2つの方法
民間資格を取得する方法は大きく分けて二つあります。順番にご説明していきますね。

3-1養成スクールに通って資格を取得する

ヨガインストラクターの養成スクールに通って資格を取得する方法です。ヨガに関連するいくつかの団体が主催するスクールや養成コースでは、最短数日から簡単なアシスタント程度の資格を取得することも。
通える範囲にスクールがあり、指導員に直接教えてもらいたい方にはこちらがおすすめです。

3-2通信講座で資格を取得する

通信講座を受講してヨガインストラクターの資格を取得することができます。自宅にいながら自分のペースで学ぶことができるので、様々な事情でスクールに通えない人もヨガを学べます。
通信講座の「諒設計アーキテクトラーニング」では卒業と同時に資格が取れるコースがあります。資格協会認定教材を使用しており、空いた時間を活用して無理なくヨガインストラクターの資格が取得できますよ。詳しくはこちらでご説明しています。

04ヨガインストラクターの資格の種類

ヨガインストラクターの資格と言ってもさまざまな種類があります。ヨガに関する協会ごとに資格があるのです。
ここからはどのような種類があるのか代表的なものをピックアップしてご説明していきます。

4-1日本インストラクター技術協会(JIA)

日本インストラクター技術協会が資格認定を行っている「ヨガインストラクターjp」があります。ヨガの歴史や効果などヨガの基礎知識から実践的な知識まで身につけている方へ認定される資格です。
資格取得後は講師として活動することができます。
こちらの資格は先ほどご紹介した「諒設計アーキテクトラーニング」でも取得可能です。
詳しくはこちらをご覧ください。

4-2日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)

日本メディカル心理セラピー協会が主催している認定資格が「ヨガライフセラピスト」。自分自身の心や体に意識を向け、ヨガの効果を高めて心から美しくなれるようセラピストとして活動できる方へ認定されています。ヨガの基礎知識だけでなく心を落ち着かせるヨガを身につけている方が取得できます。
「セラピスト」なので通常のヨガインストラクターとは異なり、相談者の悩みを解決するためにコンサルテーションできることが特徴です。
こちらの資格も「諒設計アーキテクトラーニング」の通信講座を受講して取得することができます。
興味のある方はこちらを見てくださいね。

4-3全米ヨガアライアンス

全米ヨガアライアンスでは「RYT200」や「RYT500」という認定資格があります。「RYT200」は全米ヨガアライアンスが認める200時間指導を受けたヨガインストラクター認定資格です。「RYT500」は「RYT200」の上位資格で、さらに300時間学習を積みます。
「RYT500」では上級ヨガのテクニックや実践だけではなく機能解剖学や生理学、さらにヨガ哲学など倫理面などもカリキュラムに組み込まれます。
全米ヨガアライアンスは世界で最も知名度の高いヨガ協会。国際ライセンスとして位置づけられているので、海外でも活躍したい方はこちらの資格は取っておいた方がいいでしょう。

4-4認定NPO法人日本ヨガ連盟

認定NPO法人日本ヨガ連盟では「インストラクター」と「ティーチャーインストラクター」の二つの認定資格があります。
インストラクターは7日間インストラクター養成講座を受講すれば取得可能です。一方ティーチャーインストラクターはヨガの指導を行うだけでなく、指導方法やスキルなどを広め後任を育成したい方の資格になります。

4-5一般社団法人全日本ヨガ協会(AJYA)

全日本ヨガ協会が認定する資格に「AJYAヨガインストラクター」があります。
1級〜3級まであり、2級取得で協会認定教室の独立開設が、1級を取得すれば協会認定スクール独立開設が可能です。

4-6一般社団法人日本ヨガインストラクター協会(JYIA)

日本ヨガインストラクター協会では1級・2級・3級のJYIA認定ライセンスがあります。
この協会ではスクールも行っており、スクールのプログラム終了後にJYIAの受験資格を得ることができます。

05ヨガインストラクターの活躍の場は?

ヨガインストラクターの活躍の場は?
ヨガインストラクターの資格についてお話してきましたが、ヨガインストラクターってどこで働いているのでしょうか?
ヨガスタジオだけじゃないヨガインストラクターの活躍の場について説明していきます。

5-1ヨガスタジオでインストラクター

一番多いのがヨガスタジオやヨガスクール・フィットネスジムでインストラクターとして働くことです。
主婦層をターゲットとしたクラスを担当すると昼間に。仕事帰りのOLをターゲットとしたクラスを担当すると夜が主な仕事時間になります。

5-2老人ホームや病院などで出張ヨガ

最近は妊婦さんを対象としたマタニティヨガや高齢者の方が楽しめるヨガなど、さまざまな場所でヨガ教室が行われています。
幅広い年齢層で楽しめるヨガ。高齢者の方にとって無理なく体を動かすことができ、体と心のバランスが取れるヨガはこれからますます需要が高まっていくと思いますよ。

5-3自宅でヨガ教室を開く

自宅でヨガ教室を開くこともできます。自宅ではなく、近くのスタジオを借りて自分のヨガ教室を開いている方も。
生徒さんをお家に招いてレッスンを行うこともできますが、最近はオンラインレッスンを行う方も増えているようです。

06ヨガインストラクターの今後の需要は?

日本で2000年代以降長く続いているヨガブーム。今後のヨガインストラクターの需要はどうなのでしょうか?
ヨガは美容やダイエットに関心のある若い女性だけではなく、健康を意識している中高年の女性や美容意識の高い男性にもニーズがあります。
生徒のニーズが多様化する中、きちんとニーズに対応できるヨガインストラクターの需要が高まっています。個人の実力が重視されるヨガインストラクターの世界。確かなスキルを身につけ柔軟に対応できるよう、貪欲に探究心をもち続けることが大切になっていくでしょう。

07ヨガインストラクターになるには「諒設計アーキテクトラーニング」がおすすめ

ヨガインストラクターになるための資格や方法についてお話してきました。資格取得方法はさまざまですが、無理なく自分のペースで学びたい方は通信講座の「諒設計アーキテクトラーニング」がおすすめです。
「諒設計アーキテクトラーニング」の「ヨガインストラクターjpW資格取得講座」では「ヨガインストラクターjp」と「ヨガライフセラピスト」のダブルライセンスが取得可能です。
1日30分程度の学習で初心者でも約6ヶ月無理なく学ぶことができ、短期集中で頑張りたい方は最短2ヶ月で資格取得も!
通常は講座終了後に試験を受けて資格取得できるのですが、「ヨガインストラクターjpW資格取得講座」には講座終了と同時に試験免除で資格が取得できるスペシャル講座もあります。
興味のある方はぜひこちらをご覧ください。

08まとめ

ヨガインストラクターになるためには国家資格はありませんが、認定資格を取得しておいた方がいいと思います。さまざまな認定資格がありますが、自分の目指したいインストラクター像に近いものを選ぶといいのではないでしょうか。
ヨガインストラクターの活躍の場はヨガスタジオやスクールだけではありません。幅広い年齢層で楽しめるヨガはさまざまな場所で教室が開かれています。
今後多様化する生徒のニーズ。このニーズに柔軟に応えられるヨガインストラクターが求められます。
ますます活躍の場が広がるヨガインストラクター。まずは自分にあった資格取得方法を考えてみてくださいね。

この講座は!プロの監修を受けています!

講座のテキスト、問題集や添削課題と共に、プロの先生によって監修されています。
浜北恵 先生
自宅サロン運営
1976年生まれ。埼玉県出身。十数年のアパレル業界での販売、そしてブランドの40店舗総括する管理職を経験。忙しい日々と大きなプレッシャーで心身ともに健康であることが必要だと思うようになり、スポーツクラブでインストラクターの道へ。

20,000人以上が受講申し込みしている諒設計アーキテクトラーニングの通信講座
あなたも早速受講して、資格を取得しましょう!
あなたも資格取得へ!
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座で最短資格取得
関連記事を見る
無料資料請求
受講お申し込み