知っていると鼻が高い!?各国のスパークリングワインの名称を知ろう!

知っていると鼻が高い!?各国のスパークリングワインの名称を知ろう!

スパークリングワインの種類とは?

ワイン好きな方でなくとも、食事の最初に飲むスパークリングワインは応えられない快感です。 フランスのシャンパーニュ地方に代表されるスパークリングワインは、国を問わず大人気であり、日本でもお祝い時には欠かすことがでないお酒です。さて、そんなスパークリングワインなのですが、酒類がさまざまあり、スパークリングワインと名乗れるものとそうで無いものがあることをご存知でしょうか。 さらに、各国のスパークリングワインはシャンパンでは無く、ちゃんとした呼び名も存在しています。 レストランなどに行くとスパークリングワインの欄に“プロセッコ”など書かれていて、良く分からないけれどきっとシャンパンみたいなものだろう…と、思った経験がある方もいるはずです。 ここでは、各国のスパークリングワインの名称及び、弱発泡性ワインなどについて紹介します。

弱発泡性ワインついて

スパークリングワインは、発泡性ワインのことです。発泡性ワインより発泡性が弱いワインに関しては、微発泡性ワインという括りとなっています。 例えば、イタリアのスプマンテやドイツのパールヴァインなどです。これらは、発泡性が弱く甘口です。ワインは苦手…という方でも、発泡×甘いということで比較的飲みやすい部類の発泡性ワインとなります。

フランスの発泡性ワインとは?

では、スパークリングワインと呼ばれるものに関して、各国の呼び名を紹介していきます。代表されるのはもちろんフランスシャンパーニュ地方のシャンパーニュ。 AOCの規定を守ったスパークリングワインが、シャンパーニュと名乗れるます。逆にいうと、シャンペンと良く日本人は呼びますが、シャンパーニュ地方で法律が守られたスパークリングワイン以外はシャンペンでは無いのです。 また、フランスにはヴァンムスーやクレマンがあります。クレマンドシャブリなど、さまざま存在しており、非常に品質が高いので注目したい発泡性ワインです。

他国のスパークリングワイン

フランス以外のスパークリングワインで最も有名なのは、イタリアのプロセッコやスペインのカヴァです。 瓶内二次発酵のシャンパーニュ方式の発泡性ワインなので、味わいも近いところがあります。 また、ドイツはゼクト、南アフリカではキャップクラシッコと呼ばれています。イタリアにはアスティスプマンテや、オルトペヴォパヴェーゼメトドラクッシコなど、さまざまなスパークリングワインがあります。 これを機会に各国のスパークリングワインを試してみるのも楽しいかもしれませんよ。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る