海外産ワインだって和食に合う!?和食に合わせたい海外産ワインとは

和食

和食に合わせたいワイン

和食に合うワインといえば、やはり日本で育てられた甲州種のぶどうから造る甲州ワイン。郷愁を誘う香りと味わいと、すっきりと洗練された飲み口は海外でも高い評価を獲得しています。 さて、そんな甲州ワインなのですが、どうしても手に入らないとか海外産ワインを飲みたいという方もいるかもしれません。 もちろん、ワインを選ぶのは飲み手ですし、絶対にコレ!という決まりはありません。しかし、和食に合うワインとはどのワインなのでしょうか。 ここでは、和食に合わせやすいとされているワインを料理と合わせてみていきましょう。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

魚の炊き込みご飯とワイン

食卓に出された瞬間、日本人であれば笑顔がこぼれる食事と言えば炊き込みご飯でしょう。 また、季節によっては秋刀魚や鯛、鯵などさまざまな魚で炊き込みご飯を楽しむことができます。そんな炊き込みご飯に合わせるなら日本酒かもしれませんが、実は案外ワインもいけます。 おすすめは、ボルドー地方にあるドメーヌ・ド・レグリースの赤ワイン。メルローを主体としており、豊潤かつ丸みのある味わいが特徴です。 やや味付けの濃厚な魚と炊き込みご飯はメルロ主体の赤ワインにぴったり。一度合わせてみれば、そのマリアージュに驚くはずです。

鍋料理とワイン

冬だけでなく、近頃では一年中楽しむようになった鍋。たっぷりと具材を入れ込むことができ、さらには素材から出た出汁汁でご飯やうどんを卵とじにするシメなど、ひとつの鍋で全てが完結します。 さて、そんな鍋料理なのですがワインと合わせるならば黒豚やキノコなどの具材の相性が良さそうです。日本のキノコの持つ旨味は繊細ですので、やはりそこに合わせていくならエレガントなワインが良いでしょう。 おすすめは、ブルゴーニュのピノノワール。香りも味わいも爽快感があり、タンニンが控えめですので鍋料理をサッパリと洗い流してくれます。 豚シャブを塩でいただくなど、ちょっぴり粋な食べ方にも合わせやすいのでおすすめです。

焼き物とワイン

日本人は刺身も好きですが、焼き物も大好きです。特にワインと相性良く食べることができるなら、貝料理かもしれません。 そして、どんな調理法でも美味しく仕上がる代表的な貝といえば、ホタテ貝。バターしょうゆ焼きなど、日本酒のツマミに最高ですが、リースニング主体の白ワインとの相性は抜群です。 動物性脂肪が強い帆立とリースニングのミネラル感が絶妙にマッチングします。香りも華やかで、バターと帆立の香りをより一層広げてくれます。ぜひ、和食には合わないと敬遠せず、海外産のワインも楽しんでみましょう。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る