美味しいワインが飲みたいならショップ選びから!手抜き無しの店を探そう!

ワインショップ選びから全てが始る!

ワインを買うなら断然ネット。こんな方も多いと思います。それはそれで良いでしょうが、やはり本当にワインが好きだったらワインショップであぁでも無い、こうでも無いと、ワガママ過ぎるくらいに1本1本吟味したいところです。 さて、そんなワインショップでのワイン選びなのですが、そもそもがワインショップはどのような場所を選べば良いか、さらにはどんなお店でどんな探し方をするのが正解なのか良く分かりません。 ここでは、良いワインショップの条件やワインの選び方についてを簡単に解説しましょう。覚えておくと必ず役に立ちますよ。

良いワインショップとは?

お酒を取扱っている店舗であれば、必ずワインが販売されています。コンビニ、スーパー、ちょっとした商店にもなにかしらワインが売っているものです。 しかし、ワインの品揃えは全てその店主の熱意と知識にかかっています。また、薄暗く、湿っていてひんやりしているような場所。 日光の当たらない場所。一見、不安になるような店構えの店は当たりの可能性があります。そもそも、ワインは日光を嫌い、高温を嫌い、乾燥しすぎる場所を嫌います。また、コルクを使うワインなどをちゃんと寝かしているか。 これも大きなポイント。これらの条件が揃っているワインショップであれば、先ず大量量販店にあるようなワインの品揃えは無いでしょう。

ワインの選び方とは?

良い店であっても、自分が知識が無い時には店主に頼るのがおすすめです。スタッフが助けてくれなければ、初心者がラベルからワインの味を読み取るのは困難です。まず、伝えたいのは価格。 1500円から3000円以内。このワインであれば、掘り出しものに出会える可能性大です。そして、当然赤ワインか白ワイン、ロゼワイン、スパークリングワインかを伝えます。また、ここで見逃せないのがどう飲みたいか。 ただ、家飲みで楽しみたいか、パーティーで使いたい、食事に合わせたいなど飲む理由は人それぞれです。和食に合わせて楽しみたい、と思っていっても、とにかく美味しい1500円以上の白ワインと言ったら、和食とはあまりマリアージュが良く無いワインをチョイスされてしまう可能性があります。 それを飲んで、美味しいけどダメだなあの店と思ったら、悪いのはアナタです。全て伝えて理想の1本を手に入れるには、とにかく伝えるという行為が大前提と思ってください。

まとめ

美味しいワインを手に入れるなら、熱意を持ってワインを愛する店舗に行くこと。ここから全てが始ります。 さらに、自分の求めているワインの味を包み隠さず伝える。これも大切です。美味しいワインに出会った時の幸せこそ、ワイン好きの醍醐味。ぜひ、覚えておきましょう。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る