楽しむためのワインの温度ってどのくらいなの

ワインを楽しめる温度

日本でも浸透しているアルコールのひとつでありおしゃれな印象のワイン、

その嗜み方は様々ありますよね!!

目で見て色を嗜むのはもちろん、香りや味わいも!

そんな中で今回は「味わい」に関係する「温度」に注目です。

ワインは非常に繊細な飲み物で、熟成期間・熟成温度・熟成樽などの違いによって

それが少しでも違うと大きな違いが生まれます。

そのため飲む際の温度などでもおいしさが変わっていきます。

<ワインを飲む際の温度>

まず基本的に言われるのは「白は冷やして、赤は常温」ということ。

白ワイン・ロゼは比較的さっぱりしていてフルーティーな香り、ほのかな酸味を引き立てるために

基本は冷やすのが一般的です。温度で言うと10℃前後がベストです。

ワインクーラー等で冷やす際は急激に冷やすよりも時間をかけて冷やす方が味を壊すことがないので

1時間前~30分前に冷やしておくとよいと考えられます。

冷蔵庫なら飲む3時間前ぐらいからは冷やしておきましょう。

具体例で言えばさっぱりさが強いものは8℃ぐらい、少しコクの強いものは10℃ぐらい、といったところでしょうか。

スパークリングワインはさらに冷やして5℃ぐらいにするのがちょうどよい温度と考えられます。

一方赤ワインは常温でということですがここで言う常温というのは基本的にヨーロッパの気候で

考えられるヨーロッパの常温、詳しくは15℃~18℃ぐらいがよいとされます。

これは赤ワインの深いコクや渋みを出すことにつながります。

しかし味に独特なクセがありますので少し苦手だなという方は少し冷やして白ワインと同じ

10℃ほどにするとよいかもしれません。

また熟成期間のないボジョレヌーボのような種類は基本的に10℃ほどで飲むのがよいと思われます。

冷やしすぎは香りが失われたりワイン独特の渋みやまろやかさが失われる原因になり、

温度を高くしすぎれば味のしまりがなくなりますので気をつけましょう。

<ワインを保存する際の温度>

ワインは常温での保存をして、飲む何時間前かに冷やすのが一般的です。

しかし常温というのは先ほども言いましたがヨーロッパの温度であり、

国内の夏場の常温は25℃~30℃となりますので常温での保存とは言えず、 逆に冬場では5℃~10℃ほどと、また適温とはいえません。

また、日光はワインを変質させたり湿度が比較的高めのところのほうが保存に適している、

さらに冷蔵庫を保存場所にするとコルク栓の乾燥から少しの隙間から空気が入る恐れがあり

酸化の原因となります。

最も良いとされるのは床下収納や倉庫下などがよいですが、夏場や冬場は買ってから

早く飲むことをおすすめせざるを得ません。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る