タケノコ【薬膳料理・ごはんのレシピ】

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

タケノコは竹の芽のことで、意外にもイネ科の植物です。竹にもいろいろな種類がありますが、総称sして「タケノコ」と呼んでいます。温暖な地域によく生えています。竹の寿命は100年以上ありますが、タケノコの旬は10日ほどです。すぐに大きくなってしまいます。

タケノコとは

タケノコの主な種類として「孟宗竹(もうそうちく)」「淡竹(はちく)」「真竹(またけ)」「根曲がり竹」などがあります。最も一般的なものは孟宗竹で、通常タケノコと言うとこちらを指します。中国が原産地でえぐみも少なく独特の甘みがあり食べやすい種類です。淡竹は、孟宗竹よりも細く緑色をしています。市場にはあまり出回っていません。

国内の主な生産地は、福岡県・鹿児島県・熊本県です。全体の50パーセント以上を収穫しているそうです。収穫時期は地域によってかなり差があります。九州など温かい地方では11月頃に収穫できるものもありますが、一般的には3月から4月にかけてが孟宗竹の収穫ピークです。淡竹などはもう少し遅い4月中旬から6月にかけての時期です。すなわち春から初夏にかけて収穫できると言えます。

タケノコには、グルタミン酸やアスパラギン酸などのアミノ酸が多く含まれており、疲労回復にすぐれた効果を発揮します。またカリウムを豊富に含むことから、塩分の代謝を高め高血圧予防にもすぐれています。食物繊維も豊富に含んでおり、便秘解消にも効果的です。ただし、アクが強いので食べ過ぎには注意しましょう。吹き出物が出たり、場合によってはアレルギーに似た症状が出る場合があります。

薬膳の考え方では、身体を冷やす食材です。身体の余分な熱を冷まし、痰を取り除く効果やむくみを解消する効果が期待できます。独特な香りは、胃腸の働きを高める効果もあります。また食物繊維が豊富なので、便通を良くしコレステロール値の上昇を抑え、老化防止にも役立ちます。

部位によっても食感や香りが異なり、お吸い物やごはん、炒め物、煮物などに幅広く使うことができます。またタケノコの皮には殺菌・防腐効果があり、昔からおにぎりなどを包むのに使われています。

おすすめの食べ合わせとして、「タケノコ」「セロリ」「黒きくらげ」を組み合わせると、生活習慣病の予防に役立ちます。いずれも食物繊維が豊富で余分な糖や油分を排出する働きがあり、組み合わせることで効果が高まります。

薬膳レシピ「タケノコのごはん」

タケノコごはんは、タケノコを使った定番の料理ですが、タケノコの独特の香りを閉じ込めた味わい深い一品です。旬のタケノコが手に入ったら、ぜひ作ってみてください。

材料(4~5人分)

米2合、タケノコ150~180g、油揚げ1/2枚、かつおだし360㏄、しょうゆ大さじ1、みりん小さじ1、塩ひとつまみ、木の芽(なくてもOK)

米は炊く30分前に研いでざるにあげておく。油揚げは、熱湯をかけて油抜きをし5㎜角に刻む。

たけのこは米のとぎ汁で茹でてアクを取っておく。荒熱が取れたら、穂先のやわらかい部分と根元に分ける。穂先はくし切り、根元は薄切りにする。

炊飯器に、タケノコ、油揚げ、かつおだし、調味料を加えて普通に炊く。

炊き上がったらしゃもじで底からさっくり混ぜる。器に盛り、木の芽を乗せる。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

漢方・薬膳の資格が取れる!!
漢方・薬膳資格

漢方・薬膳
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

漢方・薬膳資料 漢方・薬膳

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ