薬膳スープ。鶏と春雨の簡単レシピでアンチエイジング!

薬膳

薬膳スープとは

薬膳スープとは一言で表すと「中医学の理論に基づき作られたスープ」のことです。

この「薬膳」というは食べる人の体調・体質と、すべての食材が持つ効能・性質などを考慮し組み合わせ、効率的に薬効を引き出しながら作る料理であり、食材の効能が溶け込みやすい”スープ”はく薬膳の代表的な調理法のひとつです。

そして薬膳は即効性を求めるものではなく、日々体調にあったものを食し続けることで健康を保ち、病気を予防・緩和したりするものです。

薬膳スープに使う食材の効能

【冬瓜】

余分な熱を身体からとってくれる生薬で、のどの渇きも沈めてくれて熱中症・夏バテに効果的です。また、解毒作用・利尿作用にも有効でむくみを取ってくれます。

【ブロッコリー】

免疫力を高めてくれる花野菜です。他にも、アンチエイジング・美肌/デトックス効果・むくみ・便秘・風邪/がん予防・腎機能低下・虚弱体質改善といった効能があります。

【ほうれん草】

余分な熱を身体から出してくれる野菜です。アンチエイジング・美肌効果・便秘・貧血・虚弱体質改善・リュウマチ・痛風・がん/動脈硬化/風邪の予防などにも効果があり妊娠中・授乳中の方にもおすすめです。また、身体を冷やす性質なので冷え性の方は加熱したり、温かいスープにいれると良いでしょう。

【椎茸】

貧血・高血圧・消化促進・虚弱体質などに使われている生薬です。肌荒れ・整腸・肥満防止・不眠・整腸免疫力強化・ストレス・風邪/インフルエンザ予防にも有効です。

【海老】

海老は身体を温めてくれる食材なので、冷え性の方・冷えからくる足腰の痛みも暖和してくれます。また、食欲不振・体力回復・免疫力強化・肝機能強化・眼精疲労緩和・高血圧/動脈硬化/骨粗鬆症の予防にも有効です。

【春雨(緑豆)】

原料となる緑豆は解熱・解毒・利尿作用に優れた生薬として漢方に用いられています。また、余分な熱を身体から出してくれるので夏場や発熱時に有効です。しかし身体をあたためたい時は、温かいスープに入れたり、身体を温めてくれる食材と一緒に摂取しましょう。春雨は低カロリーで水分を含むと量が増えるため栄養のあるダイエット食としても便利です。

【クコの実】

エイジングケア・美肌/ダイエット効果など美容効果の高い生薬です。他にも血行促進・滋養強壮・疲労回復・眼精疲労などの効能があります。ただし妊婦、授乳中、低血圧、消化不良をおこしやすい、胃腸虚弱、下痢気味の方は身体に合わないので控えましょう。食物アレルギーのかたも注意が必要です。

【ネギ】

身体を温めてくれる野菜です。他にもアンチエイジング・血行不良・冷え性・肩こり・風邪・疲労回復・不眠症・精神安定・神経痛・リュウマチなど沢山の効能があります。

「冬瓜と春雨の野菜スープ」の薬膳レシピ

【材料】4人分

冬瓜:200g

ブロッコリー:100g

ホウレン草:100g

椎茸:80g

ムキエビ:100g

春雨:50g

クコ:30g

鶏がらスープ:800cc

ネギ:20g

サラダ油:小さじ2

塩: 適量

【作り方】

1.まずは下ごしらえを行います。春雨は熱湯で戻し水気を切る。冬瓜は皮と種を取り薄切り。ネギはみじん切り。椎茸は1/4・ホウレン草は4cmにカット。ブロッコリーは食べやすいサイズに小分けしておきます。

2.鍋(炒め用)で油を熱しネギを炒め、香りがたってきたら。エビを加え2分程度炒めておきます。

3.鍋(土鍋など)に鶏がらスープを入れて温まったら、炒めておいたエビ・しいたけ・残りの野菜・春雨を加えて煮ていきます。

4.具材に火が通ったら、クコの実を加え、塩で味を整えれば完成です。

時間がなくても美味しい薬膳は作れる

「スープ」のメリットは、食材の効能が溶け込みやすいというだけでなく、野菜を沢山摂取できたり、時間がなくても簡単に作れてしまう事です。日々忙しくしているときちんとした食事がとれなかったり、疲れて食欲が落ちてしまいがちです。こんな時に「薬膳スープ」はとても便利です。本日ご紹介したレシピのように、喉越しの良い春雨を使用したり、塩だけ素材の旨味を引き立ち優しい味付けにすることで食欲がない時もスッと入っていくはずです。

薬膳は忙しい日々を支える大きな力となりますのでぜひ取り入れてみてください。

人気の通信教育はこちら

漢方・薬膳の資格が取れる!!
漢方・薬膳資格

漢方・薬膳
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

漢方・薬膳資料 漢方・薬膳

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る