赤ワインと白ワインの違いとは?《ワイン豆知識》

ソムリエ

赤ワインと白ワインの違いとは?

 

赤い皮のぶどうをまるごと搾る赤ワイン

赤ワインは、赤い皮のブドウ(業界では黒ブドウといいます)を使い、果皮・種子・果汁をすべて一緒に醗酵させて搾って作ります。こうすると色素はアルコールに溶け出すものなのでワインに赤い色がつきます。

搾った果汁のみを醗酵させる白ワイン

白ワインは葡萄から果汁だけを先に搾り、その果汁のみ醗酵させワインにします。 したがって葡萄の皮の色は白だろうと黒だろうと関係ありません。 色素はアルコールに溶け出すので黒葡萄から果汁 を搾っても、色は白になります。 有名なシャンパンの場合、白のシャンパンもほとんどの場合、原料は黒葡萄も 使用していますが、登録上は白になります。

pixta_6309303_M

定義が難しいロゼワイン

難しいのはロゼの定義で、現在は技術の発達で造り方はいろんなバリエーションがありますが大別すると3つの作り方になります。 ①セニエ式 ②プレサージュ・ダイレクト方式(ヴァン・グリ) ③黒葡萄・白葡萄混醸方式

①は赤ワインと同じように黒葡萄の果皮・種子と果汁を一緒に醗酵させます。アルコールが生成されはじめ赤い色素が溶け出し、完全な赤になる前に、果皮・種子を分離します。いわば、赤になりかけのワインを取り出した中途半端な赤、ということです。

②は、黒葡萄を使いますが、①とはちがって、白とおなじ作り方をします。つまりもともと色素の多い品種の黒葡萄を強く圧搾したり、圧搾後、果汁と一定時間接触させておくことで少量色づけをおこないます。 その後色の付いた果汁を醗酵させワインにします。

③は文字通り黒葡萄と白葡萄を混ぜて醗酵させて中間色になっものです。 有名なものはドイツのロートリングといわれるロゼがあります。

葡萄

いかがでしたか?ワインの知識って、少し知ってるだけで自慢できちゃいますよね。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る