神話の里で造られる島根のワイン

島根

島根のワイン産地は田園風景の中

島根県にある出雲大社は神話の里として知られ、その周辺は国内でも有数な葡萄のハウス栽培が盛んであり、葡萄の産地としても知られています。この出雲大社周辺では、これらの葡萄を使い良質で濃厚な味わいのある島根ワインが造られています。

この地域はデラウェアの葡萄が育ち始める春から収穫時期である6月頃までは日照が多いので、この葡萄栽培には適しています。特にこの地域の特産品であるデラウェアで造られたワインには、甘みがあります。このワインにはこのデラウェアの早摘みしたものが使用されているので天然の有機酸を多く含み、とてもすっきりとした味わいがあります。多くの島根ワインには、神々が集う神話の里にふさわしく「神様」の名前に関係ある銘柄が多いです。

デラウェア、マスカットベリー、甲州、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨンなとの葡萄品種が主に栽培されています。甘みのあるワインから辛口ワインまで、味のバリエーションも広く、スパークリングワインまであります。人気のあるワインは、まろやかな甘みのある「島根ワイン」です。白ワインは飲みやすく口当たりも良く、すっきりとした酸味のバランスが良いです。赤ワインは渋みがあり酸味とのバランスも絶妙です。この地域で多く栽培されているデラウェアの葡萄品種で造られた甘めのスパークリングワインも人気があります。

これらの島根ワインはどこでも手軽に購入できますが、もし現地に行く機会がある場合は、「島根ワイナリー」に立ち寄り、ワインテースティングをしながら、自分の好きな”島根ワイン”を購入することが一番です。このワイナリーは松江から出雲大社に向かう途中にあり、島根半島の北部にある弥山の近くにあります。広い田園地帯の中に白い壁で赤レンガの屋根があるワイナリーです。ここでは約40種類のワインが造られ、数十種類のワインテースティングをすることができます。


奥出雲の小さなワイナリー

島根県雲南市にある木次町の山々と大自然に囲まれたところに『山あいの小さなワイナリー』として知られている「奥出雲ブドウ園」所有のワイナリーがあります。この『山あいの小さなワイナリー』は、葡萄の栽培からワインの醸造や販売まで、全工程をここで行っています。ワインボトルのラベルや栓のシールは一本ずつ丁寧な手作業によって貼られ、ワインが出荷されています。

主な葡萄品種は、ヨーロッパの品種であるシャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローなどが栽培されています。島根県産のシャルドネ100%で造られた「奥出雲シャルドネ」は人気のワインです。このワイナリーのシャルドネは国産ワインのコンクールでも高く評価されています。デザートワインやスパークリングワインも造られていまが、このワイナリーには、珍しい山ぶどう系列で交配された品種「小公子」を原料として使ったワインがあります。このワインは山ぶどうの持つ独特で濃厚な深みのある赤紫色をしており、濃い山ぶどうの香りと味わいがありますが、酸味もありおしゃれな赤ワインです。

春の季節には、カベルネ・ソーヴィニヨンから造られた春限定のロゼワイン「きすきのさくら」があります。このワインは、このワイナリーがある木次町の山あいに咲き誇る桜の花の色を思わせるやさしいピンク色です。もう一つの春限定ワイン「春待ちワイン」は、ホワイト・ペガール・セイベルの葡萄品種で造られた甘口ですっきりとした味わいがある白ワインです。両方とも春のお花見料理に合うワインです。秋は葡萄の仕込みが始まりこの『山あいの小さなワイナリー』を訪れると、葡萄畑から山あいまでワインの芳醇な香りに包まれています。

神話の里の山あいで、ワインを楽しみながらのんびりとした至福の時間をすごすことも楽しいです。もしかしたら「ワイン」の神様も”何か”語りかけてくれるかもしれません。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る