赤ワインに引け劣らない白ワインの健康効果!

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

様々な健康効果があることで知られているワイン。中でも特に注目されているのは、赤ワインに多く含まれるポリフェノールなどの成分です。それでは、赤ワインに並ぶワインの代表格である白ワインには、健康効果はあるのでしょうか?ここでは、白ワインの持つ健康効果について詳しく解説します!

 

むくみ解消効果

塩分を摂取し過ぎると体内のナトリウム濃度が高まるため、体は水分を溜め込みやすくなり、むくみが生じてしまいます。特にお酒を飲むときには味の濃いおつまみを食べることも多いため、余計むくみやすい状況なのです。

ところが、白ワインにはカリウムが多く含まれていて、体内にたまった不要なナトリウム排出を助けてくれる効果があるのです。また、利尿作用もあるため、体内の新陳代謝を活性化してくれるのです。そのため、余計な水分や老廃物の排出がスムーズになり、むくみを解消することができるのです。

「飲み会の翌日は、どうしても顔がむくんでしまう…」とお悩みの方は、試しに白ワインを飲まれてみてはいかがでしょうか?

 

骨を丈夫にする効果

骨を丈夫にするにはカルシウムが必要だということは周知の事実ですが、実はカルシウムだけでは足りず、マグネシウムも摂取しなければならないのです。

白ワインにはそんなカルシウムとマグネシウムがバランスよく含まれているため、骨密度を高め、骨を丈夫にするのに効果を発揮します。そのため、骨粗しょう症予防にも効果があると言われています。

 

便秘解消効果

白ワインには酒石酸やリンゴ酸などの有機酸が多く含まれているため、腸内細菌群のバランスを整える作用もあります。

腸内の環境が整えば、便秘解消や便通の改善などの効果が現れます。

また、腸内の環境が整うことにより、ダイエット効果や美肌効果など、女性にとっては嬉しい相乗効果がたくさんあるのです!

 

アンチエイジング効果

体の細胞の老化を促すことで知られる活性酸素。そんな活性酸素を消去できるのが、抗酸化作用を持つポリフェノールです。

ポリフェノールは赤ワインに含まれている成分として知られていますが、実は白ワインにも100㎖中約50㎎のポリフェノールが含まれています。

そのため、白ワインにもアンチエイジング効果を期待することができるのです。

 

高い抗菌力

白ワインには、大腸菌やサルモネラ菌に対する強力な抗菌力があります。また、その抗菌力には即効性があるので、生モノなどを食べる際に白ワインを飲めば当たりにくいとされています。

実際、ワインの本場フランスでは、生牡蠣を食べる際には白ワインが飲まれていますが、それはこのような理由からなのかもしれません。

 

適量を飲むことが大事

様々な健康効果のある白ワインですが、やはりアルコール飲料の一つでもあるため、飲み過ぎは禁物です。

また、白ワインには食欲増進効果もあるため、飲み過ぎることにより食べ過ぎてしまっては、元も子もありません。

一日にグラス1~2杯の白ワインを食事と一緒に摂るのが最も効果的です。

 

まとめ

いかがでしたか?ここで紹介したように、白ワインには様々な健康効果や美容効果があるのです。もちろん赤ワインにも様々な健康効果がありますが、これまで赤ワインばかり飲んでいたという方も、ぜひ白ワインにも注目してみてくださいね!

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る