注目したい黒ぶどう品種、シラーを徹底解剖!

注目品種、シラーを堪能しましょう!

今、世界中で注目されているブドウ品種というと、どんな品種が知っているでしょうか。もちろん、その各土地に合った品種がそれぞれに素晴らしいワインを造り上げてるのですが、全世界的に注目されているのが、シラーという黒ブドウ品種なのです。

オーストラリアでは、シラーズと呼ばれていますが、有名所で言えばフランス・コート・デュ・ローヌの主要品種という感じではないでしょうか。

パワフルかつスパイシーといった、情熱的な印象を与えるこのシラー。ここでは、そんな人気のシラーをここでより深く知っていって欲しいと思います。

ぜひ、参考になさってみてください。

シラーとは

シラーは、今世界中で注目される黒ブドウ品種であり、合い言葉のようにパワフル×スパイシーとその味わいが評されています。

シラー最大の特徴といえば、やはりその色。深く、カシスを絞ったかのような濃い赤色は、一目見ただけでシラーと言えてしまうかもしれません。

起源としてはさまざまな言われがあるようですが、1998年のDNA鑑定の結果、フランス南東部で栽培されるデュレーザという品種とモンドゥーズ・ブランシェが親ブドウであることが判明しています。

世界でも5本の指に入るほどの栽培面積を持っており、それだけ対応能力がある、という黒ブドウ品種といえるのかもしれません。

温暖な気候が必須条件

シラーは、ローヌ地方の特にコート・ロティという地域で長期熟成タイプの高級ワインの品種として使われています。

しかしながら、上手に成熟をしてくれないと、なかなか単調で薄っぺらいワインとなってしまうのが、難しいところだと言われています。

シラーは、どうも温暖な気候だと上手に成熟ができる品種であり、そのためにオーストラリアやバロッサ・ヴァレー、カリフォルニアのパソ・ロブレスが、栽培地としては、とても適しているのです。

二面性に酔う

シラーは、非常にパワーのある、スパイシーなワインを造るという印象が強くなったと思います。しかし、本当はシラーには二面性があり、そこが面白いところであると言われています。

まず、強靭なタンニンを持つパワーとスパイシーさの一面。そして、華やかで繊細な酸味を持つといった、ピノノワールのような一面も持っているのです。

実は、今注目されているのが南オーストラリアであり、100年を越す古樹がぶどうに適した土壌で残っているために、アルコール度数15度を超えてくる、強い個性を持つシラーの個性に受け止められるのです。

どちらかというと、前者のパワフルよりの個性を楽しみたい、という方は南オーストラリアのシラーズを飲んで見ると個性がより、くっきりと分かるかもしれません。

ローヌ地方はエレガント

ローヌ地方の主要ブドウ品種としてシラーが有名、と前述しましたが、特に注目されるのは北ローヌのシラーです。

実は、コルナスという場所以外では、シラーは100%で造られる必要がありません。そのため、何かしら白ブドウと共にアサンブラージュされているのです。

コートロティは、北ローヌ一の銘醸ワインを生む産地ですが、シラーは80%でヴィオニエという白ブドウが20%まで、アサンブラージュが認められています。

そのため、シラーのパワフルな強さも残しながら、ヴィオニエの丸みと気品のあるふくよかな味わいの双方を楽しむことができるのです。

熟成されたシラーを楽しみたい

もちろん、若いシラーもシャープで荒々しい味わいが魅力ですが、熟成された10年以上のシラーはより個性が発揮されています。

荒々しさが丸みを帯び、やや滑らかでエレガントな味わいになります。その最高のバランスの時にぜひとも、シラーを味わってみてはいかがでしょうか。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る