薬膳スープの簡単レシピ┃健忘・不眠・自律神経の乱れに!

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

心・脾のはたらきを整える

中医学で考える、健忘(物忘れ)不眠など自律神経の失調には、精神活動の根源である「心」と、消化吸収・水分代謝・気血を全身に巡らすはたらきをする「脾」の養生が効果的です。今回はこの「心・脾」のはたらきを整え、症状の予防・改善に効果的な食材・食べ合わせ・レシピなどをご紹介します。

心・脾・健忘・不眠に効果的な食材と食べ合わせ

【心を養う食材】
鶏卵、牛乳、赤ワイン、珈琲、紅茶、緑茶、ウーロン茶、ジャスミン、青梗菜、百合根、蓮の実、玄米、小麦、牡蠣、しじみ、あさり、いわし、アーモンド、ココナッツなどが、心に働き精神を安定させてくれます。

【脾を健やかにする食材】
海老、豚肉、豆腐、大豆、鶏肉、いんげん豆、米、もち米、大麦、粟、椎茸、舞茸、しめじ、きくらげ、栗、蓮の実、なつめ、さば、かつお、鮭、ぶり、生姜、しそ、香菜、じゃがいも、山芋、さつまいも、南瓜、キャベツ、人参などが、脾の働きを整え「気」も補ってくれます。

<健忘の改善に効果的な食べ合わせ>
「くるみ+なまこ・うなぎ・かつお・大豆・胡麻」
「ワカサギ+ほうれん草」
「クコの実+龍眼・すっぽん」
「白きくらげ+豚肉」

<不眠の予防・改善に効果的な食べ合わせ>
「春菊+白菜・レタス・クコの実・苺・牛乳・桜えび」
「レタス+胡麻・大葉・牛乳・牡蠣」
「ローリエ+チコリ・レタス・牛乳」
「百合根+白きくらげ・蓮の実・梨」
「龍眼+蓮の実・白きくらげ」
「鶏卵+蜂蜜・ブロッコリー」
「にんにく+ニラ」
「豚肉+山芋+クコの実」
「なつめ+グレープフルーツ」

薬膳「梨と豆腐の団子スープ」のレシピ

【材料】4人分
むきエビ:100g
豚ひき肉:100g
豆腐:200g
梨:100g
クコの実 :5g
卵:1個
牛乳:25cc
鶏がらスープ:1L
ごま油 : 少々
塩 :適量
【作り方】
1. 下準備:海老と梨をみじん切りにして別々のボウルに入れておく。鶏ガラスープを準備しておく。
2. 海老の入ったボウルに豆腐を加え混ぜ合わせ、更に卵・牛乳・塩を加えてペースト状になるまで混ぜ合わせておく。
3.梨の入ったボウルへ豚ひき肉・塩を加え混ぜ合わせておく。
4.小さめの器(蒸し器に入るサイズを人数分)に軽く、胡麻油を塗り「3(梨x豚肉)」を入れ、その上に「2(海老x豆腐)を乗せ、更にクコの実を飾りとして添える。蒸し器に移し8分程度蒸します。
5.蒸しあがったら器に盛り、温かい鶏がらスープを注ぎ入れたら完成です。
【ポイント】
心・脾のはたらきを向上させ、不眠・健忘・自律神経失調を改善してくれる薬膳レシピです。
更にこれらの食材には他にも様々な効能があります。「海老」は身体を温め、冷えや冷えからくる足腰の痛み、免疫力強化、肝機能強化、食欲不振、体力回復、眼精疲労、頻尿など。「豚肉」は体内の水分や気を補い、空咳、便秘など。「豆腐」は身体の余分な熱を冷まし、基礎代謝の向上、記憶力向上、美肌、動脈硬化・高血圧・高脂血症・味覚障害の予防、老化防止、疲労回復、精神安定、肥満防止、抗ストレス、骨・歯の強化などに。「梨」も身体の余分な熱を冷まし肺と身体を潤し、口や喉の渇き、痛み、咳、免疫力向上など。「クコの実」滋養強壮、視力回復、疲労回復、老化防止、美肌・美白、血行促進、ホルモンバランスの調整、ダイエットなど。「卵」は身体を潤し、肌・喉や鼻の粘膜の乾燥、喉の乾き、咳、貧血、滋養強壮、疲労回復、眼精疲労、老化防止、美肌、ボケ防止など。「牛乳」は肌や腸を潤し、乾燥肌、便秘、滋養強壮、虚弱体質、ストレス、胃潰瘍、胃炎・高血圧・骨粗鬆症予防、老化防止などにも有効です。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

漢方・薬膳の資格が取れる!!
漢方・薬膳資格

漢方・薬膳
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

漢方・薬膳資料 漢方・薬膳

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ