薬膳お汁粉の簡単レシピ。冷え・体力回復・アンチエイジング!

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

甘酒は健康に効果があり

漢方医学では、身体を構成している基本物質を「気・血・水」と考えます。「気」は生命エネルギー。「血」は血液と血液に関わる作用。「水」は血液以外の体液全般の事をさします。このバランスが崩れると病気になるので心身の健康を維持するには「気・血・水」のバランスを整え保ち続けることが大切です。
そしてこの甘酒は「気・水」を補い、滞った「血」の流れをスムーズに流してくれる作用があります。他にも身体を温めてくれる性質を持っており、夏バテ、滋養強壮、体力回復、関節痛、食欲不振などにも効果的です。「甘酒」は江戸時代に夏バテ対策として飲まれており、「飲む点滴」とも言われています。今回はこの甘酒をベースにしたレシピ・冷え・体力回復・アンチエイジングなどに有効な食材をご紹介します。

冷え・アンチエイジングなどに効果的な食材・生薬

<身体を温めてくれる食材>
甘酒、シナモン、茴香、黒砂糖、酒、栗、くるみ、なつめ、杏、桃、ライチ、ざくろ、松の実、生姜、にんにく、大葉、こしょう、ねふぎ、にら、梅干し、山椒、唐辛子、羊肉、鶏肉など
<アンチエイジング(腎)に効果的な食材>
シナモン、生姜、黒胡麻、黒豆、蓮の実、クルミ、クコの実、松の実、栗、黒きくらげ、黒くわい、黒米、海苔、昆布、なまこ、海藻、牡蠣、海老、羊肉、鶏肉、牛肉、山芋、もち米など

甘酒と食材・生薬の組み合わせ

甘酒にちょっと加えるだけで、甘酒ベースのドリンクとして美味しく飲めて様々な効能を得られます。また、甘酒を使ったデザートやお料理に、材料として加えたり、トッピングとして仕上げにプラスするのもオススメです。とにかく冷えをとりたいといった時は、甘酒にシナモンやすりおろした生姜などをさっと混ぜて飲むだけでも身体を温める効果はグンとアップします。

【甘酒+白ごま+蜂蜜】
疲れた時・アンチエイジング効果を得たい時にオススメです。保湿効果もあるので、シワやほうれい線などにも有効です。
【甘酒+黒ゴマ+黒糖】
上記の組み合わせと同様、疲労、アンチエイジング、保湿に加え、滋養強壮、白髪などにも有効です。
【甘酒+きなこ+黒糖+シナモン】
冷え、頭痛、肩こり、肩こり、疲労などに効果的です。
【甘酒+生姜+シナモン+葛粉】
冷え、頭痛に加え、悪寒や発熱時にも効果的です。

薬膳スイーツ「甘酒と南瓜のお汁粉」のレシピ

【材料】2人分
甘酒(濃縮タイプ):2人分
牛乳:200cc
南瓜:50g
クルミ:大2
黒胡麻:少々
シナモン:少々
【作り方】
1. 南瓜は皮とワタを取り除き、食べやすいように一口サイズに切る。※固くて切りにくい場合は少しレンジにかけるとスッと包丁が入ります。
2. 濃縮タイプの甘酒・牛乳・南瓜を入れて火にかけ、弱火で煮込んでいきます。
3. 南瓜が柔らかくなったらシナモンパウダ―を加え器に盛り付け、胡桃と黒胡麻をトッピングしたら完成です。
【ポイント】
牛乳や豆乳などを加えることで、まろやかに美味しく仕上がりますので、甘酒の独特の味が苦手な方にもオススメのレシピです。お好みで白玉団子やあんこなどを加えても美味しくいただけます。
身体を温め、冷えを改善するだけでなく、疲労回復、風邪、アンチエイジング、血行促進、便秘、むくみ、肌荒れなどにも有効です。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

漢方・薬膳の資格が取れる!!
漢方・薬膳資格

漢方・薬膳
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

漢方・薬膳資料 漢方・薬膳

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ