知っておくと便利!ワインと料理の基本の組み合わせ方!

ワイン まりあーじゅ

ワインと食事の組み合わせを楽しむ

赤ワインで有名なのはうんちゃらで、白ワインならうんちゃら…など、ワインの銘柄やドメーヌに詳しいワイン愛好家の方は少なくはありません。 ワインを愛してしまった場合、美味しくより良いワインを求めるたくなるため、一切問題は無いのですが、どうも聞かされている方からすると、こういった自慢は良い気分はしないようです。 むしろ、ワイン好きの方がワイン初心者の方に伝えるべきは「この料理にはこの赤ワイン」「この料理なら白がおすすめ!」など、ワインと料理の基本の組み合わせではないでしょうか。 そんなわけで、ここではワインと料理の組み合わせの基本を紹介します。早速、本日からでも試していただきたい組み合わせです。ぜひ、読み進めてみてください!

刺身とワイン

ワインと刺身というと、かなり難しいとされています。それは、魚に問題があるわけではなく、醤油とワインに問題があるからです。 近年、甲州ワインは和食に合うということで刺身も難なくこなしますが、価格を考えるとたまのご馳走になってしまいます。 もし、他国のカジュアルな白ワインでも、シャルドネやリースニングであれば刺身との相性のハードルもぐっと下がります。 醤油ではなく、塩気のあるカルパッチョなどに仕立ててみてはいかがでしょうか。ワインと生魚の相性の良さに舌鼓を打ちたくなるほどの、美味しさですよ。

色を合わせよう

肉には赤ワイン、魚には白ワイン。どこで擦り込まれたのかは分かりませんが、長年日本人はこの組み合わせを良しとしてワインを楽しんできました。 もちろん、間違いでは無いのですが、本場では色で合わせていると言います。例えば、肉でも塩系の焼き鳥の場合。 これは、白ワインの方がすんなりと楽しめます。逆に、タレがたっぷりとかかったレバーの焼き鳥の場合、濃厚な赤ワインが良いでしょう。魚も煮付けであれば赤ワインですし、塩焼きなら白ワインがおすすめです。食卓の料理の色を見てワインを合わせると手軽にマリアージュを成功させることができますよ。

濃い味と軽やかな味わい

ワインと料理ですが、どちらにも「濃厚」「軽やか」「さっぱり」「シャープさ」など、味わいの深さがあります。 当然、ワインと料理の相性を楽しむであれば、この味わいの違いも合わせると良いでしょう。生牡蠣ですが、できれば甲州やスイスのシャスラ種の白ワインが良いのですが、どうしても用意できなければミネラル感の強いリースニングが良いでしょう。 生ガキのフレッシュさとリースニングのフレッシュさが合います。では、濃厚な味わいで造られた牡蠣のアヒージョはどうでしょうか。やや重厚さのあるシャルドネや軽めの赤ワインが、濃厚な味わいを包みこむはずです。 このように、料理とワインの性格さえ合わせれば難しいことは何もありません。一度、食卓をワインに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る