よもぎ【薬膳料理・よもぎ餅のレシピ】

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

春先になると野山で新芽を見かけることの多い「よもぎ」。お灸の原料などとしても使われており、比較的親しみのある薬草のひとつです。全国的に広く自生しており、一年中見ることができますが、食用に向きているのは葉先の柔らかい春です。新芽は天ぷらにすると、手軽で美味しくいただけます。種類もたくさんあり、世界各地に自生しているとされています。

よもぎは色が鮮やかで香りもよく、化粧品や食品など幅広く利用されています。特に、がん予防やコレステロール値を抑える「クロロフィル」や、免疫力を高めひ皮膚や目の調子を保つ「ベータカロテン」、お通じを良くする「食物繊維」が豊富に含まれます。また止血作用のある「ビタミンK」も多く、血が出たときにはよもぎの葉を摘んで揉んだものを患部にあてるなどして昔から使われてきました。

薬膳の考え方では、よもぎは身体を温める食材です。気血の巡りを良くしたり、ホルモンの分泌を促すことから、冷え性や肩こり、月経痛などの婦人病の治療などにも多く使われてきました。身体をじんわりと温める作用があることから入浴剤にもよく使われています。

独特の香りは食欲を高める働きもあり、旬のよもぎ茹でて刻んだものをごはんに混ぜた「よもぎごはん」は、食欲のないときにもおすすめです。旬が限られていますので旬の時期にまとめて茹でて冷凍しておけば、年中使うことができとても便利です。よもぎにはアクがあるため茹でた後に水にさらしますが、水にさらしすぎると香りや効能のある成分も薄くなってしまいますので注意しましょう。特に旬のものは、アクが少ないので注意が必要です。

薬膳レシピ「よもぎ餅」

春になると食べたくなるよもぎ餅。「草餅」と呼ばれることもあります。一説によれば、関西では「よもぎ餅」、関東では「草餅」と呼ぶことが多いそうです。もともとはハハコグサを使っていたそうですが、室町時代頃からよもぎを使うようになったとされています。乾燥よもぎ(パウダー)は年中購入することができますが、旬の時期にはぜひ生のよもぎを使ってつくってみたいです。香りも良く、冬の間に身体に溜まった毒素を出してくれます。

上新粉の代わりに、白玉粉を使っても作れます。お好みで中にあんこを入れるのも良く合います。よもぎを練る工程はなかなか根気が要りますが、しっかり練るととても美味しくなります。

薬膳レシピの材料(作りやすい分量)

よもぎ100g、上新粉120g、熱湯100cc、重曹(あく抜き用)小さじ1/2、

よもぎは新芽と葉に分けて手でちぎり、水を張ったボウルに入れて洗う(茎の硬い部分は使わない)。

たっぷりの熱湯を沸かし重曹を入れて、1のよもぎを加えて1〜2分茹でる。さっと冷水にさらし、ざるにあげてしっかりと水気を絞る。フードプロセッサー(なければ包丁)で細かく刻む。

ボウルに上新粉を入れ、熱湯を少しずつ加えながらその都度よく練る。耳たぶくらいの固さにするのが、目安。生地がまとまるようになったら、丸くひとまとめにしておく。

湯気の上がった蒸し器に濡れぶきんを敷き、3の生地を丸く広げて約15分蒸し、粗熱を取る。

4の生地に2のよもぎを加え、色が全体的にいきわたるまで混ぜる。

5の生地を一口大に丸めればできあがり。お好みできなこなどを付けていただく。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

漢方・薬膳の資格が取れる!!
漢方・薬膳資格

漢方・薬膳
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

漢方・薬膳資料 漢方・薬膳

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ