小松菜【薬膳料理・おひたしのレシピ】

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

小松菜の効能

小松菜はハウス栽培なども盛んに行われており、スーパーなどでは一年中見かける野菜ですが、旬は11月~2月頃の冬です。霜にあたることで甘みが増して美味しくなります。昔は雪の降る時期に収穫されることから「雪菜」「冬菜」とも呼ばれていたそうです。また、3月頃に出回る若くて黄色っぽい小松菜は「鶯菜(うぐいすな)」とも呼ばれます。

ほうれん草と見た目が似ていますが、ほうれん草とは異なりアクが少なく下茹でする必要が無いことから、より気軽に使うことができます。また、チンゲン菜などと同じアブラナ科の野菜で、収穫せずに放っておくとトウが経ち菜の花のような黄色の花が咲きます。

原産地は、南ヨーロッパと言われています。その後中国へと伝わり、江戸時代初期からは日本でも栽培されるようになりました。特に東京の小松地区(現在の江戸川区)で栽培されていたことから「小松菜」という名前が付いたと言われています。小松菜の生産高は、国内だと埼玉・神奈川・東京・千葉・茨城などが多く、関東地方で盛んに育てられています。

小松菜は冬場の代表的な緑黄色野菜のひとつで、ビタミンA、ビタミンC、ベータカロテンやカルシウム、鉄分などを非常に多く含みます。特に、鉄やカルシウム含有量は野菜のなかでもトップクラス。なんとほうれん草の倍以上も含んでいます。中高年の女性がかかりやすい骨粗しょう症予防にはもちろんですが、精神を穏やかに保ったり、ストレスに負けない身体をつくるのにも適した食材です。

また、小松菜はアクが少ないため生で食べることもできます。最近は生で食べられるように栽培された「サラダ小松菜」という食材も売られています。特に、ビタミンCは加熱に弱い性質があるため、生でいただくか、もしくはさっと茹でていただくのがおすすめです。ベータカロテンは油との相性も良いので、オリーブオイルやごま油などと組み合わせると吸収率が高まります。
薬膳の考え方では、中国のものと日本の小松菜は少し異なりますが、小松菜は身体を温めも冷やしもしない食材です。血や水を補い、気を巡らせる働きがあるとされています。薬膳の根本にある中医学では「女性は血をもって本となす」という言い伝えがあります。これは、女性は月経・出産・更年期まで血との関わりが強く、血が不足することでさまざまなトラブルが起きると考えられています。小松菜はそんな女性のお悩みをサポートする心強い存在です。

冷えやすい方は食べ方に注意が必要です。またほうれん草には、血を補うとともに巡らせる働き、身体を内側から潤す働きが期待できます。腸も潤すことから、便秘気味の方にもおすすめです。つい捨ててしまいがちな根元の赤い部分には、骨粗しょう症を予防する「マンガン」という成分が豊富に含まれています。捨てずに食べるようにしましょう。

傷みやすい野菜なので、早めに食べ切るようにしましょう。湿らせた新聞紙に包んで冷蔵庫で立てて保管します。すぐに食べ切らない場合は、早めに茹でて切り、水分をしっかり絞ったものを小分けにして冷凍保存するのがおすすめです。

薬膳レシピ「小松菜のおひたし」

定番料理の「小松菜のおひたし」は、小松菜がたっぷり食べられる一品です。小松菜を買ってきたら、鮮度が落ちる前にたっぷり作っておくことがポイントです。
材料(2人分)
小松菜1/2袋、酒大さじ1、みりん小さじ1、しょうゆ小1
1. 小松菜はたっぷりの熱湯で、さっと茹でる。ザルにあげて水分をしっかり絞り、3~4cm幅に刻む。
2. 小さな鍋に酒・みりん・しょうゆを入れて、煮立ったら火を止める。
3. 1をボウルに入れて、2を加える。さっと全体を和える。

人気の通信教育はこちら

漢方・薬膳の資格が取れる!!
漢方・薬膳資格

漢方・薬膳
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

漢方・薬膳資料 漢方・薬膳

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る