食後酒を知るだけで、ワインライフの充実度が100倍アップ!

食後酒を知るだけで、ワインライフの充実度が100倍アップ!

<h2>食前後酒について知ること</h2>
お酒の扱いに関しては、やはりまだまだ日本は後進国であるということが分かります。その理由ですが、食前酒、食中酒、食後酒など海外ではこういったお酒の飲み方を分ける文化を持っているからです。

当然、バールなどでは自由ですが、レストランであってもビールを頼み、延々とビールを飲み続けるだけというような飲み方は外国の方はしません。

必ず、レストランでの時間をさまざまなお酒でゆったりと楽しみます。食前酒や食中酒など、日本でもやや浸透しはじめているのですが、やはり食後酒というと文化が根付いていないかもしれません。

ここでは、食後酒としてワインを飲まれる場合、どういったものがあるのかを紹介していきます。ぜひ、レストランに赴いた時の参考にしてみてくださいね。

<h2>食後酒の意味</h2>
レストランで食前酒を頼んだり、食後酒を頼むのは、別に格好付けているわけでは何でも無く、理にかなった行動です。

最初は胃を刺激して食欲を沸き立たせるため、軽めのお酒でスタートさせます。そして、最後は幸福感を得るために甘くアルコール度数が高いお酒でしめます。

レストランでのコースなどをただの食事として捉えるのでは無く、ひとつのエンターテイメントとして捉えているからこそ、最大限の楽しみ方としてこういった飲み方をしているのです。

いつか、知人などを連れてレストランに行き、こういった楽しみ方を教えることができれば株が上がるはずですよ。

<h2>余韻を残し、幸福感を与える</h2>
フランスのノルマンディー地方では、寒過ぎて葡萄が育たないため、リンゴを育てそれでシードルを作り、さらに蒸留させてカルヴァドスを造っています。

こちらは、甘くアルコール度数も高く満足感が高い酒類です。食事をじっくり楽しんだ後、最後に洗い流すのでは無く、より幸福感を得るためにこういった蒸留酒を楽しんでいるのです。

シメのラーメンなども良いですが、本来幸福感を味わいその宴を終らせる、という意味でも食後酒の重要性はかなり高いと思います。罪悪感も感じませんし、気持ち良く寝れますよね。

<h2>どんなお酒が向いている?</h2>
食後酒が良いといって、いきなりレストランに突入しても何が良いのか分からなくて困惑します。

まず、ご自宅でも楽しめるよう、先にいくつか定番の食後酒を知っておきましょう。まずは、フランスに代表されるアルマニャックやコニャック、搾りかすから造られるマールやグラッパなどが一般的です。

シャトルリューズなどのリキュール類もそれに当たりますので、これらはスーパーでも購入可能です。

また、ホワイトブランデーと呼ばれるフルーツの蒸留酒は女性にもってこい。贅沢にいくなら、貴腐ワインなども最高です。ワインを楽しむためには、こういった食後酒のことも知っておくとより一層美味しく感じるはずですよ。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る