美しくおしゃれに楽しむワインの様々なマナー

昔からワインは貴族からも愛される高貴な飲み物とされていました。

そのため、今でのワインはマナーを守って、美しく飲むこともたしなみのひとつとなります。

知らずに行うと恥ずかしいけれど、いまさら聞けないワインでのマナーをご紹介します。

 

乾杯時のマナー

例えばビールで乾杯する場合、グラスを合わせる絵が浮かびます。

しかし、ワイングラスは大変繊細なため、合わせるとヒビが入ってしまうこともあります。

ワインでの乾杯は、グラスは合わせずに、目線の高さ程までグラスを持ち上げてください。

グラスを持つときに、小指を立てるのはあまり美しくないのでやめましょう。

 

飲み方のマナー

ワインの一気飲みは、ワインに対して失礼に当たります。

一気に飲まず、じっくり味わって飲むようにしましょう。

この時に、香りやワインの色を確認しながら飲むと、そのワインをさらに楽しめるようになります。

また、ワインはアルコール度数も高くなります。

飲みすぎると気持ち悪くなってしまい、ワインを楽しめなくなってしまいます。

空腹で飲むのは危険ですので避けてください。

基本的には、白ワインから赤ワインへ移るのが理想です。

赤ワインから白ワインも、悪酔いしやすくなります。

 

 

お酌のマナー

ワインのお酌は、男性がするものとされています。

グラスが空になっていれば、男性からワインを注ぐようにしましょう。

注ぎ方は、エチケット(ラベル)が相手に見えるように持ちます。

片手だとスマートですが、意外とワインは重たいため、両手で持っても問題ありません。

ボトルは下側を持ちますが、無理をして落とさないよう気を付けましょう。

もしも、まだ次いでほしくない場合は、飲み切らずに3分の1程度残しながら飲むと良いでしょう。

ワインの入れる量は、グラスの膨らみがあるところまでにしましょう。

それ以上入れても、少なすぎても、そのワインの良さを楽しめなくなってしまいます。

ワインを注いでもらう時は、グラスはテーブルの上に置いたままにしましょう。

ビールなどは持ち上げて注いでもらうイメージですが、ワインではマナー違反になってしまいます。

 

飲み口のマナー

女性の方だと、口紅やグロスをぬっていることがあります。

グラスに口紅やグロスがついて困るケースも多々ありますが、基本的には拭き取らなくても問題ありません。

しかし、口紅がべったりとついているのは美しくはありません。

食事前やグラスを口付ける前には少しティッシュオフして抑えるよう心がけましょう。

 

姿勢・服装のマナー

優雅な飲みものなので、猫背になってしまう、または肘をついたまま飲むのは、やめましょう。

基本的には、背筋を伸ばし、美しさを意識しながら飲みましょう。

服装に関しては、そのお店の格に合わせて選びましょう。

カジュアルなお店ならば、そこまで考える必要はありませんが、落ち着いた色のワンピースやワイシャツなどが無難です。

気合を入れすぎでパーティドレスを着てしまうと、浮いてしまうので、見極めて洋服は選びましょう。

 

まとめ

男性が注ぐもの、などマナーは様々にありますが、カジュアルなお店ではあまりこういったワインでのマナーが適用できなくなってきています。

高いお店などに言った場合は、このマナーを守るべきですが、それ以外に関しては、通常のマナー違反にならない程度にゆるく楽しんでも良いでしょう。

見極めながらマナーを守ってください。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る