知らなきゃ恥ずかしい!?フリーラン果汁のワインって何のこと?

フリーラン果汁とは何だ!?

ワインに興味を持ち始めた方であれば、何となくフリーラン果汁という文言を聞いたことがあるでしょう。街のワインショップ、ネットのワインショップなどで『フリーラン果汁を贅沢に搾汁!』というポップやコピーが貼られ、何となくすごく美味しいワインのはずと思うことでしょう。 しかし、さらにフリーラン果汁を分けるという技法も良く使われており、これによりバランスの取れた美味しいワインが仕上がるわけです。 しかし、そもそもフリーラン果汁を知らない、さらにそれを分けるとか、何とのことか分からずにワインを楽しまれている方も多いはずです。ここでは、フリーラン果汁についてを解説しましょう。

フリーラン果汁とは?

まず、フリーラン果汁を知る必要があります。フリーラン果汁とは、ブドウを破砕した時に自然に流れ出す果汁のことを言います。 白ブドウのもつ本来の果実身を感じられる製法ですので、ある意味とても贅沢なわけです。フリーラン100%というワインがごく稀にありますが、実にフルーティーでジューシーです。

なぜフリーラン果汁を分けるのか?

フリーラン果汁はとても贅沢で美味しいわけですが、それであればなぜフリーラン果汁を分ける必要があるのでしょうか。 まず、大変な作業であることもありますが、味わいの問題です。フリーランに対し、圧搾機を使って人工的に絞った果汁のことを圧搾果汁と言います。フリーランでは当然ながら全く持って量が足りません。 さらに、優しく押しつぶされているだけですので結果的に果皮由来のポリフェノールが足りなくなってしまいます。 そのため、爽やかで軽やか、フレッシュな白ワインを醸造するためには、フリーラン果汁を分ける必要があるのです。もちろん、圧搾果汁が優れているわけではなく、白ブドウ自体のポリフェノールが少ないために大きな変化は無いとも言われているのです。

濃厚な味わいにする場合

実は、シャルドネやソーヴィニョンブランの中でも濃厚でコクが求められている白ワインに関しては、フリーラン果汁が100%で使われていることが殆どです。 フリーラン果汁のままで発酵させて売り出したり、後からプレスランをブレンドするなどが一般的になっています。つまり、先にフリーラン果汁でワインを造ってみて、それがよければ出荷するし、何かが足りなければ、プレスランの白ワインをブレンドしながらワインが造られます。

飲み分ければ分かる?

月に1度や2度、またはお店で酔っぱらっている状態でフリーラン果汁などを飲み分けても分からないかもしれません。フリーラン果汁100%、ブレンドしたもの、この二つを同時に飲んでみると違いがハッキリと分かるのではないでしょうか。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る