キュウリ【利尿作用&身体の熱を取る薬膳食材】

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

キュウリの効能

スーパーなどでは年中売り場に並んでいるキュウリ。季節を問わずサラダやサンドイッチなどに使われていますが、これは立派な夏野菜です。身体を冷やす作用があるので、夏の暑さで身体が火照っていたり、のどが渇いていたりする時にはぴったりの食材です。

砂漠などでは、ミネラルウォーターを持ち歩く代わりにキュウリを携帯し、水分補給をしているという話も聞きます。日本の民間療法では、熱のある時などにキュウリの輪切りをおでこに貼り、熱を吸収する使い方などもあります。また、キュウリに含まれる苦みがあせもを治すと言われ、キュウリの切り口に塩をつけて、あせもの部分をこすっていたという話もあります。

キュウリは、ギネスブックでは「世界一栄養がない果実」として1位に挙げられていますが、カリウムをたっぷり含んだ野菜です。カリウムは、ナトリウム(塩分)を排泄する働きがあるので、高血圧の予防に効果が期待できます。また薬膳の考え方では、利尿作用が期待でき、むくみ対策に効果的とされています。

ただし、キュウリは身体を冷やす作用があるので、冷えやすい人や胃腸の弱い方などは要注意。冬場は食べないようにするか、夏場でも温かい食べ方にするなど、気を付けて召し上がってください。

水分が多く冷えると凍って傷みやすくなるため、新聞紙などに包んでその上からポリ袋などに入れて冷蔵庫で保存するのがおすすめです。キュウリにはさまざまな種類がありますが、一般的には緑色が濃くつやがあってイボイボが尖っているものが新鮮と言われています。

韓国でブレイク中「キュウリパック」

美肌大国・韓国では、手づくりパックが流行っています。そのなかでも今回ご紹介する「キュウリパック」は、水分がたっぷり含まれているキュウリ(95%が水分!)の性質を活かして乾燥から肌を守れることや、ビタミンCが豊富なのでメラニン色素の沈着を防ぎ美白効果が期待できることをうまく利用しています。

作り方は簡単です。輪切りにしたキュウリを肌にまんべんなく貼り、5~10分経ったら洗い流すだけ。簡単に手づくりできますので、身体の外からもキュウリのパワーを活用しましょう。「スライスを貼るだけだと使い勝手が悪い」という場合には、すりおろしたキュウリに、乾燥肌の方ははちみつ、オイリー肌の方はヨーグルトなどをお好みで混ぜ合わせてペースト状にしたものを使ってください。

ここで注意点ですが、キュウリパックはお風呂あがりに行うのがおすすめです。キュウリには「ソラレン」という成分が含まれており、メラニンが光に反応しやすくなるという特徴があります。そのためパックをした直後に紫外線を浴びるとお肌に炎症が起きたり、シミができやすくなる危険性があります。またお肌の弱い方は、まず目立たない部分で試してから顔に使ってみてくださいね。

薬膳レシピ「キュウリのすり流し」

夏の暑さなどで火照っているときに、ぜひ召し上がっていただきたい一品です。夏の終わりなどに大きく成長しすぎたキュウリを使っても良いです。冷えが気になるときには、すりおろしたショウガや七味唐辛子などを加えてアレンジしてください。消化器官の働きが弱っているときには、梅干しを混ぜるのもおすすめです。

<材料(2人分)>
キュウリ 1本
長芋 5㎝
塩 ひとつまみ
昆布だし 150㏄
白ごま 少々

<作り方>
1. キュウリ・長芋は一口サイズに切る。
2. キュウリ・長芋・昆布だし・塩をミキサー(またはフードプロセッサー)に入れて、粒々感が残る程度のなめらかさにする。
3. 器に盛り、白ごまを振る。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

漢方・薬膳の資格が取れる!!
漢方・薬膳資格

漢方・薬膳
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

漢方・薬膳資料 漢方・薬膳

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ