焼酎だけじゃない!九州地方のすばらしワイナリーたちを紹介!

九州地方のワイナリーを紹介!

九州地方のお酒というと、ぱっと思いつくのが焼酎です。日本全国で造られている本格焼酎の生産量でいえば、ほぼ寡占状態といって良いでしょう。 そんな九州地方には、優れたワイナリーがいくつかあることをご存知だったでしょうか。本物の高品質なワインを造っているワイナリーが九州にあることを知ることで、ぐっとワインの世界が広がるはずです。では、早速紹介していきましょう。

安心院葡萄酒工房

大分県安心院町という場所があるのですが、そこには非常に高品質なワインが存在しています。それが、安心院葡萄酒工房です。 なんと、いいちこを経営する三和焼酎のワイナリーで、盆地であるこの地域の特性を活かして品質の高いブドウがつくられています。 メルローやシャルドネなどの外国品種も良い状態で造られ、さらに冷蔵装置を使わない珍しい樽熟成庫をもっています。大分の地にワイン文化を根付かせるという思いのもと、今も多くの素晴らしいワインが造られているのです。

巨峰ワイン

巨峰は、日本人が大好きな高級ブドウ品種です。主に生食用で使われることが多いのですが、福岡県の久留米市では巨峰を使ったワインが造られています。 地元産の高品質な巨峰にこだわっており、和食にある自然な甘さのワインを造ることに力を傾けています。日本の法律では、ブドウ100%ではなく、ブドウを一部使ったものや、果実であればワインと名乗ることができます。 もちろん、ワインはブドウからという前提を造ることが大切ですが、それを逆手にとり、ブルーベリーやイチゴなどさまざまなワインも製造しています。ワイン自体を難しく考えず、手軽に多くの方に飲んでもらいたいという気概が感じられるワイナリーなのです。

都農ワイン

都農という町は、焼酎で有名なあの尾鈴山にあります。年間降水量は何と2600mmという多雨地域であり、基本的にはブドウ栽培、ワイン造りには向いていない土地でもあります。 しかし、キャンベルアーリーの尾鈴山ブドウを生み出したことから、第三セクターとして高品質ワイン造りがはじまったのです。さまざまな困難に立ち向かい、努力の末についに高品質なワインの製造に成功し、イギリスのワインレポート2007年版で好評価を得るまでになったのです。

熊本ワイン

熊本には、さまざまな特産品がありますが、焼酎の本坊酒造が手がけている熊本ワインが特に注目を集めています。 地産地消をモットーにした、熊本県産100%のブドウで造られた、ワインは高い評価をうけています。特に、シャルドネのワインは国際コンクールでも賞を受賞しているなど、とにかく今からが楽しみで仕方ないワイナリーとなっています。

まとめ

ワイナリーは日本中に点在するようになったのですが、九州地方のワイナリーは研究熱心ですので、これからのワインの品質もどんどん上がって行くことが期待されています。 九州地方のワインなんて…と、一蹴するのではなく、面白いと思って試してみることが、日本ワインの発展に大切なことなのではないでしょうか。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ