食前酒と食後酒の意味と違い

ワイン

食前酒&食後酒を詳しく知ろう

ワインと一言でいっても、さまざまな種類があります。スティルワインにスパークリングワイン、そして酒精強化酒であるフォーティファイドワインなど、細分化していくと相当な数となっていきます。

レストランに行くと、一般的なスティルワインを料理と合わせていくわけですが、その前に食前酒や食後酒を薦められます。

もちろん、食前酒と食後酒は自由なものを飲めば良いのですが、やはりその目的に合致したものをオーダーするのが、その後の料理や締めくくりをより素敵なものにしてくれます。

ここでは、食前酒と食後酒に最適と言われている、さまざまなワインなどを紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

食前酒の注文方法

レストランで食事をする際、多くの場合はソムリエから食前酒を飲むか否かを薦められます。しかし、何故食前酒を飲まなければならないのでしょうか。

食前酒は、食欲を増進させるために飲むものであり、その後から運ばれてくる料理をより一層美味しく食べるために必要なお酒です。そのため、食前酒には食欲を増進させるような働きが強いものを選ぶことが前提となります。

化学的調査により、酸味と苦みがあるお酒が食欲を増進させる、ということが分かっています。胃袋を刺激することで、胃袋の粘液を刺激することが食前酒に求められるスペックということになるのです。

食前酒に甘いお酒からスタートし、何となく良い気分でスタートさせたい、という方もいるでしょう。もちろん好きなものを飲めば良いのですが、糖質が多い飲み物を先に飲むと、脳が満腹感を覚えてしまい、逆に食欲が進まないことになるので注意が必要です。

シャープな酸味が特徴でもあるシャンパンの辛口系、フォーティファイドワインなどが、それに向いています。

食後酒とは

美味しい料理とワインをたらふく頂き、食事の最後に飲むお酒が食後酒と言われます。食前酒の逆で、最後に辛口のシャープなお酒を飲む訳ではなく、大きな満足感と幸福感を味わえるお酒が向いているといわれています。

消化を促進させ、さらにはお腹に満足感を与えるというお酒だと完璧です。ワイン系統で食後酒を選ぶ、となると甘めのブランデーや強い甘さが強いワインが求められます。

甘いものには精神を安定させる働きもあるため、食後にゆったりと心を安心させる、という効果を与えることが大切です。

トロッケンベーレンアウスレーゼや、アイスヴァインなどはその典型的な例であり、粘性が強く、口中に甘さの広がるワインは特におすすめです。

食前酒や食後酒に向いているおすすめのワイン

では、具体的にどのワインが、どんな時に向いているかを紹介していきましょう。まずは、テタンジェ・ブリュット・リゼブルです。

こちらは、シャンパーニュなのですが、きめが細かく強い泡立ちと、ブリュットタイプの酸味が胃をバランス良く刺激してくれる、素晴らしい食前酒です。また、昔ながらの伝統的な食前酒といえば、スペインのシェリー酒。

イギリスでは晩餐会などで始めに一杯口に含み、胃を刺激するというのが一般的だと言われています。では、食後酒にはどんなタイプがおすすめでしょうか。

まずは、フランスのVDN。ミュスカドボームドブニーズは、マスカットの天然の甘みと香りを存分に活かした、極甘口のワインです。

まさに液体のデザートと言える、至福の甘味が胃を脳を刺激します。バニュルス・リマージュもおすすめです。赤ワインから造られるフランスのマディラ酒の一種であり、チョコーレとの相性も認められており、レストランのみならず自宅にも一本揃えたい銘酒です。ぜひ、レストランの食前酒、食後酒をお楽しみください。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る