覚えておくと便利なワインの開け方

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインを購入してきたとき、他のお酒とちょっと違う部分があることにお気づきの方も多いかもしれません。

それが、開け方です。ワインの場合、多くがコルクを使用していることからも、何も用意せずに開けることは困難です。

もちろん、スクリューキャップ式のワインもとても増えており、さまざまな面からスクリューキャップが良いといわれていますが、まだまだ高級ワインなどを造るこだわりの生産者はコルクを使用してワインを製造しています。ここでは、ワインの開け方を紹介していきます。

コルクを使ったワインの開け方

ワインを購入したときに、コルクで栓がされていたとします。ワインには必ずキャップシールが付属しているので、ソムリエナイフの先の部分を使ってキャップシールを開けていきます。

まず、瓶の首の出っ張り部分にソムリエナイフの刃を入れて切れ込みをいれていきます。キャップシールが外れたら、コルクスクリューを出します。そして、コルクの中心部分にスクリューを入れていきます。ここでのポイントは、しっかりと先端がコルクの上面と垂直になるようにすることです。

そして、適度に力を入れながらゆっくりとスクリューを回し、コルクに穴をあけていきます。ある程度までスクリューが刺さったら、ソムリエナイフのフックをボトルの口へと引っ掛けます。

テコの原理を利用して、ぐっと上部分に引き上げてください。そして、ある程度抜けそうになってきたら、そのままコルクを手にもってまわすように抜いていきます。

また、少しだけスクリューキャップを入れ込んだのちに、途中まで引っぱり、さらに根元までコルクスクリューを差し込む方法も可能です。しっかりと手でコルクを持ち、回すように引き上げていくことも可能です。

スクリューキャップの場合

スクリューキャップの場合のワインの開け方は、とても簡単です。まず、ネック部分を持ち、きゅっと回して開けます。ここで注意しなければならないのは、簡単に開けられてしまうことから、寝かしながら開けてしまうことです。

ワインの中には、発砲性でなくとも微発砲のものも存在します。ある程度、液体が漏れてしまうこともあるので、必ず垂直にして開けることをおすすめします。また、しめなおすときには中に空気が入らないよう、しっかりときつくしめることが大切となりますので注意してください。

スパークリングワインの開け方

スパークリングワインの場合、適当に開けてしまうと内包しているガスが一気に飛び出してくるので注意が必要となります。

まず、スティルワインのようにキャップシールを外します。その後、コルクを押さえているワイヤーをゆっくりとあせらずに外していきましょう。そのとき、親指をコルクの上にしっかりと押さえておくことが大切です。

ガス圧で急にコルクが抜けてしまうので、ゆっくりとワインの瓶を回しながら、コルクとの隙間に空気を抜きながら開けていきます。十分に炭酸が抜けきったことを確認した後、コルクをしずかに抜いていきます。セレブレーションを目的としており、屋外などで派手に開けたい場合は、炭酸ガスが抜けきっていない状態で人がいない場所を目がけて開けてください。

これからワインを開けるときは、これらの手順や注意点を思い出しながら開けてみてください。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る