色別でみるワインの品種をわかりやすくご紹介

白ワインと赤ワイン

ワインには様々な種類がありますが、その種類の分け方は様々です。

色で分ければ赤・白・ロゼ、産地で分ければフランス・イタリア・オーストラリアなど!

今回は原材料のブドウの種類によって分類していき、おすすめのワインをご紹介いたします。

<赤ワイン>

○マスカット・ベリーA

日本国産ワインを代表する品種で、川上善兵衛が1927年に作った有名品種。

ベリー種とマスカット種のブドウを交配させて作った品種で、

香り高くまろやかな味わいが特徴的です。

○カベルネ・ソーヴィニヨン

フランス、「ワインの女王様」とよばれるボルドー地方の代表的品種です。

力強い赤ワイン独特な香りと味わいは他のワインにはないものがあります。

長期熟成によって黒こしょうの香りをも発するといわれています。

○メルロー

同じくフランス・ボルドー産のワインです。

ボムロール地区やサンテミリオン地区で生産されているワインで、

マイルドでコクの深い味わいが楽しめます。

カベルネ種とブレンドするとやわらかい風味を生み出します。

○カベルネ・フラン

こちらもボルドー地方のワインでロワール地区などで生産されている品種です。

同じカベルネでもソーヴィニヨンと比べ、やわらかさの強さが特徴です。

○ピノ・ノワール

こちらはフランス、「ワインの王様」とされるブルゴーニュ地方の名産品です。

最高級ワインとしても名高いこのワインはフルーティーな風味が豊かに表現され、

渋みも強くなくほどほど、しかし厚みのある味。

○ガメー

ブルゴーニュ地方、ボジョレー地区の品種。

ボジョレーといえばかの有名な「ボジョレ・ヌーボ」ですが、これは熟成期間のない

例外のワインです。

ガメーは酸味や渋みの軽い、フレッシュさを売りにしているワインです。

<白ワイン>

○甲州

山梨県の別名をそのままネーミングした、国産で最も有名な白ワイン品種。

ワインの生産がそこまで盛んではない日本ですが、

やはり国内ワインといえば発祥も発展もここ山梨県です。

国内産の特徴のあるフルーティーな深みにある味は日本人の舌によく合うように

作られています。

○シャルドネ

フランス、ブルゴーニュ地方の辛口の白やシャンパンを生む品種で、

人気は世界中でもトップクラスです。

カリフォルニア・オーストラリアでも栽培され、樽熟成によってバニラやナッツの

香りを放ちます。

○リースリング

ドイツ・フランスの代表品種。

酸味さわやかなワインがドイツの魅力であり、フランス産は力強い辛口ワインで有名。

上品な口当たりが特徴的です。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る