知らなきゃ損!?今アツいのはロワールワイン!

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ロワールを知っていますか?

近年、フランスワインの中でも注目を浴びている地方があります。フランスといえばボルドーやブルゴーニュ、シャンパーニュと、世界のワイン愛好家が愛して止まない大銘醸地がありますが、本当のワイン好きたちはこの地域のワインに今大注目しているようです。 その場所は、ロワール地方です。古城が多く点在する風光明媚な場所ですが、とにかくワイン産地としても巨大であり、多種多様なワインが生産されています。 ワイン作りの歴史が長いながらも名産地の影に隠れ、ワイン初心者たちの世界ではまだまだ知名度が低いロワール。 ここでは、ロワールワインが何故今注目されているのか、それを紹介していきましょう。

種類が豊富で面白い!

ロワールはフランス一長いロワール川に沿った東西に長いワイン産地です。その距離は、東京都から大阪府辺りまでであり、どれだけ大きな産地かということが分かると思います。 これだけ大きな産地ですので、当然ながらさまざまな味わいのワインが造られており、コストパフォーマンスがとても良いのでワインのプロはロワールにハマってしまうのです。 また、フランスで一番、きれいなフランス語を話す地域などとも言われており、そういった品の良さも人気を裏付けてるのかもしれませんね。

有名産地

ロワールは広く、つかみ所が無いという話をワイン好きの方から聞きます。そのためか、ソムリエ教本などでは大きく4つの地域に分けてロワールが紹介されています。 まず、ペイナンテ地区。こちらは、あのミュスカデを生み出す地区として世界的にも有名です。なんと、産地までもミュスカデという名がつけられており、ここでAOCを名乗っているワインも全てミュスカデの文字が入っています。 シュールリーという独特な製法が微発泡性を生み出す、独特な白ワインが有名です。次にアンジュー&ソーニュール地区。 こちらは、ロゼダンジューというロゼワインが知られています。コートデュレイヨン、サヴにエールなどの白ワイン産地が特に知られています。

他の有名産地

次に紹介したいのが、トゥーレーヌ地区。こちらは、あのシノン城がある地区なのですが、AOCにもシノンがあります。 カベルネフランを使った赤ワインが逸品であり、冷涼な地域を活かした爽やかな白ワインも有名です。そして、最後に紹介するのがサントル・ニヴェルネ地区。 シャブリ地区に近いこの場所は、ピノノワールが育てられています。特に有名なのはプイイフュメにサンセール。 ソーヴィニョンブランの白ワインが逸品です。

まとめ

冷涼な地域だけあり、全体的には白ワインが有名です。ただし、東西1000kmの距離なため気候性も土壌も全く違います。ロワールは一度踏み込むと、なかなか出ることができない魅力を持つ地方なのです。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ