薬膳ドレッシングの簡単レシピ【温野菜にかけて妊活・冷え改善!】

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

冷えには生野菜より温野菜

中医学で冷えは「万病の元」とされています。冷えは腸の働きを低下させてしまいますし、頭痛、腰痛、関節痛、肩こり、下痢、不眠、生理痛、不妊など様々症状がでてきます。特にこれからの季節はこの症状が強く表れます。冷えの原因となるのは、運動不足、薄着、過度のダイエット、そして「食生活」などがあります。「五性」といいますが、全ての食材は大きく分けて、温熱性:身体を温める作用があるもの・寒涼性:冷やす作用があるもの・平性:温めも冷えもしないもの。に分類されます。熱感、のぼせ、ほてりなどの症状がある場合は余分な熱を冷ましてくれます。しかし、通常の状態の方や冷え性の方が「寒涼性の食材」や「冷たい食べ物」ばかりを普段から大量に摂取していると、冷え性体質になりやすい、または冷えが悪化するので注意が必要です。
この冷たい食べ物の中には「生野菜」も含まれます。生野菜にはビタミンの破壊が少なくメリットもありますが、冷えが気になる方は断然「温野菜」の方がオススメです。食材は温かい状態で食べることで身体を温める効果が上がりますし、寒涼性の食材は平性。平性の食材は温熱性へと性質が変化しますので、もし、生野菜を食べる時は身体を温める温熱性の食材と一緒に摂る、温かいソースをかける、食べた後に身体を温める飲み物をいただく。など工夫すれば冷えすぎを防げます。

身体を温める食材

身体を温めてくれる食材をご紹介します。冷えが気になる方や寒い季節には、体質・体調などに合わせながら積極的に取り入れてみてください。
生姜、ニンニク、大葉、ネギ、パセリ、玉ねぎ、人参、かぶ、ごぼう、南瓜、山芋、さつまいも、れんこん、ピーマン、ニラ、グリーンアスパラガス、大豆もやし、小松菜、菜の花、よもぎ、なた豆、インゲン、マッシュルーム、ひらたけ、えのき茸、羊肉、鶏肉、牛肉、海老、いわし、かつお、太刀魚、鮭、穴子、なまこ、ムール貝、うなぎ、鮎、らっきょう、桃、さくらんぼ、きんかん、ザクロ、ライチ、胡麻、くるみ、松の実、栗、もち米、味噌、黒砂糖、水飴、酢、酒、酒粕、胡椒、山椒、わさび、唐辛子、マスタード、バター、シナモン、ナツメ、ナツメグ、茴香、八角、紅茶など。

「薬膳ドレッシング3種」のレシピ

【材料】
< くこの実ドレッシング >
クコの実:大さじ2
塩麹:大さじ1
レモン果汁:大さじ1
りんご酢:大さじ1
はちみつ:小さじ2
オリーブオイル:大さじ2
塩、胡椒:少々
素材: 大さじ

<和風たまねぎドレッシング>
たまねぎ: 小1/2個
にんにく: 1片
酢:小さじ1
みりん:大さじ1
はちみつ:大さじ1
しょうゆ:大さじ2
酒:大さじ2
昆布茶:小さじ1
サラダオイル:小さじ1/4
塩、胡椒:少々

< 味噌ドレッシング >
味噌:大さじ2
はちみつ:大さじ1
みりん:大さじ1
リンゴ酢:大さじ2
ごま油:大さじ2
白すりごま:大さじ1

【作り方】
< くこの実ドレッシング >
1. クコの実を水につけて戻し「実」と「つけ汁」にわける。
2. クコのつけ汁(大さじ1)に、クコの実以外の材料を全て加えて混ぜる。最後にクコの実を加え完成です。

< 和風たまねぎドレッシング >
1. 玉ねぎと、ニンニクをすりおろし鍋に入れる。醤油、酒、みりん、蜂蜜を加え火にかけて混ぜる。沸騰したら弱火にしてアクを取りながら5分程煮込む。
2. 火を止め、昆布茶を加え混ぜたらボウルに移す。そこに、酢とサラダオイルを加え、塩・胡椒で味を整えたら完成です。

< 味噌ドレッシング >
1. 全ての材料を入れ、味噌がしっかり溶けるまで混ぜあわせたら完成です。

【ポイント】
玉ねぎ、にんにく、胡麻、味噌、酢、酒、胡椒と温熱性の食材も組み合わせた、温野菜にピッタリのドレッシングです。また、レモンは二日酔い、疲労回復、美肌効果がありますし、香りで気の巡りも良くしてくれますので不安感や喉のつかえなどが緩和されます。クコの実は血行促進、ホルモンバランスの調整、アンチエイジング、ダイエット、疲労回復、眼精疲労などにも効果的です。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

漢方・薬膳の資格が取れる!!
漢方・薬膳資格

漢方・薬膳
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

漢方・薬膳資料 漢方・薬膳

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ