美味しいワインの見つけ方を解説!まずいワインには理由がある!?

美味しいワインの見つけ方は難しい!?

ワインにちょっと詳しいと他人に話すと、何がおすすめなのかと面倒くさいくらいにアドヴァイスを求められると思います。 そのくらい、ワインは難しく、知らない方にとってみれば複雑怪奇な酒類ということです。知識が無いと、とんでもない失敗をおかすことがあり、二度とワインなんて飲まない!と、断固ワイン拒否態勢に入る方も見受けられます。 やはり、真のワイン好きになるには日常使いできるワインで美味しいワインを見極められるか否かにかかっています。ここでは、美味しいワインを吟味するためのちょっとしたテクニックを紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

安価なワインはブレンド比率をチェック!

1000円以下のワインは不味くて飲めない。こんな話を聞いたことはあると思います。しかし、世界中のワインが今は日本で売られていますが、関税などの問題もあり、あちらで購入すると数百円という価格帯が普通です。 ボルドーの高級シャトーで働く方々も日常的には数百円のワインを楽しんでいます。1000円以下のワインはワインでは無いというと、こういった方々は舌がおかしいということになります。 実は、1000円以下の安価なワインを造る場合ですが、殆どがブレンドです。しかし、何を主体にしているかで味わいが変わります。マルベックやカベルネソーヴィニヨンなど、どっしりとした品種を母体としている場合は濃厚さがあるので美味しく感じます。一方、ピノノワールやサンジョヴェーゼ、テンプラリーニョなどはエレガント系です。 エレガントな味わいはブレンドではなかなか出せないため、単一品種で造られます。また、酸味が強いので若いワインの場合は本来のポテンシャルを出すのは難しいのです。結果、エレガント系の高級品種で1000円台は期待でいないわけです。

シャルドネも高級なので安価なのは危険

世界的に知名度が高い白ワイン品種といえば、間違いなくシャルドネ。しかし、シャルドネは複雑な醸造方法によって不味くも嘘かのように美味しくもなります。 ただし、手をかけて丹誠込めて造られることが絶対条件です。安価なシャルドネはあまり美味しく感じないのはこれが問題です。 安価であれば、トロンテスやソアーヴェ、ソーヴィニョンブランなど、さっぱりと飲めるものがおすすめです。

好みを探すなら、ひとまず比較

毎回、辺りハズレがある方は、とにかく好みの味わいを覚えるために全品種を比較検討して飲むしかありません。 そして、その味わいの品種によって良い価格帯を知ること。ここから、本当に美味しいワインを手に入れられるのです。覚えておきましょう。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る