絶対に見逃せない!今、注目されるワイン産地は北海道です!

%e7%b5%b6%e5%af%be%e3%81%ab%e8%a6%8b%e9%80%83%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%81%e4%bb%8a%e3%80%81%e6%b3%a8%e7%9b%ae%e3%81%95%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e7%94%a3%e5%9c%b0%e3%81%af

今、注目されているア場所

日本ワインの人気が上がってきています。もちろん、中にまだまだ日本ワインなんてダメだという意見も多数あるでしょう。しかし、昔に比べれば大分品質も向上しましたし、世界的な権威ある賞を受賞することができた素晴らしいワイナリーも増えています。 さて、そんな日本のワインなのですが、今大革命が起こっている土地があります。それが、北海道です。 ワインと言えば、山梨県や長野県といった産地が一般的でしたが、北海道もワイン造りに関して歴史が古く、高品質なワインを製造しています。ここでは、今注目されている北海道についてを紹介していきましょう。時代はついに、北海道です。

北海道ワインが美味しいわけ

まず、日本人であれば分かっていると思いますが北海道はとても冷涼な地域です。そのため、ドイツ品種やヨーロッパ品種がある程度造りやすい環境であると言われています。しかし、あまりにも寒いとなるとブドウ造りは困難。 今までは、甘みの強いワインをお土産向けに製造していたので評価は高くありませんでした。しかし、近年の温暖化の影響などにより事情は一変。むしろ、最適な気候条件になってきているのです。 さらに、驚きなのが梅雨が無いということ。ブドウを育てるには乾燥した土地環境が前提です。雨などは必要ですが、梅雨などがあると雨が降り続けてしまうため、病気になりやすかったり、養分があり過ぎて薄い味のワインになってしまいます。それが、日本で高品質ワイン造りが難しいと言われるひとつの理由です。北海道はこの問題もクリアしています。 だからこそ、今品質の高いブドウが造られ、そこから高品質なワインが生まれているのです。

ピノノワールがすごい!

ワイン好きの方であれば、ピノノワールを知らない方はいないでしょう。高貴品種として世界的に愛されるブドウ品種なのですが、とにかくデリケートで栽培が困難と言われています。条件などが完全に合わない限り、どうしても上質なできばえにはならないようです。 フランスのブルゴーニュ地方やドイツなどでは盛んに造られる品種ですが、北海道も気候が似ており、ピノノワールの栽培がしやすいようです。 そのため、他の地域に比べて健全なピノノワールが生まれ、その品質のポテンシャルを持つ赤ワインなどが生まれています。今からが楽しみですね。

アイスワインにも注目

北海道は寒い地域ですので、カナダやドイツの名産でもあるアイスワインも注目されています。外気の気温が下がり、ぶどうが自然に氷ったところを見計らい収穫、糖度が高い果実を利用した甘口ワインがアイスワインです。 こういったテクニックを駆使できるのも、やはり冷涼な北海道だからこそです。ぜひ、コレからの日本ワインは北海道に注目してみてはいかがでしょうか。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る