薬膳レシピ┃免疫力アップ&がん予防!

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

免疫力強化・抗ガン作用のある食材・生薬とは

薬膳は、食べる人の体質・体調に合わせて食材や調理法を選び作るものです。これを続ける事で臓腑の機能も向上。そして免疫力や、自然治癒力を高め、日々の健康を保つ、疾病の予防、あらゆる症状の緩和・治療。体質の改善などに繋がります。今回は「抗がん作用」のある食材・生薬をご紹介いたします。
【がん予防にオススメな食材・生薬】
ブロッコリー、きくらげ、にんじん、たまねぎ、大根、れんこん、山芋、南瓜、トマト、きゅうり、ゴーヤ、カリフラワー、キャベツ、ちんげんさい、ニンニク、唐辛子、梨、キウイフルーツ、パパイヤ、はとむぎ、大豆、胡麻、くるみ、落花生、クコの実、菊花、サンザシしいたけ、牛肉、羊肉、アヒル肉、すっぽん、鯉、なまこ、鶏卵、お酢、ココア、緑茶、冬虫夏草、松花粉などが効果的です。

効能を高め合う食材の組み合わせ方

食材には組み合わせることで、より効能が高まるものもあります。今回ご紹介するレシピに使う食材などを中心に効能と合わせてご紹介します。

<【百合根】との組み合わせ>
・不眠の改善には、+「蓮の実」
・咳を止めたい時は+「蜂蜜」
・気分が沈むときには+「金針菜」
<抗がん作用の効果を高める組み合わせ方>
【ブロッコリーに組み合わせる】
ブロッコリー+ 「しいたけ+にんにく」、トマト、カリフラワー、アスパラ、グリンピース、山芋、ほうれん草、じゃがいも、茄子、人参、白菜、カブ、インゲン、さやえんどう、大葉、林檎、みかん、グレープフルーツ、苺、胡麻、タコ、ホタテ、いか、うなぎ、米、赤ワイン、緑茶など。
【人参に組み合わせる】
人参+ 牛蒡、白菜、かぶ、キャベツ、チンゲンサイ、茄子、ニラ、セロリ、蓮根、菜の花、三つ葉、さつまいも、アスパラガス、柚子、レモン、みかん、ひじき、えのき茸、米、海苔、たら、いわし、ホタテなど。
【きくらげに組み合わせる】
きくらげ+ キャベツ、もやし、モロヘイヤ、さやいんげん、菜の花、柿、キウイ、いわしなど。
【銀杏に組み合わせる】
銀杏+ 大根、イチジク、林檎、レモンなど。
【その他の食材を組み合わせる】
「あしたば+りんご」 「里芋+たけのこ+干し椎茸」 「ざくろ+キャベツ」 「椎茸+キャベツ」など。
<免疫力強化の効能を高める組み合わせ方>
「あしたば+にんにく」 「銀杏+干し椎茸」 「びわ+焼酎」など。

薬膳「百合根とブロッコリーの煮物」のレシピ

【材料】4人分
ブロッコリー:150g
キクラゲ: 5g
百合根:50g
人参:100g
鶏がらスープ:100cc
牛乳:10cc
塩:適量

【作り方】
1. 下準備:ブロッコリーは、食べやすいサイズに小分けしたら、軽く塩茹でして水気を切っておく。キクラゲは、ぬるま湯で戻してから石づきを切り落とす。にんじんは3cmの表紙切り。百合根は外側から1枚ずつ外してから水洗いをしておく。
2. 鍋に鶏ガラスープを入れて火にかける。煮立ったら、キクラゲ、人参、百合根を加え5分ほど煮込みます。
3. 更にブロッコリー、牛乳を加え、塩で味を整え混ぜたところで火を止め、完成です。

【ポイント】
免疫力を高め、抗がん作用もある「きくらげ・ブロッコリー・人参」を使ったレシピです。そして「百合根と人参」を組み合わせることで相乗効果が高まり、より吸収しやすくなります。

人気の通信教育はこちら

漢方・薬膳の資格が取れる!!
漢方・薬膳資格

漢方・薬膳
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

漢方・薬膳資料 漢方・薬膳

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る