薬膳鍋の簡単レシピ。むくみ、冷え、風邪など効能も沢山!

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

薬膳の調理方法

薬膳にも焼く、炒める、煮る、揚げる、ジュースやお茶、お酒にする。といった様々な調理方法がありますが、この中でもスープ(鍋)にすると、食材の効能がしっかりとスープに溶け込む特徴です。そして中医学では「五性」と呼び温度に関わる性質で分類出来ます。
各食材には体を温める「熱性・温性」羊肉、唐辛子、シナモン、生姜、海老、いわしなど。身体の熱を冷ます「涼性・寒性」冬瓜、大根、トマト、豆腐、豚肉、れんこんなど。冷やしも温めもしない「平性」鶏卵、人参、椎茸、キャベツ、春菊、山芋、さんまなど。があります。そしてこの性質は組み合わせや調理方法でも変化します。身体を温めたい時は、温かい状態にしていただくことで平性は温性、涼性は平性に近づきます。寒涼性のものに、平性・温熱性のものを組み合わせれば身体を冷やし過ぎることもありません。食材の、味、効能なども考慮して組み合わせ、調理方法を選ぶと良いでしょう。

使用する食材・生薬の五性と効能

今回ご紹介するレシピに使用している食材の「五性」と「効能」は下記の通りです。身体を温めながらこのような効能を得ることができます。
<温性・熱性>身体を温めてくれる食材
【生姜】風邪、新陳代謝、アンチエイジング、冷え、むくみ、ダイエットなど。胃腸の調子も整えます。
【鶏肉】疲労回復、食欲不振、下痢、不正出血など。腸の調子も整えます。

<平性>温めたり・冷やしたりしない。体質を選ばずに食べられる食材
【人参】風邪、貧血、冷え、便秘、視力回復、乾燥肌、むくみなど。
【さつまいも】免疫力向上、風邪、便秘、肌荒れ、むくみ、高血圧など。
【里芋】便秘、下痢、アンチエイジング、腎臓病、糖尿病、打ち身、捻挫、肩こり、やけど、虫刺されなど。
【エリンギ】免疫力向上、ダイエット、便秘、肌荒れ、むくみ、ストレスなど。
【春菊】高血圧、痰、咳、のぼせ、貧血、動脈硬化・がん予防など。
【豆乳】口の渇き、咳、便秘、美肌、ストレスなど。

<涼性・寒性>身体の[熱]を冷ましてくれる食材
【冬瓜】利尿作用、 解毒作用、ダイエット、便秘、むくみ、美肌など。
【大根】消化不良、発熱、頭痛、のぼせ、二日酔い、胃酸過多、胃炎、胃潰瘍、咳、便秘など。
【れんこん】鎮静、消炎、痰、咳、二日酔い、下痢、鼻血、鼻炎、鼻づまり、肌荒れなど。
【昆布】肥満、整腸作用、便秘、下痢、高血圧・甲状腺、結核、血栓、しこりなど。

薬膳「冬瓜おろしの根菜豆乳鍋」のレシピ

【材料】4人分
鶏肉(骨付ぶつ切り):500g
冬瓜:1kg
大根:400g
人参:2本
れんこん:200g
さつまいも2本
さといも:8個
エリンギ:1パック
春菊:1束
水:2L
塩麹:大さじ3
淡口醤油:大さじ3
酒:大さじ2
昆布:10cm角
豆乳(牛乳でもOK):100CC
粗挽き胡椒:適量
生姜(すりおろし):適量
【作り方】
1. 下準備:鶏肉は、塩麹を揉み込み3時間以上かけてなじませる。昆布は鍋に入れ水に1時間以上つけておく。里芋は皮を剥く。春菊は根を落とし半分・えりんぎは縦4等分にカット。冬瓜は、皮と種を取り除いてすりおろす。人参は長さを半分にし縦4つにカット。大根は1cmの半月切り。さつまいもは、1cmの斜め切り。蓮根は1cmの輪切り。
2.昆布を入れている鍋に鶏肉を加え30分ほど煮込み、春菊以外の具材を加え更に8分煮る。次に、冬瓜、酒、しょうゆ、を加え5分煮る。最後に、豆乳、胡椒、春菊を加え、火が通った具材から、おろし生姜を添えていただきましょう。
【ポイント】
冷え、むくみ、疲れ、ストレス、肌荒れ、風邪、便秘、不眠、アレルギー、のぼせなどに効果のある薬膳レシピです。「冬瓜」は利尿作用があるので水分代謝の改善。むくみ。風邪。肌荒れなどに有効です。同時に「寒性」で体の余分な熱を冷ます性質がありますので、冷えが気になる方はこのように温かくしていただきましょう。更に、温熱性の身体を温める「生姜」などの食材を加え一緒に摂ることで冷えの改善もできます。体調や体質に合わせて具材なども選んでみて下さい。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

漢方・薬膳の資格が取れる!!
漢方・薬膳資格

漢方・薬膳
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

漢方・薬膳資料 漢方・薬膳

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ